お弁当

テーマ:

大変ご無沙汰しております!

 

先日、とても嬉しい事があったので、自分の思い出日記の一部として記載します。

 

私共は、直営店・販売店への卸・ホテルやレストラン・病院などの業務用パンの製造販売・湘南地域82校の小中学校の給食パン・米飯の製造をしているパン屋です。

平成15年藤沢市教育委員会より、「中学校ではお弁当持参する事になっているが、弁当を持ってこれない事で”いじめ”がある・・・。その中には、朝コンビニで買弁せざる負えない生徒であったり、嫌われたくない為にわざわざコンビニ弁当を自分の弁当箱に詰めたり・・・。中学校給食を計画しているが、まだまだ予算が経たない・・・なんとか協力してもらえないか」の内容の相談をうえけました。

給食の設備があるので炊飯の供給はカバーできるが、当日朝に注文を受け、金銭の確認をして釣りなどを用意、昼に学校へ届け直接生徒に引き渡す、更に午後には弁当箱の回収をする、非常に不効率な作業でしたが、当社に勤務していたパート従業員からの強い意気込みと、地元で育てて頂いた恩返しのつもりで平成15年10月よりお弁当の製造を引き受けた経緯があります。

 

地元の高倉中学校・長後中学校・湘南台中学校の3校、多いい時は300食以上の注文を受けたいましたが、徐々に中学校給食の手配が藤沢市でも整い、教育委員会の栄養士が考えた献立を弁当会社へ委託する製造が数年前から始まり、いよいよ今年10月6日の長後中学校への納品で、私たちが作る中学校弁当の最期を迎えました。

最終日には、生徒代表と校長先生が会社まで来て頂いて、大変嬉しいプレゼントを頂きました。

 

 

14年間、私たちは弁当を注文する子どもが羨まれるような弁当作りをしてきました。注文の数が、他の学校より多いとお話しを頂いていた事から、少しは地元の子どもたちの役に立てたのかな~と感じています。

 

この地元への思いは長後地域だけに留まらず、湘南藤沢への思いに拡大中です!

 

ありがとう!

大変ご無沙汰をしておりますm(_ _)m

最近、ネットやニュースで大変お騒がせしてすみませんm(_ _)m
10月21日に発売して、次の日には30.000ツイートした(パン・パイナッポー・アッポーパン』

まさかこんなに評判になり、地元長後の人のみならず、藤沢に住む人からも喜んで頂くなんて、凄く幸せな気持ちです。
先日の催事では、わざわざ遠方からご家族でお越しになり、『昔住んでいた長後が、こんなに有名になって涙が出るほど嬉しく家族を連れて、懐かしいパンを買いに来た!』と温かいお言葉を頂きました。

私が後を継ぐ為に戻ったのが30年前。その頃は、今まで順調だった給食パンの回数が激減しはじめ、大幅な営業方針の変更と製造体制の改革を急がなければならない時でした。その後、近隣の農地が減るのを感じ、湘南藤沢小麦の栽培を始め10年。みんな長い時間を掛けて改革してきましたが、なんと一夜にして、全国的に名前が知れるようになるなんて、ネットって怖いですね〜

でも、お客様が喜んでいただけるなら、これもアリかな〜なんて感じてます。

年末に向け、もう少し催事があります。

藤沢以外のお客様にも、喜んでいただけるなら朝が早くても頑張りますよ!
これからも、地道にしっかり美味しさを追求していきます!

皆様、急に寒くなってきています。風邪などお召しにならぬよう、お気を付けください!



{3EDA0588-3BAD-4027-AE8A-48E038D1B427}

{319EB013-92EB-4F31-A98F-38C48267F69A}

{5A7F9D04-7963-4734-8158-A10FCE8AC0DA}