ホメオパシービューティー∞ Homoeopathy Inner&Outer Beauty

ホメオパシービューティー∞ Homoeopathy Inner&Outer Beauty

KANAZAWA HOMOEOPATHY

∞ 順勢療法美女魔麗蓮 ホメオパシービューティー もりりん

株式会社ホメオパシーセンター石川金沢 公式サイトはこちら
ホメオパシー通信相談のお申込みは こちら
ホメオパシー書籍・化粧品5%off/3,000円~送料無料 弊社通販サイトはこちら


ホメオパシー相談会(1時間) 大人8800円/小6以下6600円

毎月相談会を受けている方のアフタフォロー有、無料相談は受け付けていません

彼氏がクチャラーだったから別れました。

正確に言うと、クチャラーがマナー違反や躾が悪い話をしたら逆ギレされて直そうとしないから、この先結婚も考えられない、という事からです。

あちらからしたら神経質で口うるさいという感じでした。

まだモヤモヤしますが、これだけクチャラーが世間的に嫌われているのに直さないのは、わがままだからですよね?

男尊女卑も関係あるかも知れません。



C様のお話です。

私のブログにたまに出てくる食べ方が合わないと付き合わないという話題が気になっていたそうです。


躾をされていたとしても聞く耳を持たないとか、他人がどう思うか気にしない自閉タイプなのかも知れませんね。

すぐに逆ギレするなら水銀病の可能性も考えられます。


神経質が過ぎる、音に敏感すぎるなら体内のシリカが過剰ですから、シリカを補うのではなくホメオパシーのシリカをとり中和してください。
  

クチャラー、指チュパ、肘をテーブルに乗せる、左手をテーブルのしたに置く、箸を舐める、などはマナー違反ですね。

上品そうに見えても、左手を手皿にして食べる(私より上の年代に見られますがマナー違反)とか、粋ぶってすすりながら蕎麦を食べる、も私には我慢できず気持ち悪く感じます。

食べ方は生理的に合うか合わないかの決め手になるでしょうから、躾が、神経質が、と議論しないで離れるのが一番よいと思います。



何となくですが、おじさんが凄く年下の女性と付き合える幻想を抱き、嫌われているのに執念くして迷惑をかけるのとイメージが被ります。

断ったり指摘したら逆ギレ。

女性をジロジロ品定めするように見るのは失礼だからやめて下さいと伝えても、発作だからやめられない。

死刑罪くらいになれば必死にやめるかも知れませんが。

コミュ障で好かれてないのに好かれていると勘違いするのは年齢は関係ないので、35過ぎおじさんでなくても、若者世代にもある話ですが。

現実を見たくない・自分は他の人と違って大丈夫という自己愛による過度な自信も、脳に偏りがあるからだと思います。

日本には水銀病が広がっていますから、意外に自閉タイプの方が多いのではないかと私は見ています。


今日はパーソナルトレーニングデイ。


夏になったので体調が良くなり、今日は痛みがあまりなく軽々とトレーニングができました。

毎日ほぐしにほぐしているお尻が柔らかくなってきたのもあり、かなり楽な日でした。



まだまだ苦手な腹筋を頑張りました。

お尻は強くてガチガチなのをほぐさなくてはいけませんが、腹筋はもっと強くしなければいけません。


中年になると重力に負けて上から押さえられて横に広がりやすいのを、トレーニングでは上に伸ばす動きをします。

特に女性は前屈みで前側の筋肉を使いやすく、男性はお尻や背中などの後側の筋肉を使いやすいという特性があります。

どこを強化して、どこを伸ばすかも、普段使う筋肉を見ながら行います。


最近は食事はタンパク質メインにしているため、少しだけ痩せたみたいです。

食べないのではなく何を食べるかがボディメイクを目的としたダイエットには大事なようです。

ただ体重を落としたいだけなら食べないで寝ていれば痩せますが、筋肉や骨の質が下がるのでおすすめしません。

胸とお尻を残してウエストだけ痩せるメニューを組んでいます。


中年以降は食べないダイエットではなく、体がたるまない食べ方と動きを学んで身につけたいですね。