自動車を運転する方にはおなじみの保険だと思いますが、まず、自動車保険には自賠責保険と任意保険があります。

 

自賠責保険は強制加入となっている対人賠償の保険です。交通事故の被害者を救済することが目的で、法律で加入が義務付けられています。ところが補償内容には限度があり、傷害に対する補償は120万円まで、死亡補償も3,000万円までとなっていて、損害賠償責任を十分に果たせるものではありません。また対物賠償は補償されません。

 

死亡事故を起こしてしまったら、何億円もの賠償が命じられる判例が多数あります。

そこで、自動車を運転する場合には必須加入と推奨されているのが任意保険です。

任意保険は、主に対人賠償補償・対物賠償補償・傷害補償・車両補償の4種類の補償で構成されています。必要性に応じて加入する補償は選択できます。

 

任意保険で、まずもって保険で備えるべき大きなリスクに対応するのが、対人賠償補償と対物賠償補償です。十分な資力があって保険の必要性はないという方は、そうはいないでしょう。

また任意保険では、事故の相手方と保険会社が示談交渉してくれますので、加入していなければ法律的な交渉を自分でしなければならなくなります。

 

対人賠償・対物賠償とも補償金額は『無制限』での加入がお勧めです。補償金額を上限1,000万円として契約した場合で、もしも1,000万円を超える損害が発生した場合には、保険会社に示談交渉してもらえなくなります。さらに補償金額に限度をつけても保険料はあまり安くならない仕組みとなっているので、賠償補償金額は『無制限』で加入しておくことがベストとなります。

 

保険会社によって大きな補償の違いはありませんが、細かいところに違いがあります。

例えば・・・

・対人賠償に特約で、相手方が歩行者や自転車搭乗中の交通弱者の場合に、相手の過失部分まで補償する保険会社があります。

・対物賠償につけられる対物超過修理費特約は自動付帯としている保険会社と任意付帯の保険会社があります。

・対人賠償の補償では、相手が入院したり無くなってしまった場合に、見舞金や香典代などの費用が補償される保険会社と補償されない保険会社があります。

 

※補償内容は具体的には保険会社や代理店に十分確認してください。

 

事故や災害に遭遇したり、病気で仕事ができなくなったり、様々なリスクにどのように備えているでしょうか?

 

そのような時のために保険や貯蓄で備えるのが一般的ですが、できる限りリスクを回避することや予防することも重要な対策の一つです。

 

リスクを回避することには、限界があります。

例えば、外出したら交通事故に遭遇するかもしれないから、外出はしないという選択は通常できません。

でも、自動車を運転しないという選択はできる人もいると思います。また、マイホームを所有するか賃貸住宅に住むかという議論がありますが、賃貸住宅に住むことを選択するとマイホームのリスクは回避できます。

リスクを回避できるかどうかは、その人の環境や考え方によって様々です。

 

リスクを予防することは、リスクを無くすことにはなりませんが、リスクの発生(遭遇)を抑えることができます。

例えば、自動車を購入する場合にセキュリティー装置や安全装置の充実した車種を選択することや、マイホームを建てる場合には耐火構造にすること等でリスクが抑えられます。

地震の時に家具が倒れないよう固定しておくことや、消火器を備えておくことなど、ちょっとしたことでリスクを予防することもできます。

 

貯蓄で備えるというのは、比較的小さいリスクや一定の時期にかかるコストに対しての備えです。

家電製品が壊れてしまって修理する場合や買い替える場合、またマイホームのリフォーム費用、自動車の車検費用等、一定の時期に買い替えや修理が必要なケースに備えるのに有効的な対策となります。

 

保険で備えるのは、突発的で大きなリスクに対するケースです。

自動車事故では、何億円もの賠償金を支払わなければならないケースも想定できます。

また、マイホームが火災や自然災害で失われるようなケースも火災保険で備えるのが有効的な対策となります。

一家の主が万一の時に、家計を支えるための生命保険も大きな効果を発揮すると言えるでしょう。

 

ところが、保険商品の中には、小さなリスクを補償する一見とてもよい補償に見える保険もたくさんあります。小さいリスクでも保険で手軽に補償が受けられるのは便利でありがたいことですが、その保険に加入する対価である保険料は割高なものとなります。

 

例えば、自動車保険の車両保険は、マイカーが事故や災害で損害を被った場合に、修理代もしくはそのマイカーの車両保険金額まで補償されますが、自動車の保険の中では使われることが多い保険となっているため、保険料は高額となります。車両保険に入らなければ保険料は半額以下になることもあります。年間保険料が何万円も違ったら、その分を貯蓄してマイカーの買い替えや修理に備えることもできることになります。

 

次回以降、各種損害保険の必要性の考え方について書いていきたいと思います。

 

損害保険会社各社は、2018年1月から自動車保険の改定を発表しております。

 

今回の改定では、各社AEB(衝突被害軽減ブレーキ)を装着した自動車にASV(先進安全自動車)割引を適用することになりました。

 

対象となる自動車保険契約は

  1. AEBが装備された自家用小型乗用車(5ナンバー)と自家用普通乗用車(3ナンバー)で、その自動車の型式が発売された年度(4月~)に3を加算した12月末までの期間に保険が開始される自動車保険契約
  2. AEB装置を装備している自家用軽四輪乗用車(発売時期は問わず)の自動車保険契約

今回の改定では、軽四輪乗用車はAEBが装備されたすべての自動車であるのに対して、自家用小型乗用車・自家用普通乗車は発売後間もない自動車となります。

なお、2020年1月に予定されている軽四輪乗用車の型式別料率クラスの導入に伴って自家用軽四輪乗用車も同様の扱いとなる予定です。

 

★自家用小型乗用車・自家用普通乗車の場合

2018年1月1日以降始期の保険契約でASV割引が対象となりうるのは、2015年4月以降発売された自動車ということになります。

 

*例えば、2015年1月発売された自動車は、2017年度に発売されたということになるので、割引の対象となりません。

*2015年4月に発売された自動車の場合、割引適用できるのは2018年12月始期までの保険契約となります。

*長期契約の場合、各保険年度の初日を保険始期日とみなされ、長期契約だと満期までずっと割引が適用されるということにはなりません。