愛のツインソウル☆魂の片割れと出会うには?
ツインウルは書いている人によって用語や世界観がバラバラです。

僕のツインソウルはメール講座で基本的なことをお伝えしています。

まずは、メール講座を読んでみてくださいね。


☆無料メール講座『愛のツインソウル7日間講座』→ [ 登 録 ]

  • 17Jan
    • ツインソウルに出会う為には使命が必要なのか?

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。あなたは人生の使命を持っていますか?なんてね。ツインソウルのブログを読むと出てくる使命の話。ツインソウルと出会うのは、使命を実行するためだ。なんていう人が多くてね。僕は、使命は否定派です。使命なんてもの、いらなくない?が本音。その時々でやりたいことをやっているのが、ツインソウルと出会って、一緒に人生を歩んでいくために必要なこと。だと、思っているので。ただし。使命が大切だと、本気で思っている人を否定する訳じゃない。使命というものがあったほうが楽しく生きれるタイプの人がいる。そういう人が使命を持っていきるのが楽しいことだからね。楽しそうに使命だと言って、全国の神社とかパワースポットを廻って、どこからかのメッセージを受けていたりする。ただ、だからといって、「使命は必要です」と人に押し付けるのはどうかと思う。使命があったほうがいい人と。使命がないほうがいい人と。両方いるんだよね。本来、使命がないほうがいい人が、使命、使命と言っていると、運気が落ちちゃう気がするんだ。もうすこし使命に対して柔軟になってほしいな。ちなみに僕は、使命というものかどうか分からないけど。ひとつ、大きな目標は持っている。それが「奇跡を起こすこと」だったりする。まぁ、何が奇跡なのか、良く分かっていないんだけどね。たぶん、奇跡というものは大きく世の中を変えるきっかけになるもの。そう思うんだけど、良く分からない。そんなあやふやな使命でいいなら、僕も使命を持っているといえるんだけどね。「私はライトワーカーとして、愛の光を広げるのが使命です」なんて言う人とは、会話が成り立たなくなりそうだから、あんまり僕は使命、使命って言わない。使命に対しては「もっとゆるく考えない?」っていうのが僕のスタンスです。

      NEW!

      5
      テーマ:
  • 16Jan
    • ツインソウルと出会うために浄化が必要な訳

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。ツインソウルと出会う前にやるべきこと。それは、浄化です。これは、多くの人が言っていますね。色んな浄化法を教えていたりします。僕はというと、そんなに浄化を知っている訳でもないし、そんなに浄化している訳でもない。だけど、ツインソウルと出会うたるには、浄化が必要たってことは知っています。どうしてかって言うと。ツインソウルに出会えない人と、出会える人の違いが浄化にあるなと思っているから。浄化って人によって定義が違っていて。「魂についてしまった汚れを祓うこと」だったり。「思い込みを解放して本来の自分に戻ること」だったり。「生まれてきたときに持ってきた今世のシナリオに基づいて生きる道に戻ること」だったり。なんか、似ているようで違うようで。よく分からないっていうのが僕の本音。だけど、僕には僕の浄化の定義があるんだ。僕は浄化のことを「自由化」って呼んでいる。現実を生きることで、貯めてしまった常識って言う名の判断基準。そこからの「自由化」が浄化なんだ。やり方はいろいろあるけど。どれをやっても、自由化に向かっているならいいんじゃないかなと。だけど、時々、浄化しているって言っているけど、「不自由化」に向かってしまっている人がいる。本来の自分に戻るんだ、とか。自分を愛せるようになるんだ、とか。妙に修行的なことをしている。その世界の常識に基づいて行動している。それって、自由化ではなく、不自由化ではないかなと。浄化が逆行しているように見えてしょうがない。だから、浄化をすると、自由化に向かっているのかどうか。それをチェックしてもらいたいな。少なくても、僕が考えるツインソウルと出会える人は、分かりづらい高次元からのメッセージを受け取れる人だから。不自由な判断基準を持っていると、出会わない方向にいくと思うから。その上で、自分に合った浄化法を試してみてね。ちなみに僕が今、はまっている浄化法は、「玄米食」です。まぁ、身体の活力を上げる方法だけど、浄化でもあるって僕は思っています。活力があがると、やれることが増えて、より自由になる。だから、今の僕にとっての浄化法は「玄米食」です。まだまだ試している途中だけどね。

      12
      2
      テーマ:
  • 15Jan
    • 今日は火曜日、神託カフェ『エデン』の日。

      最近はツインソウル話でもりあがっています。ツインソウル診断も実施中。遊びに来てくださいね。☆ 神託カフェ『エデン』 ☆火曜日限定オープン、営業時間11:00~16:00地下鉄千代田線湯島駅4番出口 右隣のビル2階/住所 東京都文京区湯島3-35-6ドリンクALL500円(税込)~、占いは2000円~。

      4
      テーマ:
    • なぜツインソウルと出会うと「やりたいことがみつからない」が消えるのか?

      おはようさんです。愛のツインソウル、天野祐志です。ちょっと今日は別の話をしましょう。「やりたいこと」に関してです。僕が気になっている言葉に「やりたいこと」って言葉があるんです。僕はやりたいことほいろいろとやってきた人なんです。だから、時々、こんなことを聞いてみてます。「今、一番やりたいことはなんですか?」ツインソウルに出会うと色んな可能性が増えるんです。まず、体調が良くなって、若くなります。肌つやが良くなって、活力がみなぎってきます。できることが増えます。だから、ツインソウルに出会った人に「やりたいこと」を聞くのが好きだったりします。だけど。そこで壁にぶち当たります。「やりたいことがみつからないんです」この言葉です。僕はこの言葉を聞くと、なんか、もやっとします。別に、すごい目標を聞きたい訳じゃないです。ただ、やりたいこと、を聞いているだけです。何度もこの言葉にぶちあたって。気づいてしまいました。僕の「やりたいこと」の言葉と、あるタイプの人の「やりたいこと」って言葉が違うって。「やりたいことがみつからない」って人のやりたいことは。3つり条件が同時に成立することなんだって。1.自分に出来そうなこと2.今、やっていないこと3.みんなから評価されることやったことがないのに、出来そうに思えてみんなから評価されそうなこと。これだと、確かに見つけるの大変そう。僕の場合は、「やりたいこと」ってこんな条件らしいんです。1.自分にできるか分からないこと2.やったことがないこと3.みんなから評価されるかどうか分からないこと要はどうなるか分からないことが「やりたいこと」なんです。だから当然、うまくいくこともあれば、駄目なこともあるし、途中で変わってしまうこともある。それだけど、いつも「やりたいこと」がある。占い師になったときもそう。ツインソウルブログでスピリチュアルな話を書き始めたときもそう。小説を書いたときもそう。単に「やりたいこと」でしかなかった。まぁ、もちろん、やりきった、とはならないし。ツインソウルブログは一年放置状態だったし。でも、その時々の「やりたいこと」を思いっきりやっています。なんで、こんなことを言うのかっていうと。ツインソウルと出会うと「やりたいこと」が増えるんです。そして、ツインソウルと出会うときって、やりたいことをやっている時の可能性が高いんです。「やらなきゃいけないことがある」「やりたいことが見つからない」「これとかできないし」「時間がない。お金がない。経験がない」こんなことを言っているときは、魂のメッセージより、蓄えてきた常識が勝ってしまいます。うまくいくかどうか、そこを考えるのをやめて。自分のやりたいって気持ちを優先する。その先にツインソウルがいて、そして、絶対的な理解者を得て、よりパワフルになって。やりたいことをやっている人生を歩む。そんな人が増えてほしい。これが僕が今、ツインソウルブログを再開した理由なんだぁーと。毎日更新はこれからも続きます。よかったら、読んでくださいね。

      1
      テーマ:
  • 14Jan
    • スマホは安いのにしておこう。

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。ツインソウルに出会いたいと思うなら。スマホは安いのにしておくこと。だって、なくしたり、壊したりしちゃうから。僕は、ツインソウルに出会う一ヶ月前に、スマホを無くした。それも、新しいのを買って一週間後にまた無くした。1週間のうちに二回無くしたとき、さすがに自分を信じられなくなった。どういうことだよって。でも。ツインソウルに出会っている人は、みんな言うんだよね。スマホをなくしたり、壊したりしたって。僕のツインの彼女は、一緒に旅行したときに、トイレにドボンした。ズボンのポケットに入れておいたら、落ちたらしい。だいたい、いつもはスマホ、ポケットに入れたりしない人。バッグに入れてる。それなのに、そのときだけはポケットに入れていた。まぁ、たくさん写真撮っていたからなんだけど。それでも、ズボンのポケットなんかにいれたりしないのに。そのときだけ、入れてた。ツインソウルに出会う人って、それまでの人間関係が無意味になることが起きる。大切にしていた、友達の連絡先。全部なくしちゃう。だけど、それでいい、というのが、ツインソウルに出会った人たちの共通意見。スマホがないと繋がらない人は、それだけの人。どうでもいい。って思うようになる。僕はそのときから、lineは使わなくなった。めんどうだから。FACEBOOKのメッセンジャーは統一した。その方が便利だから。ツインソウルに出会う前後に、スマホは無くすか、壊れる。だから、高いスマホにしちゃ駄目だよ。やすいのにしておきましょう。

      5
      テーマ:
  • 13Jan
    • ツインソウルに出会った人が神社に興味ある人が多いのは?

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。神社、行っていますか?実は僕、最近、あまり神社に行っていません。年末のあたりに、赤坂の日枝神社に行って、初詣は近所の青龍神社。そのくらい。まぁ、4年前に比べると増えているんだけど、2年前に比べると本当に減っています。なぜ、減ってしまったのか、の話の前に。やたらと神社に行っていた頃。ツインソウルと出会う前、出会ってから一年間。この頃がすごく神社に行ってました。今から考えると、ツインソウルと出会う為。そして、ツインソウルとの関係を調整するために神社に行っていたみたいなんです。というのも、占いの師匠が教えてくれたこと。神社は三次元と高次元が共存する場所だってこと。神社にいると、魂からのメッセージが受け取りやすくなるんです。鳥居をくぐると境内に入り、そこは高次元に繋がっています。だから、メッセージが送り込まれやすくなるんです。僕がツインソウルと出会い、付き合い始めて、ツインソウル認証をした1ヶ月前。東京大神宮に参拝してしました。東京で縁結びというと、真っ先に出てくる神社ですよね。たった一ヶ月で効果が出てくる。とても、縁結び効果の高い神社です。だけど。女性が一杯いるから、男だとちょっとひるんでしまうもんなんですよ。あと。参拝している人を見ていると、どうなんだろう、と思うことがありまして。なんか、必至なんですよ。お賽銭箱の前で何か唱えているのか、一分くらいお祈りしている女性がいる。「ああいうの、どうなんでしょう」と疑問に思って、師匠に聞いてみたことがあるんです。すると。「あれは駄目。余裕がなさすぎるから」神社ってお願い事をする場所って認識があるかもしれないけど。どっちかというと、感謝を伝えに行くところっていうのが、スピリチュアル的には正解に近い気がする。必至になってお祈りしていると、余白がなくなってしまう。「なんとなく」を感じることができない。メッセージも届かない。そんな感じがするんだよね。ツインソウルと出会う前に、僕がやっていたのは、正直言うと暇つぶし。なんとなく、神社に行って、ぼーっとしていた。単になんとなく気持ちがいいから。たぶん、それがツインソウルとつながる神社の利用法として正しい感じがする。お願いするのが悪いとは言わない。だけど、必至にお祈りするのは違うと思う。それよりも、お賽銭入れて、二礼二拍手してちょっとお願いとか感謝とかして、一礼して。あとは境内でぼーっとしていよう。多くの神社は鎮守の森があって、気持ちよい気が流れているから。そこでぼーっとする。すると、なにか思いついたりするから。それを即実行、してみよう。すると、その先にツインソウルが待っているかもね。そういうものなんだ。神社は高次に繋がっている場所。魂に近い場所。そこにいるって、頭の中からっぽにしているのが、いいってこと。簡単だから、やってみようね。

      11
      テーマ:
  • 12Jan
    • 神社にいくとツインソウルに出会うって本当?

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。僕が空白期間を作って暇になって、神社巡りをした。その後起きたのが、一人目のスピリチュアルな人との再会でした。その人は、別のビジネス系の集まりで知り合って人です。僕の知り合いが仕合せコーチングっていうのをやっていて、その発想とか構築の手伝いをしていたとき、知り合った人。アキさんって人で、ワンネス的なスピリチュアルな話をよくしていました。実は、その仕合せコーチングの中にマインドブロックの考え方があって、僕のマインドブロックをあっさり見抜いた人です。そんな話を全然していないのに、いきなり言われて混乱してしまいました。「自分の意思で決める」のと「天使とあそんでいる」のと、どっちを選ぶ?そんなことを言われて、選べませんでした。まぁ、それが仕合せコーチングに関わるのを辞めるきっかけになってしまったんだけどね。ただ、アキさんのリーディングはどうも、見えるはずがないものが見えている。そんな強い印象が残ったんです。初めて、僕が認めてしまった、スピリチュアルな人ですね。もうひとり、いまして。その人は、スピリチュアルではなく、ビジネス系の人。今は営業コンサルをしていて、バリバリ売れる営業マンを作り上げている男だけど、その人がコンサルとして独立する前に、ドツボに入って頃があって。僕は空白期間で、彼も独立前の空白期間でした。相当落ち込んでいたら、気晴らしに神社巡りと花見を提案したら、のってきて。アキさんも誘って、アキさんの案内で神社めぐりをしました。人形町あたりの神社を歩いて巡ったんだけど、神社のパワーを感じたのは、この時が始めてだったかな。小網神社でアキさんが教えてくれたこと。「ほら、手をひらくと何か感じない?」たしかに、手がじわっと暖かく感じた気がしたんです。アキさんともうひとりは、銀座の路地の中にある、豊岩稲荷が一押しみたいけど、僕は小網神社がなんとなく好きでした。この日が2016年の3/31。この日は居酒屋で飲んで、次の日がエープリルフール、ということで、冗談イベントを立ち上げる話をしていました。この当たりになると、僕がもう神社に関わりができてきてしまっていますね。神社というものが、縁遠いものから、身近な存在に。どうして、僕が、この頃、神社に行くようになったのか。それは、僕の占いの師匠が教えてくれりました。

      11
      テーマ:
  • 11Jan
    • 高次元の影響って具体的にどんなこと?

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。昨日、高次元の影響の話を書いたんだけど。僕のブログを読んでいる知り合いに、こんな質問をされてしまいました。「高次元の影響って具体的にどんなこと?」確かに。高次元の影響が出るようになっている人からすると、「あれだよね」っていうのがだいたい分かるんです。だけど、そうじゃない人にとっては、よくわからないこと。空白期間の僕に起きたことで説明していきますね。僕に最初に起きたのは、神社でした。僕と神社の関係は、ほとんどないっていうのは本当のところ。うちの両親はあまり神社に興味がなくて、初詣もしていませんでした。だから、僕も初詣の習慣がなくて、神頼みもあまりしないから、神社に何年もいかないって状態が普通でした。30代の頃、夜遊びを覚えて、いつも飲んでいたから、飲んでいるお店のママさんが除夜の鐘を聞くと、近くの神社にお客さんと一緒に初詣に行くから、僕もついていっていた。そのくらいですかね。その後10年、神社に行かないってこともあったかも。そのくらい神社と縁がない生活をしていました。ところが、別居になってひとりでいるようになって。やることがない、散歩でもしよう。となったとき。「なんとなく」自転車で行ける範囲の神社巡りをしよう。と思っていました。高次元の影響って、こんな感じで、「なんとなく」ってことが多いんです。別に暇で、仕事をしたくないから、お金がかからないことしかできない。そういう条件はある。だけど、そこで神社に行く、なんてことを思ってしまったのは、「なんとなく」です。他にもやったのは、スーパー銭湯にいくとか、図書館にいくとか。そのあたりは元々、やっていたことだから、それほど不思議ではないんだけど、今、考えると「神社」は不自然なんです。「なんとなく」神社巡りでもしてみよう。そんなことを思いついているんです。怪しいですね。たぶん、高次元の影響なんでしょう。このときの神社巡りが僕がスピリチュアルに関わるきっかりのきっかけを作っています。そのあたりは、また、明日語りますね。

      8
      テーマ:
  • 10Jan
    • ツインソウルは高次元の影響が及ぶ

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。ツインソウルと出会う、一番大切なポイントを語りましょう。ツインソウルは高次元の影響が及ぶってこと。ただ、人によって高次元の影響を受けやすい人もいれば、ほとんど影響を受けない人もいます。僕らの場合で言えば、ツインの彼女が受けやすいタイプで、僕は受けづらいタイプです。高次元の影響を受けやすい人は、原因不明の体調不良がよくある人ですね。満月、新月とか、星の動きとか、周りの人の精神とか。そういうものに影響されてしまう。子供の頃に、よく熱を出していて、身体が弱いといわれていたかもしれません。僕はそんなことなくて、身体も心も強いほうで、仕事とかでつらい状況になると、僕より周りの人が先にうつになっていました。だから、僕は高次元からメッセージが来ても受け取るのが困難でした。それが変わったのが、別居から離婚に至る過程でした。それまで、結婚生活を維持しようとがんばっていたのが、結局駄目で。それが確定したとき、生き方が変わりました。「やりたくないことはするのはやめよう」仕事も、最低限に減らしてしまい、週に一日半しか働かなくなりました。その代わり、生活水準をとことんまで下げる。そんなことをチャレンジしていました。お金はないけど、時間がある。家にいても、ひとり。元々、ひとりでいることはそんなに辛いタイプじゃないんだけど。ずっとひとりというのは、さすかに寂しく感じていました。その時の僕がやっていたことは、散歩。お金を掛けずに楽しむ。それを実践することにしました。図書館に自転車で行ったり、公園でぼーっとしたり。家の近くの神社巡りをしたり。ツインソウルに出会ってから、見直すと「空白期間」だったと思います。なにかをしなきゃいけない状態。普通に社会生活をしていると、当然ながらやらないといけないことがあります。仕事もそうだし、生活上必要なこともある。いつも、「あれやらなきゃ、これやらなきゃ」と考えている。この状態だと、高次元のメッセージが飛んできてもスルーしてしまうことになってしまいます。ツインソウルに出会うために、行動のきっかけを送り込まれても、「それよりも」と別の選択をしてしまいます。「何もすることがない」そんな空白期間を持つと、高次元の影響を受けやすくなるんです。僕の場合は、空白期間で受け取ったのはスピリチュアルな方向へといくこと。それまで、インナーチャイルドがどうの、ハイヤーセルフがどうの、レイキがどうの、クリスタルボウルがどうの、と、スピリチュアルにはまっている人がちょこちょこいました。だけど、スピリチュアルってなんか、ほわっとしていて、良く分からないもの。そして、スピリチュアルにはまっていると人って、なんか変、って思ってました。別に否定はしないけど、自分には関係ないもの。そんな感じでした。ところが、空白期間でやることがない状態でいると、急に回りに濃いスピリチュアルな人たちが集まりだします。高次元の影響なんでしょうね。そういう人と関わりだしたことが、結果的にはツインソウルとの出会いに繋がったんです。こんな話をすると、スピリチュアルに関わることがツインソウルとの出会いに繋がる、って思う人がいるかもしれないけど、僕は違うと思っています。重要なのは、その前の「空白期間」です。そのときに、何をしたいと感じるか。どの方向にいきたくなるか。それがツインソウルと出会う前にやっておくことです。もしかしたら、スピリチュアルなことではなく、投資だったり、イベント参加だったりします。火とそれそれですね。たぶん、それまでやったことがないことの可能性が高いんです。僕みたいにスピリチュアルをしていなかった人はスピリチュアルかもしれません。逆にスピリチュアルなどっぷりはまっているなら、別のことかもしれません。何よりも「空白期間」を作ること。それが大切なんです。ツインソウルに出会いたいと思うなら「空白期間」ぜひ、作ってみてくださいね。

      11
      テーマ:
  • 09Jan
    • ツインソウルと出会うために必要なこと

      おはようございます。愛のツインソウル、天野祐志です。一昨年は、毎日、ツインソウルのブログを書いていました。でも、去年はほとんど書かないままでした。その理由は、小説を書いていたっていうのがひとつの理由なんです。一月からweb小説を読み始めて、はまってしまい、時間があれば小説を読んでいました。内容的には、ファンタジー異世界転生物です。三ヶ月で何百話って話の小説をいくつも読破して、だいぶ読み飽きてきたら、今度はこんなことを思ってしまいました。「もしかしたら、僕にも書けるかも」四月から毎日、小説をアップする生活になり、ほぼ、それだけに集中していました。そしたら、六月には出版オファーが来て、十一月末に本が出ました。「超強力な土魔法使いの実力。土建チートで巨大建造物を造って世界を変えてしまっています」著者名は、天野優志。このブログの名前は天野祐志で、紛らわしいんですが、占い師になったとき改名しているので、改名前のペンネームです。こんな長いタイトルなんですが、ちゃんと売れているみたいで、続編も出る流れになっています。さらに、もう一冊、別の小説も出ることが決まり、人気小説家になりつつあります。と。近況報告はこのくらいにして。小説の方が一段落したので、ツインソウルの話を又、書くことにしました。一昨年書いていたのとちょっとテーマが違って、ツインソウルに出会う方法として書いていきます。実は、昨日。神託カフェ『エデン』で、ひとり、ツインソウルに出会った人が着ました。その方、ずいぶん前に僕が占った人なんです。それも「ツインソウルに出会いたい」と言っていた人。僕の占いで示した時期に、出会いがあったそうです。「もしかしたら、これってメッセージかも」ツインソウルブログも再開したいな、と思いつつ。何を書いたらいいのか、分からないまま、ずっと書いてなかったんです。「まだツインソウルに出会っていない人向けに書く」これかな、と。僕はツインソウルに出会って、精神的に自由になっています。小説家になる! とか ライティング指導をする! とか。100億円以上お金がうごくビジネスを興す! とか。いろんなことをしていて、毎日楽しく過ごしています。僕の周りにも何人かツインソウルに出会った人がいて、やっぱり、精神的に自由になっています。人生、楽しくなるんですよ。元気になるし、活動的になるし。もっとツインソウルに出会う人を増やす。それはきっと求められていることなんじゃないかなと。で。明日から、ツインソウルに出会う方法を書いていきます。よかったら、お付き合いしてくださいね。

      10
      2
      テーマ:
topbanner

プロフィール

天使の占い師 天野祐志(本名 沼田裕)

誕生日:
1963年9月7日
血液型:
B型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
本名 沼田裕 (ぬまた・やすし) 天野プランニングプロダクション株式会社 代表取締役。 占い師...

続きを見る >

フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス