・・・ petit happy days ・・・

・・・ petit happy days ・・・

ハンドメイドバッグ作家のemikoの日常と「peana.」の新作のお知らせなど。
レトロ&ガ―リーながまぐちバッグやポーチを作っています。
フランスとカフェとおいしいパンが好き。



handmade bag peana.のオンラインショップはこちら↑


リバティのジョセフィンズガーデン。

大きいサイズの印鑑ケースをオーダーしていただきました。

 

 

オーダーありがとうございました。

 

 

 

・・ handmade bag peana. ・・  
http://peana-shop.com/
 

 

 

公式LINEアカウント始めました。

友だち登録で1,000円割引クーポンをプレゼント!

友だち追加

 

 

BASEで購入↓

 

 

がま口シガレットケース。

リバティのエミリーでオーダーしていただきました。

 

 

オーダーありがとうございました。

 


 

・・ handmade bag peana. ・・  
http://peana-shop.com/
 

 

 

公式LINEアカウント始めました。

友だち登録で1,000円割引クーポンをプレゼント!

友だち追加

 

 

BASEで購入↓

 

 

 

今日は暑かったですねぇ。

来週はもっと暑くなるみたいで考えたくないです・・・。

毎日かき氷作って食べちゃいます。

娘たちが面白がっていろいろなものトッピングしてみたりしてますが

駄菓子屋で売ってるフルーツのグミみたいなやつ

あれは危険です!

冷えてカチカチになって歯が折れるかと思いました。

 

 

↓これこれ!

 

 

 

 
 
 
 
 
 

 

きょろちゃんに憧れました。うちのはシンプルなやつです。

 

昨日のブログで紹介したお財布にも使用している手紡ぎ手織りの布は

インドの工房で作られているもので

わたしの地元あきる野にある真木テキスタイルスタジオさんで販売されています。

 

昨年のイベント時に伺った時には運よく「ずり出し」を体験させてもらえました。

まだブログにその写真を載せていなかったのでここでちょっと思い出しながら・・・

もう1年も前のこと。

今年はいろいろあって、家にこもってる期間が長いのに時間が経つのが早く感じます。

 

 

さて、「ずり出し」とは

 

蚕から糸を手で挽きだしていく技法です。

お鍋の中には繭がいっぱい。

この状態はころころしていて可愛いです。

 

 

左手ですーっと糸を引き出して右手で軽く撚ります。

機械や道具を使わないので紡いだ糸は空気を含んでふんわりとしています。

 

 

 

娘も体験させてもらえました。

糸をどんどん引いていくと繭が薄くなってきて

中からお蚕さんが・・・そうなるとちょっと逃げ腰に。

 

わたしも体験させてもらいましたが

すーっと糸を引き出す感覚がなんとも気持ちよくて癒し効果があるのです。

これ、一日中やってられる。ずーっとやってたいって思いました。

絹のたんぱく質の効果で手もすべすべになるそうですよ。

 

 

 

わたしが生まれた日野やお隣の八王子は織物業が盛んで

養蚕農家も多かったので家の周りにも桑畑がたくさんありました。

小学校では授業で蚕を育てるのもやりました。

あれ、繭どうしたんだっけなぁ。糸をとった記憶はないな。

 

娘の学校でも毎年、5年生が蚕を育ててたのだけど

娘の学年からなくなってしまったようで楽しみにしてたのにがっかりしてました。

 

 

こんな風に布が作られる工程を知れたり体験できると楽しいです。

布の魅力ももっと深く感じられますしね。

丁寧に作られている布ですからわたしも大切に形にしたいなと思います。

 

 

 

BASEで購入↓

 

 

・・ handmade bag peana. ・・  
http://peana-shop.com/
 

 

 

公式LINEアカウント始めました。

友だち登録で1,000円割引クーポンをプレゼント!

友だち追加