Woolen Dayz

Woolen Dayz

パラッパさんの佳き日々だったりなかったり、
ぼちぼちしたためていきます。

NEW !
テーマ:

同じ人間が当たり前と信じている行為を

それぞれに眺めた時に
それを比べて違いによって分けてしまって

そこに「正否」「善悪」などのラベルを付ける。
これって脳の機能らしいですよね。

比較して危険か危険でないかを判断する。

肉体を守る機能。
常に無意識にやっている分類と比較。

それに善悪はないんだけど
色んな経験値(過去の記憶)から

「正否」「善悪」を貼り付けると揉め事が生じてくる。
でも他者を否定している時の「自分のポジション」って

よく見てみると案外に曖昧だったりする。
だってたかだか個人の経験値からの判断。

どんなに専門書を読んだり有識者から学んだといっても

それを解釈するのが個人の経験値からではやっぱり心許ない。
否定の否定は肯定だけれど鵜呑みにするのとは価値が違う。

 

「ちょうどいい」領域が狭くなって、窒息していく

 

残るのは同調圧力と忖度・・・・

コワイ。

~しなきゃ、

みんなが~だから、

溢れるムラ気質。

なのに、カタチだけ

多様化が~、個が~つって、

ココロが追いついてないじゃんね。

以上、チラシの裏のメモでした。

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス