今日はめっちゃ寒いです。

Windows7のサポートが2020/1/14に終了し、Windows10への買い替え需要も落ち着いたころだと思いますが、最近、プリンターで印刷できない!という問い合わせが増えています。

Windows10のせいなのかどうか?は不明ですが、Windows7時代にはそれほど多くなかった気がします。

症状は、「PCとプリンタの電源は入っており、今まで(昨日まで)問題なく印刷できていたのに、今日は印刷できない」というものです。

実は、自分のWindows10PCも何度かその症状が出ました。このPCは今年の年初にWindows7から10にアップグレードしたパソコンです。

原因は不明なのですが、対処方法を上げておきます。

1、タスクバー(ディスプレイの最下部)にプリンターのアイコンがあればそれをダブルクリックします。

2、メニューバーに「プリンターをオフラインで使用する」と表示されていたら、


メニューバーの[プリンター(P)]をクリックし、「プリンターをオフラインで使用する」のチェックを外します。


3、すると、印刷が開始されるはずです。


この方法でだめな場合は、開いているアプリをすべて終了し、パソコンを再起動してみてください。
 ※ 再起動とは、[スタート] → [電源] → [再起動]をクリックすることです。

これで解決しない場合は、プリンタの故障、無線LANトラブル(無線接続の場合)などが考えられます。
インターネット回線にADSLを使っている方にお知らせです。

ソフトバンク(YahooBB ADSL)は2024年3月末をもってADSLサービスの提供を終了予定。

設備の状況によっては、2020年3月以降に一部の地域から順次終了します。



NTTのフレッツADSLは、2023年1月31日(火)をもって「フレッツ光」の提供エリアにおいて、「フレッツ・ADSL」のサービス提供を終了。

フレッツ光が提供されないエリアは引き続き使えるそうですが、関東だと、相当の山の中にもフレッツ光が提供されているので、事前に確認しておいたほうがいいでしょう。


ADSLは、NTT基地局から自宅までの距離が近ければ(約2km以内)、下りが数Mbps出るので、Youtubeなどの動画閲覧にもそれほど困らず、料金は光回線に比べて安くて使い放題だったので、時代の流れとは言え、終了は残念です。
みなさん、明けましておめでとうございます。(って今頃かよ!w)

昨年末から最近まで、Windows7から10へのアップグレード依頼が多数ありまして、ブログ更新できておりませんでした。

今日、少し時間ができたので、更新しま~す。

タイトルにある通り、2020年1月23日現在、Windows7から10への無料アップグレードは可能です。

無料でアップグレードする方法は、ネット上にあふれておりますので、検索してみてください。

なお、アップグレードに失敗すると、様々なトラブルが発生します。

自分で対処する自信がない方は、ご連絡くださいませ。
InternetExplorer(IE)から、お気に入りや設定の情報をGoogle Chromeにインポート(取り込み)する方法です。

Google Chromeを起動したら、アドレスバーの右にある三本線のアイコンをクリックし、[ブックマーク]→[ブックマークと設定をインポート]の順にクリックします。

[ブックマークと設定をインポート]が表示されます。

インポート元に[Microsoft Internet Explorer]が表示され、[インポートするデータを選択]では[閲覧履歴][お気に入り/ブックマーク][保存したパスワード][検索エンジン]の4項目にチェックマークが付いた状態になっています。このまま[インポート]をクリックします。

インポートが実行され[完了しました]が表示されます。

[ブックマークバーを常に表示する]にチェックマークを付けると、アドレスバーの下にブックマークが表示され、ブックマークが使いやすくなります。[完了]をクリックすると、インポートが終了します。

カンタンですね!?
Amazonを騙った詐欺メールが届いたので、公開いたします。

こんな文章です↓

From: Amazon.co.jp <security@ttwait.com>
To: xxxx-xxxxx@axxxx.net.jp

件名:Amazon.co.jp にご登録のアカウント(名前、パスワード、その他個人情報)の確認...

本文:

Аmazon お客様

残念ながら、あなたのアカウント

Аmazon を更新できませんでした。
これは、カードが期限切れになったか。請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由で発生する可能性があります。

アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するため

Аmazon 情報を確認する必要・ェあります。今アカウントを確認できます。
*Аmazon ログイン *

*なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に遺憾ながら、アカウントをロックさせていただくことを警告いたします。*

パスワードを変更した覚えがない場合は、至急(03)-5757-5252までお電話ください。


お知らせ:

* パスワードは誰にも教えないでください。

* 個人情報と関係がなく、推測しにくいパスワードを作成してください。大文字と小文字、数字、および記号を必ず使用してください。

* オンラインアカウントごとに、異なるパスワードを使用してください。

どうぞよろしくお願いいたします。

Аmazon

******* ここまで ******

差出人は Amazon.co.jp ですが、よく調べると security@ttwait.com という
Amazonとは全く関係のなさそうなアドレスから送付されています。

ところどころ怪しい日本語も並んでいますが、これはよく出来た方です。

「至急(03)-5757-5252までお電話ください。」と、メール本文にありますが、
絶対に電話しないで下さいね。
久々の投稿になります。

Yahooブログが終了するので、アメブロに移行しました。

いや~今日も群馬は寒いですね。冬将軍 来るの、早過ぎ!!

さて、季節の話題はこの辺にしておき、本題に入ります。

最近多い問い合わせが、「Windows10のデスクトップアイコンが無くなった!」

というものです。

デスクトップにあったはずのアイコンがなくなり、代わりに「タイルアイコン?」のようなものがでているだけで、いつもの操作ができなくて困っている方が多数。

こんな状態↓


こうなってしまった原因は現場を見てないので不明ですが、直し方はあります。

画面右下の吹き出しのようなマークをクリック



「タブレットモード」が青くなっているはずなので、そこをクリックすると元に戻るはずです。


お試しあれ!
このブログを見ている人はほとんどがスマホ(ガラケー)をお使いの方でしょう。

ネットにつながるガラケーとスマホにはキャリア決済という仕組みがあり、これを悪用されてユーザーが損失を被る事件が発生しております。

そもそも、キャリア決済とは何でしょうか? 「積み重ねた実地の経験」で決済?

いえいえ、違います。ここでいうキャリアとは、3大通信会社のことです。

ドコモ・au・ソフトバンクのことですね。

それぞれの会社で「商品やサービスの代金を携帯電話の通信料金と合算して支払う」システムの事です。

キャリア決済=電話料金合算払い です。

スマホで、ネットshopの商品を購入した際、その支払いをスマホの支払いに合算できるということです。

クレジット払いとは違います。(携帯代金をクレジットで払う場合もありますが)


さて、本題はココからで、どんな詐欺が横行し始めているかというと、

まず、スマホあてにSMS(ショートメッセージサービス)がキャリアを装って届きます。

そのSMSには一例として
「お客様のキャリアが不正利用の可能性があります。
 
イメージ 1



というのが届くようです。
(上のリンクは間違ってもクリックしないでくださいね)

被害者は言われるがままにこういうリンクをクリックすると、「キャリアアカウント」のIDとパスワード、ネットワーク暗証番号を入力する偽の画面が出てきます。
指示通りに入力してしまうと、悪意のある者に情報が渡ってしまい、ネット通販サイトで多額の商品を購入されたり、銀行などのプリペイドカードに大金をチャージされたりします。

ネット通販サイトでは、受け取り場所にコンビニとか宅配BOXを指定できるので、まんまと悪意のある者に商品を奪われ、代金の請求だけがキャリアから届くわけです。

(いや、請求書を発行してない人は、自分で確認しない限り、気がつかずに勝手に引き落としされてしまいますが)

ここで問題なのが、キャリア決済詐欺にあった場合でも、キャリアは「お客さま以外の方がパスワード等を入力されて利用された場合はお客さま利用と判断する」とのこと。

そうです、キャリアは被害保証をしてくれないのです。(現時点では)

※ クレジットカードなどが不正利用された場合は、大抵はクレジットカード会社が保証してくれます。

こうなったら 現時点では警察に被害届を出すしかありません。

警察が犯人を逮捕し、検察の起訴・裁判を経て犯人を有罪にしてもらっても、残念ながらお金は戻ってこないので、加害者相手に民事裁判を起こし、
「不当利得返還請求」や「損害賠償請求」をして勝訴すると請求権が認められるので、ようやく法的にお金を取り戻す手段が整いますが、
加害者側がすでにお金を使ってしまった場合、請求権があっても被害金額が返ってくるとは限りません。

キャリア決済の名称は、ドコモが「d払い」、auが「auかんたん決済」、
ソフトバンクが「ソフトバンクまとめて支払い」です。

キャリアによっては、自分からキャリア決済利用を申し込んでいなくても、自動的に加入していることがあります。

詐欺に遭う前に、確認しておいた方がいいでしょう。

キャリア決済サービスを使う意思がない人は、キャリア決済サービスを無効にできます。

SMSはメールアドレスを知らなくても電話番号のみでメッセージを送れるます。電話番号をランダムに抽出すれば

スマホ(と、ネットにつながるガラケー)を持っている人すべてが詐欺グループの対象になります。
Microsoftは2019年5月21日に、「Windows 10」の大型アップデートである
「May 2019 Update」(バージョン1903)をリリースしました。

すべてのWindows10ユーザーに行きわたるには、数日~数ヶ月かかります。

今日(2019/7/1)、「この大型アップデートを実行したところ不具合が出たので、システムの復元を実行しようとしたら、システムの復元が無効になっていて、以前のバージョンに戻せない!」 という相談がありました。

※ システムの復元とは、Windowsや各種アプリケーションソフトを過去に自動作成された(または自分で作った)日時の状態に戻す機能です。
  (原則、ユーザーデータは現時点のまま残ります。)

実は、Windows10は、デフォルトでは「システムの復元」機能は無効になっています。

それを有効にしたとしても、年に2回やってくる大型アップデート後には再び無効になる仕様のようです。

ちなみに、システムの復元が無効にされると、過去の復元ポイントはすべて自動で削除されます。

なので、大型アップデートを実施する前に、Cドライブ全体のイメージバックアップをとっておくと、いざというときに役に立つでしょう。

2018年秋の大型アップデートでは、アップデート後にユーザーデータが消えるという大問題が発生しましたので。

なお、Windows 10 バージョン1903ではWindows Updateを最大35日停止する機能が搭載されました。

Windows 10 Proには以前から搭載されていたものですが、Windows 10 バージョン1903にバージョンアップすればWindows 10 Homeでも使えるようになります。
月に数回、インターネット回線の勧誘電話が自宅にかかってきます。

「毎月5,200円かかっているNTT東日本のインターネット代金を4,400円に下げることができるようになりました」みたいな感じで誘ってきます。

しかも、工事不要、設備もそのままでOKという内容です。

本当にお得なのか、調べてみました。

自宅のインターネット環境は、NTT東日本のフレッツ 光ネクストファミリー・ハイスピードタイプです。

基本料は毎月5,200円(税抜き)で、これにプロバイダ料が税抜き1,000円です。

勧誘電話では、この「基本料5,200円」が「4,400円になりますよ」 ということです。

たしかに、自分も毎月の基本料は5,200円です。

が、2年契約しているため、「にねん割」があり、毎月700円 割り引かれています。

すると、実質の支払いは 5,200-700=4,500円(+消費税)。

この電話勧誘業者とNTT東日本との違いは わずかに100円 です。

しかも、この業者の場合、3年契約です。

当然、更新月以外で解約した場合は、契約解除料金15,000円(不課税)がかかります。

NTT東日本で2年契約してる場合も、解約違約金がありますが、戸建て向けサービスの場合 9,500円です。


さらに、NTT東には、フレッツ光メンバーズクラブというサービスがあります。

これは、利用期間に応じてポイントがたまり、たまったポイントは基本料に充当可能です。

マンスリーポイントは1年目で毎月100ポイント、5年目になると毎月500ポイントもたまります。

すなわち、NTT東日本のフレッツ光を「にねん割」契約している人は、
1年目の実質基本料が4,400円ということになります。

これは勧誘業者の光サービス基本料4,400円と一致します。

ちなみに自宅では、5年以上契約しているので、毎月500ポイント付与されています。

手間はかかりますが、毎月500ポイントを基本料に充当すれば、にねん割と合わせると、NTT東のフレッツ光の実質基本料は4,000円(+消費税)です。

さらに、「にねん割」を更新すると、更新月(ご利用期間満了月の翌2ヵ月目)の翌月末までに1,000ポイントがもらえます。

勧誘してきた業者もNTT回線を使うので、フレッツ光メンバーズに加入できる可能性はありますが、そのことをメールで聞いたら明確な回答がありませんでした。

NTT東日本に聞いたところ、勧誘業者の光サービスは「フレッツ光」ではないので、メンバーズに加入することは不可能で、ログインできないため、過去にためたポイントも使えなくなるとのこと。

ということは、NTTのフレッツ光サービスなら受けられる2年目以降のポイント増加がないので、この業者に変えると損をするということです。

なので当面、自分はNTT東日本の光回線でいきます。

長く使えばお得ということです。


ドコモ光やソフトバンク光に転用した場合も、フレッツ光メンバーズには加入できません。(こちらはスマホや携帯電話と同時加入で割引があるので、損得は未検証)

今現在、自宅のネット回線がADSLのご家庭もあると思います。
まだ数年は大丈夫ですが、NTT東西の「フレッツ・ADSL」は、すでに2016年6月末で新規受付を終了し、サービスの提供も2023年1月末に終了することが発表されています。「Yahoo! BB ADSL」も2019年の2月末で新規受付を終了しました。

2019年5月29日、株式会社ヤマダ電機から

えぇ~!? まじっすか!?

自分もここの会員になってて、クレジットカード決済をしたことがあるんですけど・・・。

ヤマダウエブコムの使い勝手や品ぞろえは、Amazonとは比較になりませんが
(Amazonの方が上ですよ)、商品によってはAmazonよりも安いのがあったり、
2019年6月現在、ヤマダのWebショッピングで合計3,000円以上10,000円未満(税抜)の商品を注文して、リアル店舗で受け取った場合、UCギフト券500円分をもらえる「おみせde受け取りキャンペーン」をやってるので、たまに利用していました。
(合計10,000円(税抜)以上の場合はUCギフト券1,000円分)

ちなみに、ヤマダウエブコム・ヤマダモールで配送料無料になる条件は、
税別3,000円以上購入した場合です。


ヤマダ電機が運営する「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」が第三者による不正なアクセスを受け、クレジットカードの情報が最大37,832件流出した可能性があることが2019年4月16日に判明。流出した可能性のある情報は以下のとおり。
・クレジットカード番号
・有効期限
・セキュリティコード

個人情報流出の可能性がある顧客
2019年3月18日~2019年4月26日の期間中に「ヤマダウエブコム・ヤマダモール」において新規クレジットカード登録、及びクレジットカード登録の変更をした人、
最大37,832名。

本当にこれだけなのか、ちょっと心配です。


問い合わせ窓口は以下の通り。
≪株式会社 ヤマダ電機 お客様相談窓口≫
・受付時間:9:00~20:00 (土日祝含む)
・電話番号:フリーダイヤル 0120 - 335 - 537
・メールアドレス:customer.hotline@yamada-denki.jp