サッカーワールドカップの時だけの“にわかファン” | 渋谷と呼ばれた男 HIROMUオフィシャルブログ powered by ameba
2018-06-10 01:38:36

サッカーワールドカップの時だけの“にわかファン”

テーマ:Blog

ワールドカップの時だけにわかファンになる俺です。

 

勝手に当時の自分とサッカーの時系列でお送りします。

 

94年アメリカ大会のワールドカップ予選「ドーハの悲劇」の時は中3で今に比べ純粋だった為、かなり鮮明に覚えている。

長谷川健太選手がシュートを放って今も現役のキングカズがヘディングで押し込んで先制点。

93年はJリーグ元年でゴールデンタイムでサッカーが放映していた位、盛り上がっていた。

当時スター選手が揃っていたヴェルディ戦のチケットは入手は困難で試合に足を運ぶと国立競技場は女子高生だらけ。

そんなJリーグ各チームのスター選手が集ったドリームチームで構成されたオフトJAPAN(当時の監督)があと一歩でワールドカップ初出場の夢を掴めなかった。

 

 

 

98年フランス大会の時のワールドカップ予選では野人岡野選手が中田英の放ったシュートを押し込んで本大会へ。

当時、何度もミスっていた岡野選手に苛立っていた事を思い出す。

あれで出場出来ていなかったら帰国後の日本でかなり叩かれていた事に違い無い。

キングカズが本大会メンバーから落選して日本中話題になり中田英選手が大活躍。

その後、ペルージャへ移籍してデビュー戦のユベントス戦で伝説を残す。

 

 

02年は日韓ワールドカップで初の共同開催。

中村俊輔選手が落選して話題になった。

ベッカム、イルハン、安貞桓(アンジョンファン)が日本で大ブレイク。

当時、赤モヒカンだった戸田和幸選手がウイイレで作りやすかった記憶がある。

宮本選手のマスクは黒に塗った事を最近知った。

日本は初の決勝リーグベスト16

お隣韓国はベスト4の快挙(誤審の賛否あるけども結果は結果)

 

 

06年ドイツ大会ではブラジルの黄金カルテット時代の現役選手だったジーコが日本の黄金カルテット、中田選手、中村選手、小野選手、稲本選手を率いて出場。

個人的には一番ワクワクした大会で過去最高のメンバーだったけども予選グループ敗退。

 

 

10年南アフリカ大会では前評判が今位悪かったけど、見事に予選グループ突破!

中澤佑二君が日本代表のキャプテンの大会。

本田、遠藤が大活躍した印象の大会で98年大会に続き「岡田監督は結果を出す人だな」と感心した。

 

 

 

14年大会では本田の豪快なミドルシュートで先制もコートジボアールのカリスマ「ドログバ」投入から一気に雰囲気が変わり形成逆転。

ドログバの一言で内戦が止まった位、母国ではカリスマ。

この試合以降は日本と真逆のブラジルタイムの関係で(眠くて、起きれなくて)あまり観て無い。

 

こうして記すと分かるけども2002年をピークにサッカーがにわかファンになっている事が文字数で分かる。

 

勝てばヒーロー、負ければ戦犯のような扱いを受けるワールドカップ。

 

W杯期間中メンタルを保つ事は相当大変だろうな。

 

10年南アフリカ大会の前評判も散々だったけど結果を出した。

 

今大会も期待してます!

 

 

 

nsh9.com

 

 

 

 

 

植竹拓(ピロム)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース