パナショップ北名古屋のブログ

パナショップ北名古屋のブログ

日々の仕事や出来事を書いていきます。


北名古屋市や近隣の地域で

    家電のことなら当店におまか

   バナー


エアコンの取り替えの依頼を受けまして、下見をしてきました。
今回のお客様は、ここ5年くらいのお付き合いになります。
当店と知り合う前に購入されたエアコンの専用回路が ↓
こんな感じで、電線むき出しの箇所があり…。
 
これはさすがに何かあったら怖いので、やり直そうと分電盤を見に行くと、
上側左から2番目に『 LDエアコン 』の文字があり、その回路かと思ったら
そこではなく、赤丸の右側の何も書いていないところから配線してありました。
ちなみに左側の赤丸が、LDエアコンの配線だと思われます。
 
ということで、LDエアコンのコンセントを探すと、エアコンのそれなりに近い場所にありました…。
とりあえず、専用回路でない可能性があり怖いので、周辺のコンセントやら電気を総チェックしました。
その結果、無事に専用だったので、そのままそのコンセントを交換しました。
(電線はちゃんと2.0mm)
しかし、外からわざわざ引っ張ってきた電線は、何だったんでしょう??
不思議です。
正直上手な工事をされていないし、もしかしてですが、単価アップのための工事だとしたら哀しいですね。
 
ということで、新しいエアコンの取り付け。いつものXSシリーズになります。
左側に200Vのコンセントだと、確かにエアコン本体の電源の配線が短くなり、コンセントまで届かない時があります。
しかし、どうみても楽勝で届く距離だったので、このコンセントを見逃したとは思えません。
 
そして、本体を取り付けるにあたり、アンカーも前回よりかなり多めに入れております。
3発→7発+下地に。重たい室内機なのでより安全に。
 
スッキリしたよ。またしっかり取り付けてくれたので安心できるよ。
と言っていただけました。
 
この5年で、冷蔵庫やテレビは購入していただいておりますが、エアコンは初めてでした。
お家の家電品が当店の商品ばかりになっていくのは、本当にありがたいことです。
感謝しかありません。
今後ともよろしくお願いいたします!
 

 

今回は分譲マンションの中間ダクトファンの交換です。

 

既設のファンの音は、25年経っている割にそれほど気にはならない感じです。

しかし、ダクトに埃がつまっているのか振動音が結構して、そちらがうるさい状態です。

どんな状態か、お風呂の点検口から観察してみたら…

旭電業の【STF-20MD5】

強弱ありの薄い中間ダクトファンです。

天井につきそうな位置についております。

3部屋用で、お風呂、洗面、トイレと換気しますが、スパイラルダクトできれいに工事されていました。

ただ、ドレンホースがつながっていない…。

反対側だし、せっかくのきれいな工事が台無しですね。

 

当然ですが、全部ボルト吊り。

スパイラルダクトと中間ダクトファンが完全に直結しています。

そのせいで、振動がモロに躯体に伝わり、それで振動音が出る感じでしょうか。

 

という状況から、さあ交換です!

 

新機種は、三菱の既設と同量の風量の出る【V-18ZMPC6】

この機種は、2点でのボルト吊りなので、施工性が良いです。

また、24時間換気対応で静かです。(弱で24db)

消費電力も全く違って、かなりの電気代節約になります。

 

まずはダクトを切断します。

この奥側のダクトの取り外しに30分かかりました…。

本体とスパイラルダクトの固定にドリルビスが使ってあるのは、手前を外すときに分かっていたんですが…。

斜め下側でしたが、下側寄りなのでドライバーが入らず…。

横にしといてよ~って独り言を言いながら、小さいドライバーで少しずつ外しました。

かなり疲れましたね。このビス一つのせいで撤去に時間がかかりました。

 

ダクトの中を掃除しました。

一番大事な埃ありの状態を画像におさめていなくて…。

かなりの埃でした。そりゃ音も出るわという状態でした。

 

ここからアルミのジャバラダクトを取り付けしますが、給気側は100なのに排気側が125という…。

新しい三菱は全部100と工事前に分かっていたので、異径ニップルを探したらネットにあったので買っておきました。

作ってくれている会社さんに感謝です。ホームセンターを走っても売ってなかったです。

 

そして、天井高の狭さが本当に作業しづらかったです。

290mmしかなく、本体の高さが220mmなので、隙間が70mmしかないです。

その隙間に手を入れて奥側のボルトを締めます。

きつかったです…。

異径ニップルから本体への取り付け。

トイレと浴室側は、すべてアルミダクトに交換しました。

ダクト内の汚れがひどく、アルミジャバラ1本で間に合う距離だったのでそうしました。

 

本体の取り付けはどうしたかというと、

天井高が300mmもなく、アンカーを打つにも工具が入らず。

音を出すと上階や横の方に迷惑がかかるので、ダクターチャンネルで吊り位置調整。

在庫のある穴あきのレースウェイかダクターチャンネルを使いたかったのですが、高さがシビア。

ということで、D15のダクターを使いました。名前の通り15mmの高さで一番低いです。

 

ドレンホースも取り付けしました。

勾配もきちんと取れていると思います。

すべての部屋の排気グリルを交換しましたが、浴室はこんな感じでドレンホース口がとれます。

カバーをすると隠れて目立たないです。

こんな感じで、見た目も良くなりました。

 

見た目は一緒ですが、トイレと洗面です。

この2か所には、専用のフィルターを取り付けしました。

ダクトの中が汚れるのを防ぐ意味もあります。

 

廃棄するダクトたち。

トイレ側のダクトの汚れは酷かったです。

大げさに言えば、穴の半分くらい埃で埋まっていました…。

 

アルミジャバラで振動も干渉できて、振動音も軽減すると思います。

取り付け後の音もかなり静かになり、大変満足していただけました。

 

今回、中間ダクトファンの交換にあたり、かなりネットで調べて勉強しました。

当店も換気扇の交換はかなりしている方だと思いますが、色々な業者様の交換例は参考になりました。

中間ダクトファンはあまり経験がなかったので、本当にありがたかったです!

おかげで事前準備も万全だったので、良い工事が出来たと思います。

 

 

コロナウイルスや戦争の影響で、モノはなくなるし値段も上がっております。

特に、家電は何が売れるのってくらいモノがありません。

こんなに何もなくなるのは、経験がありません。

あるものでしのいでいくしかないですね…。

 

住宅用の火災報知器も、もろに影響を受けている商品です。

製造していたところが火災にあったことも影響し、メーカーが製造を長い間停止しておりました。

 

最近、やっと出回ってきたので、取り付けをしてきました。

元々付いていたのは埋め込み型の【SH18517K】

埋め込み型で100Vタイプで電池交換がいらないです。

スッキリしていて、素晴らしい商品でした。

ただ、後継機がなく、もう同じような商品がありませんでした…。

 

メーカーに聞いてみたら、埋め込みのあとに専用アダプタを付けて、露出型を付けて欲しいとの事。

型番を教えてもらい、取り付けしました。

アダプタを付けた状態です。

こんな感じの見た目になりました。

新しい機種はけむり子器【SHK42422】を3台。

ワイヤレスタイプです。

あとは、けむり子器の親機【SHK42712】を壁面に、ねつ子器【SHK42128】を1台台所に。

すべてワイヤレスで連動です。

今までは有線で連動でした。

 

ちなみに壁面もアダプタがありました。

こんな感じでアダプタをつけました。

さすがに専用アダプタなので、キレイに隠せました。

無駄に全部屋に報知器があったので、使っていない部屋はめくらをつけました。

 

火災報知器は去年からずっと在庫がなかったので、これからは安定的に供給があることを願っております。