as it is

as it is

徒然なること、踊ること

踊る
    泣く
 踊る    笑う
      踊る    ・・・寝る 

テーマ:
同じものを数回踊ることは
(ましてやソロで)まずないのだけれど

一回、一回、どんななのだろう

先週、2日間3公演、
スタジオの公演があって

初日観にいって

それはもう、、、様々なことを経て
自分がもうなにものかもわからなくなる様な
狂気、、、というか
想いの重さと倫理観にはさまれているような

静寂な空間であればあるほど
観ている側にストレートになげかけてくる
そんな踊りで

これを3回踊ったら倒れるわ

と、圧倒され
強力な栄養ドリンクを
さしいれなければと
ふらふらとドラッグストアに
買いにいった

我にかえり、、、

翌日、再度観にいった

とった席の違いもあるのだろうけれど

舞台上には、様々なことを経て、
全てを受け入れまっすぐに見据える
女性がいた

せつなくて

せつなくて

せつなくて

同じ作品、同じ振りが、
こんなに違ううけとりかたになるなんて

ことばのない表現
踊るということは
なんてすばらしいのでしょう

踊る側も変わっていくのだろうか
何を考え、何を感じ、踊るのだろう



テーマ:
父がポワントのソールを
やわらかくしてくれた

びっくりしたけど
明日のレッスンにはけるわ

ありがとう

と、思ったら
リボンついてなかったわ、、、

という夢をみた



今日は先生のお誕生日

バレエに出会えて、先生に出会えて、
そしてバレエを続けていることに
私に「おめでとう」です

テーマ:
ホワイトデーで、仕事を定時できりあげても
さすがにイヤな顔されることもなく

2週続けて代行王子さまクラスにでました
前回の注意点にプラスして
何時もどちらかの胸の上に顔があること

グランワルツの注意点で
大きく移動するために
後の足を大きくふみこむこと
ポールドブラをきちんとすること
そして
アームスを捨てないことを
挙げられました

王子さまはこうやって王子さまに
なったのだなーと思いました

いつも
お姫さまにレッスン受けている(はずだ)けど
お姫さまはこうやってお姫さまに
なったのだなーと思っていたけど
お姫さまレッスンと王子さまレッスンは
違うものですね   笑


春爛漫

テーマ:


遠回りに見える道程が
結果への最短距離だ

一緒に稽古している他のジャンルの
プロの方のインスタにあった言葉

となりでそんな想いを抱いていたのか、、、

今週は「集中力が足りない」と
3回注意受けた

出来ないのはしかたないけど
集中力というのはまずいわ

2回はポワントだったから
それどころじゃないんだけどね

今日はポワントのフォンデュだった
上がれないし
降りれない
ひきあげが足りないし
筋力が足りない
そしてプリエができてない
出来るワケないんだけど
だから、なんとかしようと探る

集中力、、、
指摘されて気付いたのだけど
確かに集中力というか
あきらめが最近すごくはやい

1月の勉強会
「頑張ったけど出来なかった」が
尾をひいている
「やっぱり私はだめなんだ」に
拍車がかかる

それでもしがみついているから
多分ごまかして稽古している

そんな状態でもみていただけるうちに
なんとかしないと

いや、、、やりすごして
切り替わるのを待つほうがいいのか

テーマ:
代行で王子さまが教えにくるというので
仕事もきりあげられたので受けてみた

とってもいいレッスンだった
クラスを盛り上げて盛り上げて
お帰りになるときの王子さまは
へろへろだったけど

ご自身のスタジオでこどもを教えているから
「音に合わせるということ」とは
どこにポイントを持っていくか
「3拍子」の動かしかた
ボディを保つ(崩れないように意識する)ため
バーを持つ手の位置は
なぜこれまで気付かなかったのだろうと
思うくらいあたりまえだけど意識なかった
センターでは、「からだの方向」とは
右手、左手、顔、動脚の方向も明確に
8つの方向を指すこと

きっちりかっちりやりながらも
動かすところは動いていたようで
普段とは違う箇所に「つかいました!」感

王子さまはこうやって稽古して
王子さまになったのねーという
レッスンでした



テーマ:


何年経っても気付きがあると
おともだちと話したのは
数日前、、、
それも、正解がみつかるのではなく
あれ?もしかして違うの?と気付く

(多くは)入門クラスで、
最初に、足の指をあげて、
それを床にしっかりとつけてから
プリエに入ることがある
足全体でしっかりと床を押すため
あるいは、足指をあげることで
両脚の内側に集めるためかと思うけど

足指をあげながらふと気付く
小指の付け根が浮いているけれど
これは「もしかして」ダメなのでは?

親指の付け根と脚の付け根が
繋がる細い感覚はあるし
小指側も床につけると
脚の付け根の感覚が広がる

レッスン後に先生にきいてみる

指をあげても、小指側もつけることで
(足裏の縦横のアーチの3点か?)
指をおろしたときにつちふまずがあがり
足首がゆるみプリエができる仕組みだそうだ

ちいさな違いだが、大きな違いに
なるものだ

春、新しい季節、
プリエからはじめよう

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス