今、とてつもなく落ち込んでます。
そりゃもう…地下へのエレベーターで一気にB6くらいまで。

6年生最初の模試…。
見たこともない偏差値…。
4科全てで急落( ̄_ ̄;)

な、なにが起こったのだろう…?

過去最低偏差値を5ポイントも下回り、最低値更新。

2つ下のクラスの平均点を辛うじて超えたくらいの点数。
なんなら、
プラのクラスの平均点を下げた犯人はコイツ(=プラ)です!くらいの…。

ガックリ 

全教科で、クラスでぶっちぎりの最下位の座席、確定です…

パソコンで成績を見たとき、あまりの衝撃に、「ひいっ!ゲッソリ」と言っちゃいました。

ちなみに、プラ本人も「えっ?!」と言ってます。
ということは、そこまでひどいという自覚なし?
余計にマズイ。

思わず、本棚にあった「小6になってグンと伸びる子、ガクンと落ちる子」という本を開き、
あからさまに動揺するワタシ。

きっとね…Mクラスになって浮かれてたんでしょう。
受験が終わった6年生のお友達とともに、自分も終わったような気になっていたんでしょう…。

プラの場合、時間が足りなくて、いつも、最後の方の問題に手がつけられていない。
あとは…なんだろう?

パパさん 「1回の結果で動揺しないの」
ワタシ 「… いや、2回続いたら大問題でしょうむかっ

怒りにも似た絶望に近い感情を、プラにぶつけたところで、なんの問題解決にもならない…
と、自分に言い聞かせ、
プラのお弁当にお手紙を入れました。

「ピンチ!それはチャンスだ!本番じゃなくてラッキードキドキ

くーっ。
松岡修三か!と自分にツッこむ。

でも、嫌々やるテスト直しより、やるぞ!と思って取り組むテスト直しの方が効果的に決まっている。
まあ…
「そもそも論」として、
この状況下で「よし、やるぞ!」なんて前向きになれるような子供なら、
もっと勉強ができているような気がしないでもないけれど…。

1年後に、「そんなこともあったね」「あのときは焦ったね」って笑えますように…(祈)

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2021年度(本人・親)へ にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ