pianoの時間

pianoの時間

ピアノのレッスンの事、、日々の音楽に纏わることをこのブログで綴っていきたいと思います



現在の空き時間


火曜 17:40~
水曜 15:10~

    15:50~

    16:30~

土曜 10:20~
















9月始めに教室の発表会を終えました。
夏休み明けてすぐにするのは
初めてだったので不安もありましたが、
普段練習時間を確保できない生徒が
夏休みに沢山練習出来た、
というパターンの方が多く
レッスンも、
余裕を持ちながら出来た気がしました。
ただ、
本番、生徒との連弾で私が途中で
楽譜を見失う、
という失態を犯してしまい、、、
申し訳ない事をしてしまったショックで
暫く立ち直れませんでした。。

生徒たちは皆頑張って立派でした。


そして、発表会後は
やる気がどんどん出てる子が多く、
張り切ってレッスンにやってきます。
また、
秋の音楽会の伴奏に
夏休み中に選ばれた子も何人かいて、
すぐに切り替えて練習に励んでいます。

今日のレッスンでは、四年生の子が
いつの間にか
オクターヴが届くようになっていたのがわかり、
成長したなぁとしみじみ感じました。

ここ数年、毎日があっという間で、
幼稚園の頃から通い出していた子が
ふと気づくともう小学生高学年になっていて、
もっとじっくり成長を味合わないと!と、
自分にもゆとりを持ちたいと思いました。

毎回思うけど、
このブログを週に3回は更新する事を
まずは目標に。

慌ただしく1日を終えてしまうのではなく
きちんと振り返って、終えたいです。








6月16日に無事に今年のコンサートが終わりました。

今回弾いたのは

ドヴュッシーの「ピアノのために」から

サラバンドとトッカータ。

それと

30回記念という事で、

なにか30にちなんだ曲を入れるという企画で

シューベルト30歳の時に作曲された即興曲D935-3を。

 

ドビュッシーのトッカータは

娘を生むまでレッスンを続けていた

大学時代の先生に

「あなたに向いているんじゃない?」と言われて

とりかかったものの、

譜読みでくじけそうになったところに

娘ができたことで、

それっきりになっていた曲です。

25年ぶりくらいに見た楽譜は

やっぱり根気のいる楽譜でしたし

今となってはとても弾けそうにないと

またもやくじけそうになりましたが

練習しているうちに

だんだん楽しくなってきて

最後には、これをコンサートで弾くのが

楽しみになりました。

 

少し、レッスンにゆとり時間が出来た分

合間に練習する時間が結構あったので

サラバンドも即興曲も

全て、大好きな曲へと変わっていきました。

(もともと好きで選んだ曲ではありましたが、ますます)

 

とはいえ、

やはり本番ではそんなにうまくはいきません。

一番力を入れていたトッカータの、

一番聴かせたいと思う箇所で

ミス、ミス、、、、。

 

それでも

何十年ぶりかに会う友人たちが沢山聴きに来てくれたり、

今回私の演奏が一番最初だったので、

弾いた後はゆっくり客席でメンバーの演奏を聴けたり、

また、それに刺激をもらったり、

 

良いことだらけの一日でした。

 

帰ってきてからは

写真を整理してメンバーに送ったり、

次の大きなイベント、発表会の残りの曲決めをしたり、

あっという間に10日が過ぎていってしまいました。

 

連弾の楽譜は、じっくり探したら

楽しいものが沢山出てきました。

 

7月はコンクールに、

友人の教室の発表会のお手伝い、

コーラス訪問が3回、などなど、

発表会以外の事もいろいろありますが、

一つ一つ丁寧に取り組めそうです。

 

 

 

 

今年も大学時代の友人たちとの
コンサートがこの週末に東京であります。
ここ数年は小さなサロンで行なっていましたが、
今年は30回記念ということで、
小ホールではありますが、
立川のホールでの開催です。
下の子が大学生になってからは、
子どもの行事もなくなったので、
毎年出演する事に決めて出ていたのですが、
ここ数年は練習時間の確保も難しく、
変な慣れもあり、
毎回コンサート後には後悔ばかり。
コンサートって名前がついているのに、
自分の中では勉強会、ピアノの会、なんて
勝手に変えてとらえていたり、、、。


去年のコンサートの帰りは、
次こそちゃんと練習して
自分の満足のいく演奏をしたいと思い、
弾く曲も一年前には決めてちょっとずつ
練習してきました。
そして、
こんなに間際ですが、
レッスンというか、知人にみてもらって、
アドバイスというか指導も受けました。

まだまだ
納得のいく演奏には長い道のり、
というか、
もう一度一から勉強し直したいところもあるし、この音で弾くためにはこんな腕の使い方で、
、、なんて考えて、弾いて、の繰り返しです。
でも、
練習するポイントが明確になるから、
指導していただいたおかげで弾く事がさらに
楽しくなりました。
年齢的に色々(例えば暗譜など)若い時の
ようには出来なくなったと感じて諦めたりもしていましたが、
まだまだ頑張れば出来るのかも、なんていう気持ちにもなります。
やっぱりピアノを弾くって本当に楽しい。

そして、
教室の発表会は今回は9月で、
みんな発表会で弾く曲は最優先で練習してきます。他の教本も手を抜いて欲しくないのですが
しょうがないですね、、

発表会の方も、
生徒みんなそれぞれが
自分に自信を持って演奏出来て、
やっぱりピアノを弾くのは楽しい、って
思えるように、
完成度の高いものを作れるよう、
気持ちをひきしめています。

こんなに良いお天気が
さらに気分を高めてくれます




四月1週目が終わりました。
この四月1週目は帰省や旅行が結構多く、
先週のうちに振替レッスンをした子もいたり、
熱でお休みも何人かいたり、
お休みの子が多く、
思いのほかゆとりがたっぷりあった
1週間でした。
来週は学校も始まり
又普通の日常が始まると思います。

楽しみなのは、
来週、
受験を終えて、
又レッスンを再開する生徒が
来ることと、
数年前に一旦やめた子が
またこの教室で習いたいと、
久しぶりに又その子が来ることです。

子どもは、
数ヶ月会わなくても結構成長するので
再会するのがとても楽しみです。


なかなか開かなかった桜が
ここ数日で一気に咲いて
今日は夙川公園は物凄い人、人、
だったようです。

私は明日やっと
ゆっくり見に行けるので
それも楽しみ。



今年度のレッスンは、昨日の振替レッスンで終わり、

明日からまた新しい一年です。

今日は明日からの出席カードなどを用意していました。

 

1月から3月まで,新しい生徒さんが続けて入会されました。

その一方で、進学、受験準備などでやめていく生徒が

今年は多くいて、

想像したより早く辞めていく子が

どれくらいピアノを自分で楽しめるくらいに育ったかな、

と考えていたら、

あらためて、どういうピアノレッスンをするのが

良いのかを考えていました。

基礎はしっかりと身につけてほしいけど

ゆっくり過ぎるペースの子もいたり、

練習することの必要性をもっともっと

伝えていかなければと改めて思いました。

 

25日は息子の大学の卒業式で、

大阪城ホールへ行ってきました。

 

そのまま大学院へ行くので2日にまた入学式です。

まだあと2年間学生ですが、

もうあと2年で、いよいよ子ども二人とも社会人。

(無事に就活が終われば)

子育てももうほとんど手がかかりませんが

本当にゴール間近です。

春はいろいろ感慨深いです。