1日の中でも、寒暖差がありますね。

それでも日に日に暖かくなってきているのを感じます。

 

休校やイベントの中止など、予定変更を余儀なくされている方も多いと思いますが

やっぱり新年度が近づいていますから、今のうちにきっちり準備しておきたいですね。

真新しい筆記具やノートを準備して、気持ちも前向きに!新年度の始まりに備えましょう!

 

本日は、ひょんなことからご縁が繋がり、オーダーいただいた作品をご紹介いたします。

 

------------------

 

ドームペンケース

【作品No.20200309-01】

生成りヌメ革で制作した、1本差しのドーム型ペンケースです。
縫製糸は白麻糸を使用し、手縫いしています。
 

 

ドームペンケース

ふっくらとしたフォルムは、革の絞り技法を使っています。

型を使い、水に濡らした革をそれに添わせて伸ばしていくやり方で

勘と経験が物を言う技術です。
 

 

ドームペンケース

うまく伸ばせると、底革にピタッと合わせて縫い上がります。

革自体が膨らんでいるので、筆記具の出し入れもスムーズです。

 

 

背面には「OXIO-CRAFT」の刻印を入れています。

 

生成りヌメ革は使うほどに「アメ色」に変化します。
(写真の小さなカバンは、数年前に同じ生成りヌメ革で制作したものです)
紫外線を浴びた時間、触った時間で変化の仕方はそれぞれです。

自分だけの愛用品として、革を育てていただければ幸いです。

 

--------------------

 

今回のオーダーのきっかけとなったのは、こちらの万年筆でした。

 

サライ3月号

これは販売前からWEBニュースで話題になっていた、

小学館の雑誌「サライ」3月号の付録でついてきた

雪舟ブラックの太軸万年筆。一見、黒一色に見えるボディには、

雪舟の「秋冬山水図」(国宝)の「冬景」のモチーフが描かれています。

 

あ、おもしろいな、欲しいな、と思い、すぐに予約して購入しました。

サライ3月号

 

サライ3月号

あくまでも雑誌の付録なので、高価なものではありませんが、

太めのボディが手に馴染み、なかなかに使い易そうだったので、

フェイスブックの「文房具が好き!」というグループに、写真とともに投稿しました。

 

すると・・・(^^)

この投稿を見てくださった方が、一緒に写っていた当方の作品の

「ドームペンケース」を見て興味を持ってくださり、すぐにオーダーいただきました。

 

ここからは、ペンケース納品後にお客様に送っていただいた写真です。

オチェアーノ パシフィコ

お客様からのコメント

「入れるつもりだったアウロラのオチェアーノ パシフィコ。バッチリ入ります 。」
 

イスターシュティック149
「次にモンブランのマイスターシュテュック149。バッチリ入ります。結構な太軸です。 」

 

ジャスタス

「最後にパイロットのジャスタス。コレも入ります。」

 

 

なんと嬉しいご報告!!

1本1本が芸術品のような万年筆は、すこしずつフォルムや長さが違うため、
ペンケースをオーダーいただく際に確認事項が多くなってしまうのですが、
このように色々試していただくと、後からオーダーいただく方に
サイズの参考にしていただくのに、非常に助かります。

お手間をお掛けいたしましたが、ありがとうございました。

 

とてもヌメ革が好きな方で、手帳やバイクのサイドバッグはすでに「アメ色」だそう。

これからまた何年かかけて、ペンケースも「アメ色」にしてくださることでしょう!!

この度はご注文、誠にありがとうございました。

 

--------------------

 

OXIO-CRAFTホームページ  (フルオーダー制作受付)


SNS更新 ■Twitter  ■Facebookページ  ■Instagram

 

 

 WEB販売 ■Creema  (人気作品受注) ■minne  (ペットのキーリング他)

 
 
       BASE  (革製上質文具など)