• 28 Jun
    • 第32回マンドリンフェア

      さっそく帰ってきましてアップしていますよ。(今日は打ち上げもあり、帰宅したのは21時過ぎです。そのままTVを観ておりまして、こんな時間になってしまいました)今日は会社のマンドリン部での演奏です。久しぶりに舞台でちゃんとしたお客さんの前での演奏です。でも、この練習に参加したのも4回のみ・・・自分でも舐めてるなぁと思いつつも、それが今の私の精一杯な状況でもありまして・・・肝心要のコントラバスがこんな状況なんで不安でしょうね・・・まぁ曲も短いし、そんなに揺れないし、指揮の方は長年一緒にやってるので、視界の端っこででも打点わかるので、ある程度何とかなるでしょう・・・と思いましたが。今日は集合は2時半・・・なのになぜそんな早くから会場入りしていたかというと、駐車場に車を駐車できるかわからなかったからです。それのせいで最後の練習を遅刻したくなかったので、早めに会場入りして、お昼ご飯をゆっくりたべようと・・・で、12時過ぎに会場入りして、近くのモスバーガーまで行き、食料を調達して車でお食事&メイクタイムです。普段は薄化粧ですが、舞台ではそれだとライトで飛んでしまいますんで、ちょっとはっきり目にしています。で、皆三々五々集まりだして、1時間ほどさらっと練習しました。まぁ当日じたばたしても仕方がないので、押さえるべきところの復習程度でしょうかね。で、ホールの楽屋へ移動してみると物凄く進行が巻いている事が判明(その時点で10分程度前倒しでの進行)急いでチューニングをしたり、着替えをしたり・・・そのばたばたのまま、楽器を抱えて舞台袖へ移動です。すみません。。。近い映像のははっきり顔がわかるため、処理させてもらっています。(あまりに蒸し暑くて腕まくりで演奏です)これが舞台全景今回は指揮を入れて17名の演奏です。実際に全員で練習できたのはたった数回なんですがね・・・なぜ、私が舞台上にいるのに写真があるか?ですって?これはたまたま自分たちの出番前に会社の方を見つけたのでデジカメを託して撮ってもらったんです。演奏のほうは・・・まぁまぁこんなもんでしょう。(;´▽`A``もっと真剣に基礎練からやって、ちゃんとした音を出せないと人様の前に立てるレベルじゃないなぁとも思うんですけどね。でも、今回も仲間に助けられた感じですね。次は10月に会社のパーティーでのお座敷演奏があるそうで、それに向けて頑張ります!

      2
      テーマ:
  • 01 Jul
    • 復調!&この週末の出来事

      すみません。昨日の記事でご心配をおかけしました。私にしても身に覚えの無い激しい頭痛と吐き気、そしてめまいに激しい動悸・・・何が起こったのだ!って感じでした。たまに車の運転に集中しすぎると疲れちゃって、家に着いた途端にダウンして1時間くらい仮眠をとることがあるんですが、いつもはそれで治ってたんですよね。ところが夕べはどんどんひどくなっていくし、でもご飯の準備はしなくちゃいけないし、母の寝る準備とか洗濯とか・・・ソレより何より明日の本番の準備をしなくちゃいけない!気持ちばかりが焦るけど、まずは明日何としても運転して会場入りするために今晩はとりあえず寝るべし!とあの時間の記事を最後に素直にベッドに入ったわけです・・・でも眠れません、身体をどっちむきにしても気持ち悪いし頭も痛い。涼しくしてもしなくてもしんどいし・・・どうなってるんだ自分・・・どんどん動悸も激しくなってきて、怖くなってきました。どのタイミングなら自分で救急車呼べるやろ・・・ってか、明日の朝起きてこなかったら母が異変に気付いてくれるかなぁ・・・なんてどんどん怖い想像をし始めました。結局、3時間くらいベッドでのたうちまわってるうちに眠ったようで明け方びっしょりのパジャマの気持ち悪さで目が覚めました。それからは頭痛も起きません。今朝、会場でオケの人に夕べの話をしたら、その人もまったく同じ症状で苦しんでたそうです。で、「熱中症」だという風に言われました。そんなに真夏日でもなかったと思うんだけど・・・でも怖いですね。ガンガンの冷房の効いた部屋とあっつい車の中で完全に自律神経がやられてたんですね。しかも緊張にストレス・・・今後気をつけます。*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆で、ここからが本題(前振り長いねん!)昨日・今日はここへ行ってきました福祉の管弦楽団 まごころ 創立15周年記念演奏会at:都島区民センターホール私は「まごころ」さんにも一時期在籍していたんですよ。(ほぼ幽霊で終わりましたが)最初に私のコントラバスの知り合い(というにもおこがましい存在のお方)からの直メールでの指示で、このオケを主宰していらっしゃる方にコンタクトをとって、とりあえず何かを始めてみようとまずは「まごころ」さんに入団したんです。でも、この主宰の方はいろんなアプローチで音楽をしようという情熱をお持ちの方で、ここ以外にもいくつかのオケを立ち上げられました。そしてそのうちの一つである「オーケストラ響(ゆら)」の方に正式参加することになったんです。で、そんなこんなの兄弟楽団なので、メンバーが一部かぶっているのです。なので賛助出演のようで完全な雇われっていう感じよりも「友情出演」って感じでしょうかね。ここの主宰の仲川さんのすごいところは色んな楽器や人とのコラボを実現しちゃうところですね。今回も2つの楽器とのコラボが実現しました。(一つは去年の「そうるオケ」でもお会いしたんですが、写真を撮れなかったので、今回は撮らせてもらいました)↓これ・・・何だと思います?楽器なんですよ。「弦楽器」です。「ヘルマンハープ」といいます。ドイツのヘルマン・フェーさんという方が20年前にご自分の息子さんのために考案した楽器なんだそうです。息子さんはダウン症で五線譜が読めないのですが、↓のように譜面をセットすることでこの○を上から下にたどっていくことで曲が弾けるわけです。(画期的だ)見づらいですけど、この下の部分に音階が書いてあって、譜面の紙を左右にずらすことによって「移調」できるんですねぇ・・・すごい!音色もハープですよ・・・きれいです。そして、これなら楽器が苦手って人でもチャレンジできそうですよね。楽器のバリアフリーっていうか、今はやりの「ユニバーサルデザイン」ってやつでしょうかね・・・でも、ユーロ高になってきたので楽器が今値上がりしているそうなんです。30万くらいっておっしゃってたかな・・・油絵などを描く「イーゼル」のような台に乗せて弾くんですけど、なんかいいですよね。ちょっと取材がてら弾かせてもらいましたよ。(^^)vんで、もうひとつ「よし笛」さん水辺の葦から作られた縦笛なんですけど、いい音なんですよね。メンバーさんは彦根からいこしになったそうで、以前にもまごころさんとはジョイントをなさってるそうです。こっちは写真をお願いするタイミングがなく残念でした。でも、なかなか普通では経験できないいい音楽を聞くことができましたね・・・で・・・ここでありえねー話ですけど・・・夕べは何せ何もせずに寝たもので、今朝いろいろと準備をしていました。最悪は楽器と衣装(車なので着たまま行く)と楽譜さえあればなんとかなるわと思っていましたが・・・車の運転はヒールではできないので、足はサンダルで、靴を準備してすっかり車に積んだつもりでいました。(今朝、靴を触ってたので)そしたら・・・会場入りしたら靴が無い!結構客席はフラットだし、見えないだろうと思ったけど正直に団員さんに申し出て謝りました・・・そしたら指揮者の先生(プロの音楽家の方です)が、「僕の靴でよかったら貸してあげるよ」とおっしゃってくださいました。26cmの男性用の靴です。しかもプロの先生の・・・でも、買いに行く時間も店も近くに無さそうなので、お借りすることに・・・いままで20年近く演奏していますが、いまだかつて無いミスですね・・・ほんっとにすみませんm(_ _ )mこの場を借りて謝罪いたします・・・(ついでにフィガロがメタメタだったのもお許しください・・・本人的にはうまくごまかしましたが)こんなのでよければまた呼んでやってくださいませ。

      8
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 演奏会参加してきました

      出演してきました。最近はこっち方面に関する興味がほぼなくなってきてるため、合同ステージにも参加せず、自分の会社の持分のみをしっかり演奏してきました。まぁステージ自体、反響版もなく非常にやりづらい箱なんですが、まぁまぁ自分なりに頑張れたかなって思います。録音は怖くて聴けませんが・・・今朝はいつもの出勤と同じ時間に起き、母のお昼ご飯などを普通に準備して、自分の楽器と衣装などを車に積み込みシャワーを浴びて8時に出発です。で、朝一番に行きつけのセルフのガソリンスタンドで満タンにしたあと一路地道を使って大阪市内へ(ETCの調子がよくなかったので)結構1時間くらいかけるドライブ(しかも地元以外で)が久しぶりだったんで、日曜の朝の空いている時間帯の地道をドライブっていうのもいいリハビリになりました。さ来週はイヤでもまた市内まで練習に行かないといけませんですしねぇ・・・(響オケはその日が父親の祥月命日にあたるのでお休みなんです)そして余裕な時間帯に会社に着き、一人で会社で積み込む荷物をピックアップしてみんなの到着を待つことに。で、皆が三々五々来たんで一応荷物確認をして一人だけメンバーを助手席に乗せて出発。朝は結構天気もよくって涼しかったので、車内もどんどん気温上昇・・・もう少し暑くなったらエアコンかなってとこでホールへ到着。ホール前で待っててくれた会社の人たちに荷物を託し、車を裏の駐車場に停めに行く。そっからホールのスタジオでチューニングを開始、すぐにリハ・・・Oh!昨日やったこと4割くらいきれいに抜けてる・・・これでいい感じに緊張感も高まってきましたね。で、リハも終わり、昼食を食べて1時間ほど最終チェック。で、バタバタと最終チューニングをして舞台袖に移動。何人か他の団体の知ってる方ともすれ違いましたが・・・今日は自分の会社でこの1曲だけに気合を入れていこうと思ってたので挨拶も上の空・・・袖で多団体の演奏を聴いてるといろいろと趣向をこらして楽しそう。そしてバタバタのうちにうちの順番。でも、まったく緊張もせずに気持ちよく演奏できました。今回はまったく客席も目に入らず、自分の弾いてるフレーズを周囲の音だけに集中して楽しめたっていう珍しい感覚でしたね。もう1X年間一緒にやってきてる人たちなんで、良いも悪いも安心しきったメンバーなんです。間違っても一蓮托生的なあきらめもあります。だって、年齢から言うとうちの父親世代の人から新入社員までいるわけで・・・でもこの本番に向けた練習のおかげで「火事場の馬鹿力」的な集中力はまだ残ってることに気付きました。どうしてもリハまでリズムが理解しきれずにはまりきれなかった箇所が本番直前の練習でふとはまるようになったんですよ。自分ではまってしまえば後はどんだけテンポを崩されても自由自在に入れるようになるし・・・こんだけ練習不足のなか、その力が残ってたことに驚きと喜びでした。でもまぁ頑張んないとね。まぁ今晩ゆっくり寝て、明日からは頭をリセットして7月1日に受けた演奏会の依頼を頑張って乗り切ろうと思います。その後はしばらく何にも無いぞ!また日帰り散策をしにいこう!!

      6
      テーマ:
  • 07 Jun
    • たまにはクラシックを

      この週末はマンドリンの方の本番があります。(会社のサークルです)ま、それは土曜にも練習があるので、そっちで書くとして・・・実は来月早々にもう1つ本番があります。某オケ(今やってるところと兄弟楽団のようなところ)のトラとしてそこの15周年演奏会にお邪魔することになりました。主宰者が同じなんで、ほぼやってる曲もかぶってるので、そんなに大変ではないかと気安くOKしたんですが、譜面が届いてさぁ大変!Die Hochzeit des Figaro. Ouverture(モーツァルトの「フィガロの結婚」序曲)あぁ・・・なんてこったい!この曲は私が一回でいいので弾いてみたかった曲ベスト3に入っているのです。こんなに安易に実現してしまうのか・・・きっとね、地元の交響楽団や管弦楽団(アマチュアの)の門を叩けば数年に一度のサイクルでやる曲だとは思うんですよ。そして、そういうとこで腕を磨いておけば、知り合いのツテであちこちでトラやることもできるわけだし・・・でも、もう無理だね。学生上がり(現役に近いほうが練習量の貯金額が大きいので)すぐの方がトラとしては呼びやすいしね。そうそう、そもそも何でフィガロなのか・・・日本人は「オペラ」好きですよね。歌舞伎とかの文化があるからかなぁ・・・でも実際に金を払って劇場でオペラを鑑賞するまでの人はなかなか居ない。なので大半の人は「序曲」を聴いてオペラが好きになったような感じになってるんですよね。あらすじを知ってる人いますか?日本で全幕TV放送なんてなかなかないですもんね。(私も調べたけど、観たいなあとは正直思えないお話でして・・・)椿姫しかり、セビリアの理髪師しかり、アルジェリアのイタリア女しかり、カバレリア・ルスティカーナ(しかも間奏曲)しかり・・・この辺は筋っよりも序曲が一つの作品として有名になってひとり歩きしてるパターンだと思います。そして時間が結構上手くはまるのでオーケストラのプログラムに良く組み込まれます。たまに客受けを狙ってか「序曲ばっかりコンサート」なんて構成もあったりしますよね。そうそう、で、フィガロの結婚序曲は意外と難しいのです。特に最近リハビリ状態の私には左手が付いていかない・・・やばいなぁもっと基礎練しなきゃ・・・で、私が1回でいいから弾いてみたい(オケに混じって)の残り2曲はこちらです。MAHLER symphony No.1 in D major (マーラー 交響曲第1番「巨人」)DVORAK symphony No.9 in E minor(ドボルザーク 交響曲第9番「新世界」)もちろん全部です。(1楽章とか4楽章だけとかではなく)以外とベタ過ぎてやんないんですよね・・・ちなみに巨人は大好き(球団の巨人は好きじゃありまへんけど)なので、どこのアマオケでもやるって言ったら聴きに行きたいです。一番初めて生で聴いたのが大フィルの定期だったんですけどね。たぶん、初めてお師匠様の演奏を聴きに行ったときだったかと・・・もう鳥肌でした。その後何度も足を運びましたね。最近はフェスティバルホールじゃなくシンフォニーホールになって仕事帰りに行きにくくなってしまい足が遠のいているのですが・・・

      8
      テーマ:
  • 21 Apr
    • 練習でした

      今度6月にある本番のための練習でした。私のように会社には居るくせに、終業後なかなか残って練習できないヤツやOB・OGの方のために、わざわざ貴重なお休みの土曜日に時間を作っていただきました。(まぁ無理無理すれば平日の晩も行けないことはないんだけど、やっぱ回数が増えるとそれだけ母の不安定さが増す気がするんで、できるだけ生活のパターンを変えたくないってのが正直なとこ)今回はレスピーギの「リュートのための古風な舞曲とアリア第3組曲」ってやつの2楽章抜きっていうことらしいです。一応、本日「初見」(譜面を初めて見る)っていう人もいたので今回は一通りさらっと通して、すこしずつ区切って合わせていくことに・・・(まだまだ表情とか言ってる場合でない!)まずは曲の構造を理解しないと、この部分はどのパートが出てこないといけないのかなど、相手の音を聴ける状況になんないんですね。まずは自分が譜面にかじりついててはいけないのです。とはいえ、私もほぼ初見のようなもん。しかも、私はメロディーではないので、基本的に自分だけで弾いてても「何やってるかちんぷんかんぷん」なんですわ。なので、あまり練習回数参加できそうにないようなパターンのときは先入観を持たないためにあえて初見に近い状態でまずは全体を聴きつつ合奏に参加してみる→自分の美味しい部分をチェックする→そこを重点的に音作りしていく→2回目以降の練習ではしっかり土台を支える部分を少し強調気味に弾き、縦の線を意識した上で自分に美味しい部分を入れていく→最終的に表情面などのチェックをする。こんな感じでやってます。もちろん指揮者がいる場合は指揮者と相談しもってする作業も多いし、コンマスなどにも確認しながら全体とのバランスや上に乗っかるメロディーの人たちが弾きやすいようなリズム演奏を心がけています。もちろんユニゾンとかもあるんで、そういう美味しい部分は張り切りすぎて叱られますが・・・(^^;)そして・・・マンドリンアンサンブル(オケほども人数がいない)の場合だと、こっちがトランス状態で酔って弾いちゃうと大概でかすぎてせっかくの旋律をかき消しかねないのです(汗)吹奏楽のころはいくら頑張っても聴こえないというジレンマをかかえていましたが・・・まぁ吹奏楽の中でも役目はあったと思うんですけどね・・・ま、どっちも経験したのである程度どういう編成ではどの程度の音量や入るタイミングを求められるかってのはわかるようにはなってきたと思うんですが(「わかる」と「できる」は違いますけどね(爆))きっとこの曲綺麗にハモればもう鳥肌立ちそうに綺麗な曲かも?って思います。少し期待!でも今日の自分の出来・・・ ちっくしょー!です。右手はいい具合の脱力だったんですけどね・・・やっぱ左が譜面とポジション変換能力が落ちてしまってて初見についていけない(フラット3つだし)。やっぱ普段から譜面をみて歌う努力しとかんといかんわ。脳内で歌えるものに関しては左手は何も考えなくても単純なポジション移動はできてます。(合奏曲ではそんなに高音やハイポジや跳躍の曲はないのです)でもまず脳で混乱してます・・・歌うとすればひどく調子っぱずれな感じってとこでしょうか。でもまずはこういうときは一旦テンポを落としてゆっくりリズムにはめていく作業をしなきゃ・・・焦らない焦らない・・・明日はこっちはらしいので、ゆっくり練習時間をとることにしましょう。

      8
      テーマ:
    • 今日は練習です・・・

      6月の本番に向けての初練習(いや、他の人は冬から着手してるんだけど、私は今日が初参加)です。結局時間を上手く作れずにさらっていません。まさにぶっつけ初見です(涙)せっかくやし、少し早めに会社に着くように家を出ます。ってことで次の更新は晩にしますね!いってきます

      2
      テーマ:
  • 16 Apr
    • 音楽づいてるので

      ついでにレッスン行ってた頃のお話などしましょうか・・・きっかけは1999年。何を思い立ったかインターネットがしたくなって、モバイルパソコンを購入(今もあるのかWinCEマシン)。これまたナツカシのNifty-Serveでパソ通やってたんですよね。時代はもうインターネットになろうとしてるのに、パソ通デビューなんです。ってのも勝手に自宅の回線を自分のパソコンに繋ぐわけにもいかなかったので。ちなみにPC歴はもう少し古いんですよ。大きなMacちゃんがありました。(Parfomaだっけかな)これは主に譜面作成と打ち込みと大きなゲーム機として使っていましたね。で、パソ通は携帯電話経由でやってたのですごいこと通話料かかっていました。だからネットサーフィンは主に会社(爆)今じゃ考えられないんだけど、当時はネットができる社員は少なく、私も課長権限の補助ってことで特別にネット環境にあった。それに会社サーバと関係ないので、まったく閲覧に関しての制限もなかったし・・・話は戻って、パソ通でNiftyといえば「フォーラム」です。ここでコントラバス関係を探したんですね。するとそこですごく盛り上がってたフォーラムがあって、その関係でISBJと出会います。Internet Society of Bassists Japanっていうプロアマ問わずコントラバスを愛好する人たちの団体です。(世界的にはISBってのがあるんですけどね)ここのメーリングリストを始めたんです。すごく仲間が沢山いて嬉しかったです。で、オフ会などを通じて、いろんなプロの奏者の先生方や諸先輩方と出会うことになります。どっかの演奏会の後は必ずプチ・オフミだったりして、すごく楽しかったですねぇ。何故かバス弾きは縦のつながりよりも横のつながりを大切にするので、プロアマ関係なく可愛がっていただきました。普段なら到底いけないような先生方のリサイタルの打ち上げに入れていただいたり・・・そこの関係で第2の師匠(ってか、この師匠が今でも師匠)に出会うことになります。ここのお仲間の方に師匠を紹介してもらったんですよね。いきなり、○○さんの紹介でっていうことで電話してアポだけとって師匠のお宅へ一人で乗り込むことになったんです。ま、教えてもらってたので先に演奏会とか観にいってお顔を私は知っていたんですけどね。1対1で2時間も、こんなへなちょこだと「帰れ!」とか言われやしないかとドキドキしながら行きましたが、師匠はとても優しく忍耐強く教えてくださいました。それに見かけ(結構イケメンだと・・・私は思う)によらずおしゃべりな方でたまに1時間くらい楽器持ったまま立ち話ってこともあったくらいです。月1回くらいのペースで、演奏会や発表会の近い時期にはもう少し詰めて、レッスンしてもらっていました。師匠とは少し家が遠いので、なかなか今は平日の晩にいけなくて、レッスンからは遠ざかってるんですけどね。また行きたいなぁ・・・それ以外にもインターネットで知り合った先生方には有形無形のいろんなものを頂きました。私がへなちょこすぎるのが良かったのか、普段生徒さん達には見せないような面白い話も沢山聞かせていただいたし。「偶然の再会」のようなこともあるんですよね・・・ほんと楽器だけはどんな形であっても続けたいなぁ。

      4
      テーマ:
  • 15 Apr
    • 吹奏楽

      一応、7~8年前くらいに吹奏楽をかじっていた事がある。これはたまたま大阪市の公報を読んでいて、大阪市民か大阪市内在勤の人間が対象となる「市民音楽教室」っていう募集記事があって、対象者になる私は思わず安価でプロのレッスンが受けられると喜んで応募した。それが「大阪市音楽団」との出会い。ここは大阪市の運営するプロの吹奏楽団。全国でも珍しいんじゃないかな。今日のN響アワーでその名前を聞いて懐かしく思った。で、大阪市音楽団の方にレッスン(とはいえ進行状況の違う数名でのレッスンなんで、個人的に見てもらえるのは数分だったけど)を受けることになった。そこの最終日にこの教室の修了生たちが自主的に作った「大阪市民吹奏楽団」を知った。結構年齢の幅の広く、そこの修了生ということもあり、大阪城野外音楽堂を使って練習しているという。1人めの師匠(=その大阪市音楽団の方)の影響で、吹奏楽に興味をもった私はそこの門を叩くことに。その頃はすでにマンドリン楽団のほうも軌道に乗っていたため、とにかく私はいろんなところで楽器を弾きたかった時期でもある。そんなこんなで生まれて初めての吹奏楽の世界へ。吹奏楽って日本では100万人人口なんですってね。子供から大人まで幅広く楽団があり、演奏されてるって。楽器の種類もままならない私が、いきなり自分の楽器の腕1本でそういうところへ乗り込んで、色々カルチャーショックを受けることになった。今までやってたマンドリン楽団とは全然違う世界で、練習方法や演奏会への準備の進め方など、すごく新鮮で、色々マンドリンの世界に持ち帰ってみようと思ってた。曲も楽しくて、メンバーののりも楽しくて、このままやってけるかなって思ったけど、某有名アパレルとの商売が本格化していくなか、仕事がまったく終わらなくなり、練習への参加もままならなくなり、結局2回の定期公演の出演で退団することになってしまった。今なら、車ぶっとばして練習にさくっと参加できるのにな・・・でも、きっと縛られるのが苦手なんで定期的にがちがちに練習があるところは無理だろうな。今晩のN響アワーの吹奏楽特集を見ていて、懐かしくなって昔の演奏会でのCDとか聴いてみた。ここへはまったくの下心なく、演奏を楽しみにいけてたので、ほんと懐かしかった。(他の団体の下心・・・ま、部内恋愛など色々ありますよね)今唯一残ってる「響オケ」もそういう意味ではまったく下心ないですね・・・(爆)そういうのが一番楽しいかもしれない。

      6
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 復活完了?

       心優しい『響オケ』の皆様のおかげでクビにならずに済みましたですm(u_u)mほんと1回くらいは練習でとかないとマジであきません。(曲自体は何度もやってるんだけど、振る人も違ったし編成も微妙に違ったし・・・)でも、こんなリハビリ中な私がいきなり舞台の上に立って大丈夫かいな・・・とも思いましたが、響オケの知ってる顔の方が何人か見えたあたりで「よっしゃ!楽しくやろ」っていう気持ちに切り替りました。実際には私のカンチガイであと1時間ってとこで譜面が違うことが発覚し、急遽リズムパターンを譜面の端っこに書いてそれを適宜繰り返すっていう荒業もやっていましたが・・・指揮者の方は最近来られた方なのかな・・・ごめんなさい!なかなか指揮にシンクロしていけませんで。微妙にずれている(32分の1拍子くらい)異様に気持ち悪い演奏してしまっていました・・・すんません。新しい方なのかトラなのかよくわかんない方も沢山いらしたけど、また地道に練習にも参加して顔を覚えてもらうことにしましょう。(ってか、私と楽器くんがセットで覚えられるみたい)今日のいでたち 朝9時。楽器及びその付属品+ヒール(運転はかかとがある靴ではできないので、運転はスニーカー)、服装は演奏会ルックの上は白シャツ・下は黒パンツで、あまりにも寒いので家で着てるグレーのパーカーを羽織って出発。最近ETCの調子がわるく5回に3回は読み取りエラーになり焦る。たぶんカードに原因ありだとおもうけど・・・どこで変えてもらっていいのかわからんので放置状態。堺有料道路-阪神高速 湾岸線-環状線(法円坂出口)ルートで集合場所の都島区民センターまでおよそ1時間弱。 朝9:55 現場着(・・・どんだけ飛ばしてんのよ、という声も聞こえそうだけど・・・)車から楽器を降ろし、とりあえず待機。でも、楽屋がないとは聞いてたけど、音だしする場所もないそうで、しょうがないから駐車場で音だしをすることに・・・ブラスバンド以来だわ・・・ブラバンのときは夏合宿は野外音楽堂のステージを借りて練習してたんで、風が強い日もあったけど、気持ちよかったんだけどね・・・今日は寒かった。で、結構進行が巻いてたようで、少し早めに本番。曲は8曲・鉄腕アトム・手のひらを太陽に・四季の歌・川の流れのように・青い山脈・君を乗せて(天空の城ラピュタの主題歌)・荒城の月・ラデツキーマーチでした(抜けてへんよね・・・ホルンままさま)結構、真剣に聞いて口ずさんだり、手拍子をしたりしてくださり楽しかったです。このイベントは都島区の福祉協議会?の運営なのか大阪市のボランティアセンターの主催なのかはわかりませんが、福祉まつりってことで障害者の方や、地域の子供さんなどが参加してて、食べ物の屋台も出ていました。個人的には緊張で胃が痛く・・・(こんなん数年ぶりや)で、なぜ荷下し以降の写真がないかというと、携帯を車に置き忘れてたんです。しかもケースとかも邪魔になるんで全部車に積んでいたため、取りに帰るのもめんどくさく・・・「アンパンマン」と「ドキンちゃん」の着ぐるみさんが居たんで、「紀の国戦隊紀州レンジャー」 や税関のアイドル「カスタムスくん」などの被り物大好きで写真とりまくってた私としてはかなり行きたいモード全開だったんだけど・・・残念!しかし、今回ちゃんと復帰のご挨拶してきたので、次回からは出来る限り練習にも顔を出そうと思っています。帰る際に建物の裏手のすごく狭い駐車場から出る際・・・前のバンパーをゴリ!っとやったことは・・・まだ誰にもばれてません建物は無傷だったし、いや、むしろアタシの車の方がダメージはでかく・・・でももういいや・・・っていう心境です。またエアータッチなどを塗りましょう。(だって切り返せないので、スーパーバックしか手段がなかったんですもの・・・と言い訳してみる)運転まだまだ課題は多いのです。反省・・・

      2
      テーマ:
    • あぁ雨だ・・・

      今朝は運転しなきゃいけないと思うと目が覚めてしまった。出かけるのはもっと後なのにな・・・久しぶりに人前で楽器を弾くことと、運転してちょっとした距離(とはいえ1時間程度ですが)を走らないといけないこと・・・1年くらい前までは結構高速もばんばん走ってあちこち出張してたんだけどね。最近、見事に堺市内のみしか走っていなかったんで、ちょいと緊張です。身長180cmの「彼」を積んで走るのも久しぶり!安全運転しないとな・・・でも外は雨です。とりあえず昨日の電話で今日はリハ程度しか無いって話を聞いたんで、駐車場確保のためだけに早入りします。本番は12時過ぎらしいので、またお昼から帰ってきてから記事をアップしましょう。今日も「旅行記」行きますよ。短めのやつ・・・ネタ的には国内の方がおもろいのが多いんですがね。(写真が見事にない・・・)

      6
      テーマ:
  • 10 Mar
    • 練習しまっせ!

      まだ多少のにんにく臭を残しつつ、二日酔いは免れたっぽいので、とりあえず朝から練習することにします。(とにかく楽器に慣れなくては・・・)私が練習に使うグッズです。下の本は学生時代から愛用している(もうぼろぼろですが)「シマンドル」です。音階練習とかロングトーンの練習に良いし、譜面変換(脳内で自然に譜面を運指に結びつける作業)をするのに良いので、とりあえずブランクが開いたときは、この本から適当に抜粋して弾くようにしています。いきなり曲弾いてもだめですものね。ちなみに本の上に乗っかってる左のブツが「松脂」です。昨日昼休みに心斎橋まで買いに行ってきました。(こんな大きさでも¥2,500です。それもお店でまけてもらってのお値段です)右の櫛のようなブツは「ミュート」といいます。弱音器ですね。これは練習をやる上では重要です。楽器のボディがでかいので、普通に弾くと結構大きい音が出てしまうんですが、これと座布団とかを併用することにより、家庭でも簡単に「サイレントベース」により近い状態になるんです。音の振動は床も伝うので、座布団の上で楽器を弾き、コマの部分にこの弱音器をつけて弾くと・・・まぁ半分から三分の一くらいの音量にはなるかなぁ・・・ま、記事はこの程度で練習練習!とりあえず昼までは練習に集中します。また夕方にでも今週の『旅行記』をアップします。今週は「韓国編」です。韓国編は写真があまりない(事情は記事で明らかになりますが)ので私の記憶の文章がメインになることでしょう・・・ではまた

      テーマ:
  • 08 Mar
    • 無事だったけど・・・

      昨年7月のコンサート以来『封印』していた楽器ですが、今晩無事を確認しました。(ずーーっとケースの中に入ってたので、気温や湿度に影響受けなかったようです)弓の無事も確認しまして(手前が自分の弓、上はさるお方に譲っていただいたOLDの弓・・・大事すぎて使えない・・・)画面の下は私の足ですので気にしないでくださいね。そして、日曜の本番で使用する譜面・小物類を確認・・・・さっき「ほるんママ」さまの業務連絡により1曲譜面が手元にない事が発覚・・・まぁ元曲が想像つくので、いざとなったらベースラインを適当に流すことにします。(譜面があれば初見でもいけるでしょう)そして・・・松脂(弓の毛の部分に塗って弦との間にひっかかりをもたせるもの)がないのです・・・明日、お昼休みに昼食抜きで心斎橋まで買いに行ってこなければならなくなりました。(うちの地元にはコントラバス用の松脂なんてマニアックな商品置いてないですし)なぜ、仕事終わりで行かないか?それは明日は私と同じチームの同僚くん達がバレンタインのおかえしの「儀式」として晩御飯をご馳走してくれるのですって。(私が上げたのは1人千円ほどのチョコなんですが・・・)何でもいいよっていうので「焼肉」を所望しました。店も私いちおしのお店です。数年前に"独身友の会"の連れ達でたまたま訪れてみんなが病みつきになった店なんですよね。何度となく通ったけど、ここ数年は家でも外でも焼肉を食べることが無かったので・・・明日の晩御飯(母の分)は今晩のうちに仕込も完了!明日の朝に付け合せのサラダを作っておきます。まぁそれでもやっぱり気になるんで、スタートを早くしてもらって2時間程度で切り上げて帰ってくるつもり(だからすぐにお腹が一杯になる焼肉をチョイスしたんですけど)なんです。土曜日からはリハビリを兼ねて楽器を弾きまくらねば・・・6月にもう一つ本番があるんですが、そっちの譜面を会社の人が持ってきてくれまして、それを見て愕然としましたね。今までは譜面をみたらそれなりに脳内で運指に変換されていたんですけど・・・真っ白になっちゃいました。(いや、むしろ譜面は真っ黒だ・・・コントラバスにはめずらしい)レスピーギの「リュートのための古風な舞曲とアリア」第三組曲ってのだそうです・・・シシリアーノはイタリアパスタ系のCMで有名かな。(私にとっては良い思い出の無い曲ですけど)ひええ・・・これは教則本ひっぱりだして少し運指と譜面慣れから再開せねば・・・それとまずスコアを手に入れて、曲をある程度知らないと自分の譜面だけではなにやってっかわかんないなぁ・・・しかし、目の前に少し目標ができないとやみくもに楽器を弾くこともないので、それはそれでよさそうです・・・ますますレッスン再開したい気持ちです・・・(こんなときだけ師匠に頼ろうとして、ほんと不肖の弟子だわ)

      6
      テーマ:
  • 06 Mar
    • 復帰決定!

      ・・・半ば『見切り発車』ですが、こういうものは勢いと縁だとも思うのでメンバーの皆さんご迷惑をおかけしますけどよろしくお願いしますm(_ _ )m今度の日曜日に『響オケ』の出演する演奏会があって、それに参加することにしました。実際、介護福祉士の試験が終わったらオケに復帰しますね・・・って言っておきながら、2月も3月も練習に行けなかったので、今回は見送りかなって思ってたんですけど、これを逃したらまたずるずると参加しないかも?って思ったので、今回の曲は過去にやった曲ばかりだし、指揮の先生も知ってるので出ることにしました。メンバーの皆さんとは半年振り?くらいかも?都島区民センターってとこで「都島区ふれあいフェスタ」ってのがあるそうです。以前違うオケのトラで出たような・・・(あれは新春コンサートか?あの時もトラで偶然にもバス友と再会し、トップの擦り付け合いをした覚えが・・・どうしてるのかなH兄さん・・・)正直、どっかの市民オケでやるのも勉強にもなるし、同じ楽器の仲間が居て楽しいとは思うけど、たぶんそんなにきちんと練習出れないし、オケの曲をやるなら、レッスン再開させないとついてけないなぁってのが正直なとこです。個人練習ももちろんしなきいけないけど、客観的に視て指導していただかないと身についた悪癖は取れないのです・・・今行ったらきっとぼろぼろなんだろうなぁ・・・でもレッスン行きたいなぁ・・・でも師匠のとことうちはかなり離れてて、いつも平日の晩にレッスン行ってたので、今の生活では無理なんだな。もし、転職して平日休みになったら平日の昼間にレッスンしてもらえそうなら復帰しようかな。今でも師匠は連絡くださるんで相談してみる価値はあるかもです。(その前に師匠の演奏会に顔出して「生きてますよ!!」ってアピールしとかなきゃ・・・)ちなみに6月にも会社の方の団体で1件演奏会に参加します。なんやらいう曲でかなりコントラバスがハードなんだとか・・・時間見つけてコソ練せねば・・・今は会社の方のは私の代理でピンチヒッターのお兄さんが頑張ってくださってます・・・でも「本職帰ってきてo(;△;)o」って泣きのメール(私よりかなり先輩社員さんなんですけど)が来たのでGW明けから1ヶ月集中で復帰することにします。正直、主婦業やりながらの平日の晩の仕事終わりの練習は時間的に厳しいんですが、アンサンブルなので、やはり自分だけ”譜面通り弾けてる”ではだめなんですよね・・・(あぁ一番上に書いてることと矛盾してますな・・・)どっちも今の私を理解して、その上で迎えてくださってるのでこっちも出来る限りの誠意を尽くして頑張ろうと思います。

      4
      テーマ:
  • 23 Jul
    • 本番でした

      (ほんとはもっと早く書こうかなと思ってたのですが、予想外の大雨の中の運転でかなり消耗してしまい、先ほどまで死んでおりました)昨日リハのあった「そうるミュージックライブ2006」は本日無事に開催されました。この前の舞台以降、もうしばらくこういう大きなステージで演奏させていただくこともないだろうなぁと思っていたんですが、縁のつながりで誘っていただき、楽しいひと時を過ごすことができました。「そうる」はどっちかというと福祉オケ的な位置づけの部分が大きいので、今日出演された方の中にはそういうのをどう感じられたのかなぁって思う部分もありました。私の場合はもともとアマチュアで演奏をしてて、インターネットの力でドイツ在住のとあるコントラバス奏者の先生と仲良くしていただくようになり(他の仲間もいっぱいできましたが)、その方が数年前に日本に一時帰国され、大の鉄道マニアってことで関西で有名な鉄道模型を作ってる方にあうために大阪に来られた際のアテンド役をおおせつかったんです。その数日間はインターネット仲間限定のプチセミナーを開催させていただいたり、関西にいらっしゃる間かなり行動をともにさせていただき、色んな話をしていただきました。(私のような素人は知識も底が浅いので音楽以外の話題のほうが盛り上がったんですが)そのときに、今回のオケの中心メンバーとなる「仲川さん」の存在を教えていただき、大阪で活動しているのだから、僕はドイツでお手伝いはできないので僕の代わりに仲川さんと連絡をとって手助けできることがあれば手伝ってあげて欲しいって言われたんです。そこで野田さん(あ、言っちゃった)の紹介で・・・ってメールを送ったのがこういう福祉オケに足を突っ込み始めです。当時のエピソードで覚えているのが、聴覚に障害のある人って音楽って無縁っていう印象だったんですが、風船を頬につけて音の振動を感じることで音楽を楽しむっていう試みをされてたのです。(数年前で「骨伝導」とかってそんなに無かったときなので、その話を野田さんが知って興味をもたれたんです)今までの活動はオケっていっても、編成もまちまちでオケっていうのか室内楽っていうのかかなり微妙な感じで、メンバーもかなり個性的。団長が目指すのはバリアフリーのオーケストラなんで、障害をもった人や国籍、老若男女、楽器経験にいたっても、来るもの拒まずっていう感じのオケなんです。それで老人施設や障害者の作業所などを訪問して普段演奏会に行きたくてもいけないような方たちに演奏をお届けする活動を行ってきました。私のように介護福祉士を目指すものにとっては、数少ない現場を見れるチャンスでもあり、それも美味しい経験でしたが、それ以外にも「あぁ、私達のような拙い演奏でも、こんなに楽しんで聞いてくださるんだ」っていうのが肌で感じられて(そのくらいに近い距離の演奏会なのです)、それが次回への励みになってたというのもあります。それに、知的障害を持った子供たちってほんとに純粋に思うがままに楽しみを表現してくれます。全身で!さらに、普段はフラットな状態(客席と出演者は同じ高さ)で演奏するので、私のようにデカイ楽器は子供の興味の対象となって、演奏中でもどんどん突進してきます。(^^;)大きなステージで大きなオケで上手い人たちの演奏にのっかって演奏できるのもすごくいい経験ではありますが、それだけでなく、アンコールのときのあの子供たちの喜びよう、心から楽しんでくれてる姿を目に焼き付けてこれからも頑張っていこうかなって思いました。たまたまの縁でそこまで考えていなかった出演者の方が大半だと思うんですが、何かを感じ取ってくださったら嬉しいなって思います。私にとっては今のところこれが音楽を続けていける醍醐味でもありますので・・・ああいう客層になじんでない人にとっては奇異に映ったかもしれませんが私にとっては鳥肌モノくらいに素敵な出来事だったんです。そしてその場を共有できたことがすごく幸せでした。今回は不思議なご縁でご一緒させていただけた同じパートの皆様にもほんとお礼をいいたいです。(っていうか、見てらしたら「みたよ」くらいはコメントくださいませ)2年後、ほんとに介護福祉士になれていたら転職しますので、土日の演奏活動ができるかどうかはまだわかりません。でも、こっちもバングラデシュに渡って以降、真剣に追い求めてきた夢なんでこっちの方も頑張っていこうと思っています。また余裕ができて、音楽活動を本格的に再開できるようになるまではこの福祉オケ関係が私の居場所になることでしょう。ってことで長々書いてしまいましたが・・・あまりのバタバタに今日は画像がないのです。(ヘルマンハープは撮りたかったんだけどな・・・)

      8
      テーマ:
  • 22 Jul
    • リハでした

      いよいよ明日にせまった「そうるミュージックライブ2006」の前日リハを会場(寝屋川市立市民会館)で行いました。このホールへはつい一週間前(月曜)に行ったところ。なのに・・・また、すんなり1回では着いてくれないのです。またナビに嘘つかれました(^^;)かなーーーり大回りして予定よりも少し遅れて到着。でも駐車場がいっぱいで入れない!警備員のおじさんの機転でホール前のスペースを臨時の駐車スペースにしてくださいました。だって、大型楽器なのにここから離れたところへは停めれませんもの・・・(車で無いと便利の悪い会場なのかな)そんなこんなで今日は舞台練習なんで、大ホールの方へ楽器を搬入したら、もう先にコントラバスの方が来られてる・・・こないだ一緒だった人かな?いや・・・ケースが違うな。最近ちょっと人見知りに私は挨拶もできずにこそこそ楽器の準備など始めておりました。今回プロの先生が一人パートに加わってくださるっていうお話は聞いていたので・・・他の二人はこないだ一緒の子と、もう一人も別オケの打上げでよくご存知な方(演奏は一緒にしたことないんだけど、なぜかそこのオケの打上げには私よく誘ってもらってたので・・・)なんです。ってことで知らないお顔の方・・・あぁプロの先生だ。レッスンに行けなくなって久しいので、プロの先生の前で弾くなんって・・・超緊張です。それも着いた順番?年齢順?で私が先生と同じプルトで弾くはめに・・・(今晩、もう楽器は弾けないので、楽譜片手にイメトレします)偶然というか、私のバス友達でもある胼胝会長さんのお師匠さまだとか・・・うーむ世間は狭い!そして私は数年前(私がドリンの演奏会を聴きに行ってた頃なんでもっと前?)に友人の団体の演奏会で賛助出演されてたんですよねぇ・・・ほんとに世間は狭い。気さくな方で緊張はかなりほぐれましたが、予定時刻の21時を前にして私の空腹はマックスになり、集中力も途切れだし、かなりぼろぼろになってしまいました。(歯のせいで外食はできないのですよ。時間があってちゃんと食後に歯磨きできる場所でないとだめなんで・・・)すみません!明日はちゃんと万全の状態で臨みます!!(私のHPもご覧になられたそうなので、ここに来られるのも時間の問題かも?バス系の方にはあまり宣伝していなかったんですが)ってことで今日はもう寝ます。

      テーマ:
  • 17 Jul
    • そうるオケの第1回リハでした

      やっぱりプロの音楽監督さんだけあって、時間をきちんと配分して進められる・・・おかげですべての曲をきちんと訂正部分も含め合わせることができました。さすがにプロが要所要所にいらっしゃるとはいえ、大半はアマチュアのオケですんで、いきなり一発OKってわけにはいかないのです。音量や速度やタメの部分など、譜面では表しきれない部分を合奏によって再確認していく作業っていうか・・・もちろん、今日が初顔合わせなので実際どれだけのメンバーで演奏できるかわかんないしね。うちに限っては名簿上は5名のエントリーだけど、今日来てたのは私を含め2名(二人ともアマチュア部門)。勝手にDiv決めていいものか、弓順どうなるのか・・・クラシックの曲はある程度ルールがあるし、それなりに決まりごとってのがあるんで、何となくわかるんだけど、ポップスとかは決めておかないとちょっとしんどいんですよね。まぁそれが判明するのは前日ってことで・・・今日の時点でそこそこ曲にはなってるんで、心配はあまりしていないんですけど・・・入場券もかなり売れているそうで、1000名の大ホールのかなりの部分が売れたそうです。当日券も若干出るそうですし、私も4枚チケット持っていますのでおっしゃってくだされば受付に用意しときます。今日の収穫といえば、同じパートの人と共通の知り合いがいてちょっと話ができるようになったことかな。こういうときにコントラバスってありがたい。(結構、他オケさんとの横のつながりが多いんですよね。プロ・アマ関係なく・・・)ではではまた土曜日第2回(それが最終)リハの模様もアップしますのでお楽しみに!!(そういえば、今日はバケツをひっくり返したような雨でしたね。寝屋川から堺へ帰るのに近畿道を通るんですが、めちゃこわかったですよ・・・この私が80km以上出せず、しかもずっと左車線を大人しく走っていました・・・前見えないもの)

      2
      テーマ:
  • 16 Jul
    • 2006そうるミュージックライブ

      宣伝させてくださいませ。来週本番です。バリアフリーコンサート&ミュージカルなんです。日時:2006年7月23日(日) 午後2時開演場所:大阪府立寝屋川市立市民会館大ホール参加協力費:大人1000円、子供500円新しいオケの立ち上げなんです。明日顔合わせです。各セクションにプロがいらっしゃるので、練習はほとんどなしであわせのリハのみです。緊張だなぁ・・・まぁ頑張ってきます!チャッピーの近況です。暑さに負けず元気いっぱいですよ!!

      2
      テーマ:
  • 04 Jun
    • お祭り終了

      今日、第30回マンドリンフェアに出演してきました。毎回、私がこういう音楽活動をする際は自力で車で出動するんですが、今回はどうやって楽器を積んでいるのかをお見せしましょう!わが車(三菱COLT 1300cc)は、楽器を積むことも考慮して購入したハッチバック車なんで、私の楽器1台くらいは余裕です。助手席も普通に人が乗れます。(今までのセダンだと楽器を載せる際には助手席を倒して助手席に楽器のお尻がきたり、もしくは怖いけど助手席の足元に座布団を入れて、そこにネックを差し込んだりしていました。でもブレーキの際、本当に怖いのでセダンで移動することは滅多にありませんでした)後部座席も長距離移動(10km以上)の場合は、両方潰してしまいますが近距離とか知ってる道の移動の際は後部座席を一つ残して、もう一人乗ることもあります。私が出動する際はこんなもん(会社から色々荷物を頼まれたりしたんで他のも乗ってましたが)でしたが、終演後会社に戻るときはすごかったですよ・・・まぁ5kmほどの直線の空いてる道なんでできたんですけど。この状態で楽器をあと4本(小さい楽器ですけど)とか他の荷物を満載にしてバックミラーがまったく活きない状態で運転しました。久しぶりにサイドミラーのみの運転は怖かったです(;´▽`A``まぁイベント自体は無事に終了しましたよ。あくまでイベントなんで、お客さんも演奏者も楽しければいいっていう感じなんでしょうね。出演者同士の交流やなんかもあったりね。久しぶりに一日バタバタと楽器もって移動とかしていたので、演奏時間は少ないですけどしんどかったですね・・・晩御飯を食べる食欲が出ないほどに・・・まぁ夜の運転も久しぶりだったんでそれもあったんですけどね。これであとは7月のそうるオケのコンサート以外は音楽活動はお休み状態になるので、しばらくは勉強に集中できそうです。そろそろ6月下旬、7月のレポートに着手せねば・・・

      2
      テーマ:
  • 14 May
    • 久しぶりに・・・

      楽器弾きといいながら・・・3月の演奏会以来楽器触っていなかったんですよね・・・反省。ここには書いていなかったかもしれないんですが、1月頃から左手の中指と薬指の腱を痛めているらしく、指が曲がらなくなるんです。(特に朝とか)腱鞘炎っぽい症状(他にいろんな箇所でやったことある)なので、今回もそれかも?でもこういうのって病院行ったからといっても、温熱療法とシップだけなんで、結局は安静が一番っていう結論になるんですよね・・・確か私が大尊敬している河原泰則さんも腱鞘炎に悩んでおられたっていうエピソードがありましたもんね。私の場合は楽器の弾きすぎではなく、おそらく仕事などのキーパンチ操作の関係だと思うんです。今、こうやって打っててもかなり自己流ブラインドタッチなんで、左は人差し指と中指をかなり使っています。私のインプットする伝票類は満遍なくいろんなキーを使うので一部分に負担がかかるとは思っていなかったんですけどね。そんなこんなでとりあえずはバンテリン(温めていいのか冷やしていいのか判断不能なので)を貼ってます。明日はこの状態なら整形外科へ行ってみます。久しぶりの合奏は楽しかったんですけどね。そこには昔から知ってる人も何人かいて、今度の演奏会に出ない?っていうお誘いも受けたんですが・・・やっぱり自分の中には今まで築き上げてきたものへの愛着もあるし、なかなか同じジャンルのよその団体へすぐに団員でってわけにはいかないですね。嬉しいお誘いではありましたけど・・・どちみちそこは10月が本番なんです。でも、私は今回9月の前半に施設実習、10月は毎週土曜に介護技術講習(絶対に外せない)があるんで、どちみち参加不可能なんですよ。翌年以降、演奏会の時期によっては考えなくもないんでしょうけど。私自身転職したら3日行って1日休みってのがこの業界のシフトなんで休めないですもんね。まぁでも6月頭の本番までは会社の方の演奏曲と合同合奏の曲の両方で楽しめそうです。簡単だからと油断せずにこれを機会にきちんと指治さないとな・・・

      テーマ:
  • 08 May
    • スタート!

      つい先日、長年の活動に一旦ピリオドを打って、一度自分を見直してみようと思ってたところなんですが・・・(それに今年は勉強でそんなに音楽活動には時間取れないので)以前から声をかけていただいていたプロジェクトがついに始動したようです。http://soul-m-orchestra.hp.infoseek.co.jp/「そうるミュージックオーケストラ」といいます。どうも7月23日(日)に「2006 Soul Music Live」というコンサートを寝屋川市民会館大ホールで行うそうです。このオケは現在は一般部員を募集はしていないのですが、団員の推薦や紹介があり、ボランティアなどに理解のある人であればプロでもアマでも入ることができるそうです。私のパートの名簿を先日いただいたのですが、偶然にも知っている方のお名前があり、安心しました。各セクションに趣旨に賛同したプロの演奏家の方もいらっしゃるそうでいい勉強になるなぁと思います。そして、ここは基本的に「例会」といわれる練習会はないのです。演奏会のためのゲネを数回やるということで、プロは1回、アマは2回は最低でも出席するというものだそうです。音楽を作り上げていく楽しさはちょっと物足りないかもしれませんが、その限られた練習期間でいかにいいものに仕上げるかという個人練習を試される機会でもありそうです。まだプログラム等を公表してよいのかわかりませんが、ポピュラーで聞きなじみのあるものとちょっとオケ初挑戦っぽい曲もやらせていただけるので嬉しいです!初めてのフルオケ(今までいたところは福祉系オケなんで、パートの欠員も多く、完全な編成ではなかったんです)だし、楽しみ!!また活動などをおいおい紹介していけるといいですね。ちなみにそれまで所属してた「オーケストラ響」も団長が一緒なんでこっちも引き続き、ゆるゆる活動していきます。ボランティアにしゃかりきになりすぎりと自分がつぶれてしまいますからね。その辺は無理なく自分も楽しめるスタンスを守っていこうと思います。

      6
      テーマ:

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。