平和遺産・聖堂を保存する会

平和遺産・聖堂を保存する会

恒久的な平和を訴える大切な歴史あるカトリック清水教会聖堂の永続的な保存活用を求めます。

Amebaでブログを始めよう!

大変多くの皆さまにご協力頂きました『カトリック清水教会の聖堂保存の嘆願署名簿』を、昨日、駐日バチカン大使、カトリック中央協議会大司教様、横浜司教様の3ヶ所へ宅配便にて発送致しました。

 

約8,000名の方々に署名のご協力を頂きました。

ご協力頂きました皆さまにはとても感謝致しており、厚くお礼申し上げます。

 

署名期間終了後、書名簿を直接手渡したい旨各所にお伝えしましたが、先方からのご意向により宅配便での送付となりました。

本日までの間に様々なことがあり、大切な書名簿を確実に届けてご対応頂ける機会を模索し今日の発送となりました。

 

 

聖堂のある地元の連合自治会、清水区や葵区の各高校のOB会、地元の商店や事業者の方々、各種市民サークル、教会付属の聖母保育園OBなど、各団体のご協力は大変な力となり大きな後ろ盾となりました。

 

今後も引き続き横浜司教に面談を申し入れ、聖堂保存の市民の声をお伝えし、歴史的文化財のカトリック清水教会の取り壊しを再考して頂き保存活用できるよう訴えていきます。

 

歴史的文化財の聖堂を保存するのに最も大切なことは、多くの方が聖堂に出掛けて頂き、賛美の声を広げて頂くことです。

これからも引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

長らくの無沙汰をお詫び申し上げます。

 

みなさまから頂戴いたしました署名は、約8,000名様分にものぼりました。

 

大変多くのみなさまからのご賛同・ご協力をいただき、心から御礼申し上げます。

 

署名簿を置かせていただいた企業様・店舗様にもこの場をお借りして厚くお礼申し上げます。

 

始めた当初は思いもよらない数になり、私たちグループメンバー皆驚いております。

 

現在提出先様のご都合も伺いながら検討・調整をいたしております。

 

今後もご報告させていただきます。

 

#カトリック #清水 #静岡 #ゴシック #近代建築 #ステンドグラス #平和 #市民活動

昭和初期、時の市議・鈴木与平氏の尽力により教会建築の用地取得の願いが叶い、昭和10年にフランス人神父・ドラエ師の設計と施工指導によるとされる、高い木造建築技術により本格的なゴシック様式のカトリック清水教会聖堂が完成しました。

双子の鐘楼を冠し、 ゴシックアーチを基調としたファサード。ポルティコ(ポーチ)は4本の古典主義的なコラム(柱)がバランスよく正面性を強調しています。

 

 

♦聖堂外観♦

二つの鐘楼とゴシックアーチが天に向かって伸びる印象のファサード

 

 

 

 

 

 

 

 

♦聖堂内観♦

リブヴォールト天井に美しいステンドグラスが彩りを添えるゴシックのインテリア

 

 

 

 

~ これまで ~

 

♦昭和初期♦

元は徳川御殿地であった土地を時の市議・鈴木与平氏の仲介により、聖堂建設用地取得の願いが叶いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

♦昭和10年♦

フランス人のドラエ神父の尽力と 設計により、堅牢で瀟洒な木造のゴシック教会が完成しました。

 

 

 

 

 

 

♦昭和20年♦

艦砲射撃により聖堂周辺は焼け野原になり、戦災を免れた聖堂は救護活動の拠点として怪我人を受入れました。

 

 

 

 

~ これから ~

 

創建以来幾度もあった大地震にもびくともせず凜と佇む聖堂は、神社仏閣同様に長寿命を裏付ける堅牢な木材を使用し、優れた建築技術によって建てられています。

 

 

 

 

 

 

様々な歴史や多くの人々の成長を見続け、幾多の思い出の場所でもある聖堂は人間でいえは40代の働き盛り。

デザインを継承した改修工事をすればさらに未来に向かって永く祈りの場所として存続することが可能です。

 

 

 

 

 

 

ミケランジェロやダ・ヴィンチ、ラファエロにモーツアルトなど様々な芸術家を排出してきたカトリック教会。

現在の美しい聖堂を保存し、様々な文化芸術を発信する場所として地域社会に貢献することができます

 

 

 

 

 

現在カトリック清水教会聖堂は建て替えが検討されています。

聖堂はカトリック清水教会の施設であり、私たちは信者ではないため聖堂の存廃に関する決定権はありませんが、この清水という街のシンボルであり、太平洋戦争の記憶を残す貴重な戦史史跡である聖堂の保存を、市民として強く望んでいます。

 

そして私たちはこのカトリック清水教会聖堂の保存を求める市民の声として、「聖堂取壊しの再考と保存の嘆願書名」を集め、市民の声として教会に届けることにいたしました。

築83年の貴重な聖堂は、一度取壊したらこれまでの深い平和への祈りや、積み上げられた歴史の記憶を失い、二度と取り戻すことは出来ません。

 

私たちの主意にご賛同下さる方がいらっしゃいましたら、以下のリンクよりオンライン署名を受け付けております。

多くの皆様のご協力をお願いいたします。

 

「カトリック清水教会聖堂」の保存活用を求めます