もうすぐ2018年も終わり。
色々ありましたが、特に今年は台風被害がすごかったですね…。
どんなに自然の前では人間は無力であることを実感しました。

もしもの時、道具がいらず自分や家族の心と身体を守れるものがあったら?
ブレインジムはこれまでロシアの列車事故、スマトラ沖地震、東日本大震災や熊本地震など様々な災害のケアに使われてきました。
子どもからご年配の方まで、すぐに覚えて使えるエクササイズをご紹介する体験会を12/2に開催します。


今でこそこんな仕事をしていますが、子どものころ、小学校が大嫌いでした。

担任も、クラスメイトも、何もかも嫌い。

不登校にはなりませんでしたが、何かと理由をつけては休んでいました。

塾通いをしていたので、そこでの友達といる時が唯一楽しかったです。

中学受験して、私学に行ったことでやっと自分の居場所ができました。

 

それから〇年経ちまして。

地域の学校以外に勉強できるところもたくさん増えました。

家にいても、オンラインで勉強できる時代。

 

だから

「学校に行くくらいなら…」

と思っているあなた。

 

あなたの居場所は必ずほかにあるから。

自分に嘘をつき続けて、痛めつけなくてもいい。

今の場所から距離を置くことも立派な選択。

 

そして、そんなお子さんを持っている保護者の方。

お子さんの選択を肯定してあげてください。

必ず良い方向に道は続いていますから。

8月もあっという間に終わろうとしています。

夏休みが終わった学校もあれば、9月からという所もありますね。

今週末は最後の夏の思い出作りになるかな?

 

さて、あなたは一日何回

「片づけなさーーーーーい!」

って言っていますか?

子どもだけでなく、大人に言っている人もいるかもしれませんね(^_^;)

 

こっちから言う前にやってくれればいいのに、って思うかもしれませんが。

片付けができない人は、いくら片づけてって言っても無駄です(笑)

これは怠けているからできないのではなくて、脳機能によるものです。

その人が足りないところは補ってあげるように環境を整えてあげるのが◎。

 

片付けができない子には

「なんでもポイポイ箱」を用意してあげましょう!

買い物かごや、程度によっては100均で売っているようなかごでも良いかもしれません。

 

約束することは2つ。

 

①そのへんに置いてしまいそうなものはなんでもポイポイ箱にまず入れる!

②毎日時間を決めて、なんでもポイポイ箱に入っているものを元の場所に戻す!

 

②はおうちの方がついて、元に戻すやり方を教えてあげてください。

最初のころにしっかり教えてほめてあげるのがポイント。

慣れてきたら、お子さんが1人でできそうなをまず1か所、1人でさせます。

1人でできたことも思いっきりほめてあげてください。

それも慣れてきたら、また別な場所を増やします。

最終的には何でもポイポイ箱に入っている物を自分で元に戻せるようになったらOK!

決して焦らず、様子を見ながらやってあげてくださいね。

 

そしてこの機会に、おうちの中は物の住所が決まっているか確認しましょう!

住所が決まっていなかったら、お子さんも元に戻せませんからね。

忘れてしまいそうであれば、ラベルを貼ってあげてください。

きっとほかのご家族も助かりますよ!

 

子どもの行動には必ず理由があります。

日常の中で「こんな行動をして困る…」というお悩みがあれば、ぜひコメント欄へお願いします☆

優先すべきは?

テーマ:
学力テストの順位が公表されました。
夏休み中に何か対策しろ〜ってことなんですけど。

机上での勉強をする前に、積み上げなければいけない「学習」がたくさんあります。
この場合の「学習」は、文字が読めたりとか数字がわかるというものではなく、姿勢や目の動きなどを指しています。
勉強のつまずきは、神経系の未発達によって「学習」が妨げられていたからかもしれない。
あるいは、その子の生まれ持った特性によるものかもしれない。

学力テスト対策よりも、まずは子どもたちが「学習」できる環境にあるかどうかを振り返るべきだと思うのですが。

子どもの行動には理由がある。

歌原香菜です。

教員採用試験の真っ最中ですね。

「子どもたちのために働きたい!」という方がベストを尽くせますように。

 

というわけで、突然ですが!オンライン朝活をしようと思います。

参加条件は「正規教員になりたい学生さん、講師さん」であればどなたでも。

教採の勉強をそれぞれするでも良いですし、お互いにエントリーシートの相談でも結構です。

 

7/28(土)8:00~9:00くらい

zoomで行いますので、開始までに設定をお願いします。

 

お申込みはこちら

歌原香菜です。

今年も教員採用試験の時期がやってきました!

受験される皆さんは、そろそろ追い込みですね。

私が受けた○年前…

筆記や実技の勉強はもちろんやっていました。

でも、そこでの差ってほとんど出ないんですよね。

何に力を入れたかって。

人物対策(面接)です。

どれだけ筆記で良い点取ったところで、一気に落とされますから。

しかも、実際の受け答え以前に

ほぼ合否は決まっています。

なぜか?

エントリーシート(面接個票)があるからです。

面接の最大のカギは

いかに自分がしてほしい質問を面接官にしてもらえるか。

エントリーシート(面接個票)の書き方一つで合否が変わると言っても過言ではないです。

どうやったらそんな書き方ができるのかは

また別回に。

感情の青痣

おはようございます。
新年度始まりまして、例年通り盆と正月とクリスマスとハロウィンが一緒に来たくらいの忙しさです。
でもね、今までと心理的な負担が全然違う!!!
多分自分の中でしがみついていたものを手放したから。
「手放したから入ってくる」のセオリーは本当です。
空いたところに、私にとって本当に必要なものが入って来ている感じです。



さて、タイトルにした「感情の青痣」
これは先日受けたIH(インテグレート・ヒーリング)の調整の一つでした。
知らず知らずの間についてしまった、感情の青痣を癒していくもの。
これまで色々溜まっていた分、根が深くて(^_^;)
調整もめっちゃ出てきました(笑)



私、ずっと変わりたかったんです。
大好きだったもののはずなのに、ある時突然手放してしまう。
なんで自分はこんなんなんだろう、って。
全ては、自分が中も外も光り輝ける場所を探していたんです。
かつての私みたいに。



私の中と外が分裂したきっかけは3.11でした。
それまでも感受性が強かったのに、あらゆるネガティブなエネルギーを受けてしまうようになって。
それを聞いて、特定の誰かのせいではなかったことに、正直ホッとしました。


今までは「場所」を探し続けていました。
でも調整を終えた時、
どんな場所であっても、私そのものが光り輝くことはできる。
と確信したんです。



きっと、これからの人生で「場所」が変わっていくことはたくさんあると思うけど。
私の中と外がいつも一つの光でいられるように。



この春、環境が変わった方も。
あなたそのものが、光として存在されますように。

ピンチはチャンス

テーマ:
新年度になりました。

周りでも、新たな一歩を歩まれている方がたくさんいます。

ご自分のペースで、道を切り開いて行かれますように。



さて、この2〜3日ほどで今までのしがらみとか、思考パターンから一気に解放される出来事がありました。

でも同時に新たなピンチも起こっています。

ちょうど昨日、いい言葉を聞きました。

ピンチはチャンス

チャンスなんです。

モヤモヤしていたことを解消するきっかけになるかもしれない。

そして、一人だけじゃなくてみんなの幸せに繋がるかもしれない。

突然動いてきた

テーマ:
詳しくは言えないのですが…

ずーーーっと「イヤだ!!!」と思っていたことがこの2〜3日で変わり始めました。

同じ方向を向くと、突然敵が味方になるというか。

先日受けたIHの調整で出てきたカード。

ネガティブなエネルギーは天使が受け止めてくれる。

外も中も一つになった、光として生きていけそうな気がする。

あの頃みたいに。