三原・尾道・福山・竹原近郊のお母さん必見!遊ぶように勉強する子に育つ!親子で楽しく学ぶ『親勉』

0歳~12歳のお子さんのいる親御さん対象☆
勉強と遊びの境目をなくし、『勉強』=『楽しい』になる、自己肯定感も高まる学習法『親勉』
自身の6歳と4歳の子どもたちと実践しながら、お伝えしていきます♪


テーマ:


三原在住『親勉』インストラクターの

上村八重子です(*^-^*)
 

尾道、三原、福山、竹原地域のお母さん必見!!

 


遊ぶように勉強する子に育つ♪
親子で楽しく学べ、

親子の自己肯定感もアップする最強☆の学習法
『親勉』

 


尾道、三原、福山、竹原で
本格的に始まってます!!



12月の『親勉』体験会@尾道開催は

 7日(木) 21日(木)

 (両日とも)10:30~12:00

 

 




 

■こんな方におすすめです


チェック(白地) 0歳から小学校6年生くらいのお子さんがいる
チェック(白地) 就学前で勉強についていけるか不安
チェック(白地) 「勉強しなさい!」と言いたくない
チェック(白地) 兄弟が多くて、仕事をしていて、勉強を見てあげる時間も余裕もない
チェック(白地) 自分の好きな学びを見つけて、勉強を楽しんでほしい!
チェック(白地) 中学受験を検討しているので、今のうちにできる事を知りたい!
チェック(白地) 自立した大人になってほしい!と願っている方!



 

 

 

 

 

「親勉」体験会の詳細



■日時
・12/7(木)、12/21(木)

  10:30~12:00

■場所

尾道レンタルスペース「ろいやるはうす」
尾道市美ノ郷町三成1176-1


■定員

10:30~12:00 / 5名



■料金
お一人様:3,240円 


※お友達同士やご夫婦などで使えるペア割引 2名様 5,400円(1名様 2,700円)
お友達でご参加の場合、各自お申し込みをよろしくお願いします。

*特典アリ*

ぜひ、この機会に体験してください!!

(∩´∀`∩)


新年を迎える前に、ぜひ『親勉』を~!!


【親勉体験会へのお申し込みはこちら】
左クリックお申込みはコチラ

 


*参加後のご感想*

「親勉、楽しい」

「自分の時にもあればよかったのに」

「これから家で取り入れてみる」

「家に帰って、すぐ実践している」

「初級講座を検討している」

などなど…

嬉しい♡ご感想をいただいてます!(∩´∀`∩)


「親勉」とは、日常生活の中で
親子で一緒に遊ぶように学ぶ、楽しい家庭学習法
です。

カード遊びやトランプをしながら、自然と子どもの興味や知識が増え、
勝手に遊ぶように勉強する子供になり、
将来的には自ら遊ぶように仕事をする大人を目指します!

差異教育と呼べる内容なので、周りの大人に驚き褒められ
どんどん子どもはやる気になり、自己肯定感も高まり
勝手に学んでくれるようになります。

そんな様子を見て親も笑顔になれ、
親子のコミュニケーションも増えていきます♪

親勉と出会い、勝手に学んでくれる姿勢に
親子の自己肯定感も上がっていきます。
しかも、お母さんの視点を増やす事で、
異年齢、異レベルの兄弟でも、同じ教材で学べるのです!
教育費削減にもなる、日本一コスパの高い学習法だと思います!

ただ勉強ができるようにする学習法でなく、
親子で笑顔になれ、親子の自己肯定感もあがり
遊ぶように勉強する子ども、学びを楽しめる子どもになります。
親勉の目指すところは、精神的・経済的に自立した未来の大人です!


そんな親勉と子育てのお役立ち情報満載!
親勉創始者小室尚子先生のメルマガ読者登録はこちら


そして、私に親勉を教えてくださった

親勉マスターインストラクターの

中村由佳莉先生のメルマガは

コチラ

1組でも多くの親子が笑顔になり
遊ぶように勉強→仕事をする未来の大人が増えるよう
親勉の楽しさ♡やコスパの高さ☆を伝えていきたいと思っています。

沢山の方にお伝えできる事を願っています!

 

 

 

 

 

~三原、尾道(向島、因島、瀬戸田)、福山、竹原~

遊ぶように勉強する子に育つ!

親子で楽しく学べ、親子の自己肯定感も高まる!

楽しくて最強☆の家庭学習法

『親勉』インストラクター 上村八重子

 

体験会の他に 

『親勉』初級講座 

『親勉』中級講座

こちらも開催しております。

各地出張開催も致しますので、お気軽にご相談・お問い合わせくださいにこ

 

クリック お問い合わせはコチラから
 

 

facebook_logo Facebook お友達申請大歓迎ですにこ
Ameba(アメーバ) 三原・尾道・福山・竹原近郊のお母さん必見!遊ぶように勉強する子に育つ!親子で楽しく学ぶ『親勉』

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三原、尾道、福山、竹原近郊のお母さん(お父さんも)必見!!
遊ぶように勉強する子に育つ♪
親子で楽しみながら学べ、親子の自己肯定感もアップする 最強☆の学習法
   『親勉』
三原在住『親勉』インストラクターの
上村です♪

今日、お店に来た可愛い男の子♡
小学校低学年にして、なんと!!
中国語をマスター中!!とのこと(゜∀゜)
お母さん曰く
テレビで見て、興味を持ち
独学でしているとのこと!

うちの店にあるホワイトボードに
スラスラと書いていく~
中国語、『謝謝』くらいしか書けて言えない私
「え!! すごいね~!!(゜ω゜)」
「これ、なんて読むん?」
「これ、なんてゆう意味?」
の質問責めにも
スラスラと答えてくれる
しかも、私に書き方も教えてくれる~!


いや、ほんとすごい!
世に天才キッズはあふれてるけど
きっかけはいろいろあるだろうけど
やっぱり共通して言えることは
そのことに子ども自身が
『興味を持った』『好奇心から』
そして、『好きだから』だと思う
事実、中国語をボードに書いている
その子の顔はほんとに喜々としてました♡
子どものそんな様子を見ると、親は
やっぱり嬉しい、伸ばしてやりたいと
思いますよね(*^-^*)
でも、あくまで親は応援団
子どもが自らやっているのなら
そこで先生になる必要はナシ☆

でも、子どもが小さいうちに
「興味の種まき」をしてやることは
できますよね♪

私はやはり『ゴールデンエイジ』を
大事にしたいと思ってます♡
『ゴールデンエイジ』について以前書いてますが
この一生に一度しかない本当に貴重な時期☆
その時期に何をしてやるか、何を与えるか
それが、子どものこれからに影響を与えるだろうと(´V`)♪

ありがたいことに『親勉』は、そんな時期の子どもに最適!(∩´∀`∩)
忙しい毎日でも、短時間でも
しれ~っと子どもに「興味の種まき」が
できる( ´艸`)♡
そして、それを親も一緒に楽しめるというのが
また嬉しい♪

その子が帰り際に書いてくれた言葉
~『再見』(ツァイツェン)~
「え? これ、またね~とか言う意味じゃったかね?」と、私が言うと
コクっと頷いてくれました♡(≧∇≦)
ワォ♡♡


次に会う時は、この子はどうなってるんだろう
楽しみ過ぎます( ´艸`)

そして、こちらの絵はその子の妹ちゃんが書いてくれた絵♡


うん♡お城に王子様に、お姫様♡
これもいい! これも必要なことよね♡
こちらも楽しみ(*´ω`*)♪

三原、尾道、福山、竹原近郊で『親勉』☆
本格的にスタートしてます!!

月2回、尾道の「ろいやるはうす・おのみち」で体験会 やってます♪

個別にも対応してます(*^-^*)

初級講座、中級講座も開催してます☆
ぜひ『親勉』スタートしてみてください!
全力で☆お伝えさせていただきます(*´ω`*)
お問い合わせもお気軽にどうぞ~♪

#親勉 #三原尾道福山竹原 #親子 #学習法










AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほんと、その通りだなぁと思った記事を
目にしたので載せてみました(*^-^*)

うちの子ばかりどうして……? 「育てにくい子」への向き合い方
PHPファミリー 11/17(金) 11:27|Yahoo!ニュース  

認めることが、笑顔への近道

うちの子ばかりどうして……? 「育てにくい子」への向き合い方
◆「育てにくい子」には 「いいところ」がいっぱいある

子育てに悩みはつきものです。特に母親は、子どもと一緒にいることが多いだけに、日々の中で悩んだり困ったりすることがたくさん出てきます。「片づけをしない」「偏食がある」「言葉が遅い」「友だちが少ない」「約束を守らない」など、数えたらきりがないでしょう。
ただ、それらの悩みは「まあ、いいか」で済むものが多く、自分次第で気にならなくなったりすることもあります。でも、たとえば「落ち着きがなく、少しの時間もじっとできない」「荒っぽく、すぐに手が出る」といった悩みは、他人に迷惑をかけたり、危険が伴ったりすることが多いため、「まあ、いいか」で済まされず、お母さんは子どもから目が離せなくなります。さらに「何度言ってもわからない」「注意してもすぐに同じことをする」ような場合は、お母さんは本当に疲れます。
子どもは誰でもそんなものだろうと思っていたのが、他の子はそこまでひどくはないことがわかり始める3歳頃、そうした悩みは最も大きくなります。「育てにくさ」といったものを感じ始めて、「あら? もしかしてうちの子、少し変?」とまで思うお母さんも出てきます。
でもそれらはお子さんの1つの個性です。そういうお子さんのお母さんには、苦労や困ることが確かに多くやってくるかもしれませんが、その個性をむしろ楽しみながら子育てをしてほしいと思います。
困った子、育てにくい子と感じていい~ありのままを認めよう~

子育てがうまくいくコツを1つあげるとすれば、私は「ありのままを認めること」だと思っています。仮にお子さんが、自分を困らせることばかりする子どもだったとしても、その姿を丸ごと受け止め、認めるのです。そして、そんな子どものことを「困った子ども」「育てにくい子ども」と思ったなら、その気持ちも認めましょう。子育てがうまくいかない現状も、すべて丸ごと認めてほしいと思います。

◆笑顔の子育ては認めることから始まる

一番よくないのは、否定をすることです。子育てでなくても、否定をすると出てくるのは不平や不満です。お子さんのことを否定的な目で見てしまうと、子どもを叱ることばかりが増え、自分もしんどくなってしまいます。でも、認めるとあら不思議。笑顔が出てきます。「笑顔の子育て」とよく言われますが、それは認めることから始まるのです。
認めるのは簡単です。子どもへの見方や視点をほんの少し変えるだけでいいのです。するとすべての景色が大きく変わっていきます。
視点を変える2つの方法

◆決して悪気はない。「心のままに動いただけ」と思おう

子どもは「こうしたい」と思ったことを、すぐに実行します。「触りたい」と思ったら触り、「暴れたい」と思ったら暴れます。「笑いたい」と思えば笑うので、子どもはお葬式でも笑います。悪気はないのです。
「でも、ちょっと我慢しよう」という自己統制力が年齢とともに身につきますが、その力は弱い子どもと強い子どもがいます。その違いは、5歳くらいまでは本人の努力よりも、生まれつきのものであることが多いもの。「わが子は弱いほう」と思えば、「1つのことを丁寧に何度でも伝える」ということをやってみましょう。

◆夫婦から生まれた、その“個性”を楽しもう

子どもは十人十色。それぞれに個性があります。「じっとしていない」「攻撃性がある」なども立派な個性です。親にすれば幾分困ったものであったとしても、それがどこから来たかといえば、100%パパ・ママからの遺伝です。
個性の“製造元”は親で、子どものその個性を否定すれば自分たちを否定することになります。夫婦から生まれたかわいいわが子のその個性の中に自分を見出し、むしろ楽しむくらいでいると、子どものことを見る目も変わっていきますよ。
“ないもの探し”をせず、“あるもの満足”で子育てを

どんな子にも、数えきれないほどの「いいところ」が必ずあります。そのことに気づけたら、笑顔の子育てはすぐそばです。

保育士時代、多くの子どもたちと接してきて一番感心したことは、「子どもは“ないもの探し”をせず“あるもの満足”をする」ということです。たとえば、夏のプール遊びは6畳ほどの狭いプールに20人くらいが入るのですが、「狭いね」「泳げないね」などと不平や不満を言うのは大人ばかり。子どもからは1つも文句が出ないどころか、ずっと笑顔で楽しんでいます。
子どもは、自分に与えられた環境がどんなに過酷なものであっても、その中に必ずある“笑顔のもと”を探し、それを楽しむのが習慣になっているのです。プール遊びでも、「水が冷たくて気持ちいい」「友だちとぶつかったらそれも楽しい」と楽しい部分を味わい、狭いことなんて気にしないのです。雨が降っても、決して文句は言わず、長靴を履けたり傘を差せたりすることを喜びます。人に対しても同じで、親でも先生でも、「困ったところ」より「いいところ」を見るので、必ず大好きになります。

◆“不満点探し”から始めるのをやめよう

反対に私たち大人は、自分の前にあるものに対して、さっきのプールのようにまずは“不満点探し”から入ります。「暑い!」「寒い!」と自然にまで文句を言います。子どもに対しても、「困った点」や「問題点」ばかりを見つめ、つい小言の毎日になってしまってはいないでしょうか。
確かに、子どもは「困ること」をよくします。親から見て、「困った性格」だと思うこともあるでしょう。でも「困るところ」ばかりを見ないで、「いいところ」を見るようにしてみてください。すると、「心が優しい」「とても気が利く」「いつもいい返事をする」「きちんと挨拶ができる」「もの覚えが早い」「食事を残さず食べる」……など、他のお母さんがうらやむような良い点が、もう無数に見つかるのではないでしょうか。
子どもたちが毎日あれだけよく笑うのは、いつも“あるもの満足”で生きているからです。わが子のことはもちろん、すべてのものを「あるもの満足」の目で見ながら生活をすると、きっと毎日を笑顔で過ごせますよ。
【著者紹介】

「PHPのびのび子育て」12月号より
原坂一郎 (こどもコンサルタント)
関西大学社会学部卒業後、独学で保育士資格を取得。23年間にわたる保育所勤務を経て独立し、現在は、保育・子育ての講演・講座・研修を精力的にこなす。著書に、『日本一わかりやすい 男の子の育て方の本』(PHP研究所)など多数。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三原在住『親勉』インストラクターの
上村です♪

11/16「ろいやるはうす・おのみち」で開催した親勉体験会のご参加くださった方々から
体験をしてみての感想をいただきました!
ありがとうございます!(∩´∀`∩)

・興味を持たせるのにカードいいなと思いました。
私が歴史苦手なので、ぜひ歴史を試してみたちです。
・今まで勉強勉強と好んでやりませんでしたが、今日の親勉でのトランプやカード遊びにはしれっと学ぶべきことがたくさんのっていて、知らず知らずのうちに知識に触れる機会を遊んでいるうちに作ってあげれて素晴らしいことだなと思いました。
家でもカードゲームを取り入れたいと思います。
・親勉 なんだかちょっと興味があり、気軽に参加してみましたが、面白かった!
子どもの好奇心と遊び心をくすぐる楽しいカードがいっぱい
勉強を遊びに変えちゃう発想がすごいし、小さいうちは特になんでも知りたい覚えたい時期
その時期をのがさず、勉強って楽しいものなんだ~と思えたら、後々楽そうですね♪

今回の参加者様、とても意欲的で意識も高く
質問もたくさんしていただき、お伝えする私も
熱が入り、本当に楽しかったです(*´ω`*)
感謝☆



親勉の一番大事なこと
親が楽しい☆ということ
親が楽しく、それを子どもに教えるから、子どもも楽しんで学ぶようになる!

そんな『親勉』の創始者
小室尚子先生のメルマガ

そして、私の親勉の師匠
のメルマガ

お役立ち情報満載です♪
登録まだの方は、ぜひ登録してみてくださいね
~♡

#親勉 #三原尾道福山竹原 #楽しく学ぶ
#自己肯定感アップ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
三原、尾道、福山、竹原近郊のお母さん必見!!(お父さんも)
遊ぶように勉強する子に育つ♪
親子で楽しみながら学べ、親子の自己肯定感もアップする 最強☆の学習法
      『親勉』
三原在住『親勉』インストラクターの
上村です♪

今日またまた「ろいやるはうす・おのみち」で
『親勉』体験会を開催しました!
今回4名のお母さんと3人の可愛い子どもさんがご参加くださいました(*^-^*)
簡単にですが参加者様のご紹介を~
・H様 小5と年中の子どもさんのいらっしゃる
    お母さん
・T様 1歳10カ月の子どもさんのいらっしゃる
    お母さん
・H様 小2と年少と1歳10カ月の子どもさんの
    いらっしゃるお母さん
・O様 1歳10カ月の子どもさんのいらっしゃる
    お母さん

体験会をしつつ、いろいろとお話をしてみると
「親勉というのは知っていたけど、今まで体験会は行ったことがなかった」
「子どもが今ちょうど勉強にいきづまっているような感じで」
「自分が子どもの時、親がけっこう勉強に意識してくれていた」
などなど
他にも、今こういうことを家でやっている
という話など、とても中身の濃い話をしてくださいました♪
親勉のカードを使っての実践も、とても意欲的に、質問もしてくださったりと(゜ω゜)☆
伝える立場の私も本気で楽しみました!
(∩´∀`∩)



子どもさんたちも、お母さんが何してるのか気になりつつも、とてもいい子して遊んでくれてたので、親勉の楽しさ☆良さ☆お伝えすることができたかなぁと思います!

いや~
 楽しかった~♡(∩´∀`∩)

『親勉』とは
まず第一に楽しくあること☆
親が楽しく教えるから、子どもも楽しんで学ぶようになる
ということを、改めて思いました(*^-^*)


記念にパチリ♪

三原、尾道(向島,因島,瀬戸田)、福山、竹原近郊で本格的に親勉☆ 始まってます!

尾道の「ろいやるはうす・おのみち」で月2回
次回は12/7(木) 12/21(木)です(*^-^*)
また、個別にも対応させてもらってますので
都合のいい日時などご連絡くださいね♪

『親勉』ぜひ体験してみてください!
全力☆でお伝えさせていただきます(*^-^*)

体験会の他に、初級講座、中級講座も開催してます!
お問い合わせなど、お気軽にどうぞ~♪

 親勉インストラクター
       上村 八重子


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。