自分のことが一番分からない

テーマ:


自分の事を果たしてどこまで

理解できているだろうか?


自分には、

どんな才能や経験、スキル、

人脈、知識や情熱などがあるか、

客観的に見られるだろうか?


自分なんて

大した才能や経験、スキルはない。

人脈や知識も人に誇れる程のものはない。


でも、

情熱だけは誰にも負けない!


と言っている男がいた。



この男は、

ちょっと前までの僕自身だ。


・・・


・・・



もう一度聞く。


自分のことをどれくらい

理解できているか?


自分のことは自分が一番

知ってると言い切れるのか?




正直言って

僕は今でもこの質問には

中々YESと言えない。


他人のことは凄く良く見えるのに

自分のこととなると難しい。



まあ、

逆に他人のことは分からないけど

自分のことだけは全て知ってる


と言う人は

僕は信用してないけどね



僕は、

自分のことを探求し続けている人は

とても魅力的だと思う。


もちろん、

自分の力量をわきまえていることも

時には大切だけど


分かったつもりになって

卑屈になったり

反対に自意識過剰になるのはゴメンだ。



今の自分でも素晴らしい!


でももっともっと

自分でも気づいてない価値が

いっぱいあることを知ってほしい。


それが「自信」になる。


決して「過信」ではなく

あくまでも自信だ。



そのためには

自分自身のことを探求し続けること。


つまり

成長し続けると言うことだと思う。



自分のことは自分が一番分からない。

だからこそ探すのだ。



あなたは

自分のことをどのくらい

理解してますか?