令和元年度の駿府城天守台発掘調査の成果については新聞報道もありましたので、小天守台が確認されたことはご存知の方も多いと思います。新聞等ではそのことがニュースとして取り上げられましたが、今川時代の遺構も確認されています。

もっとも、天正期の天守台の石垣がありますので、それを壊すわけにはいきません。隙間を選んでトレンチを入れるだけですので限界はありますが、それでも今川時代の陶磁器片が出土していますし、私が特に注目したのは幅が6mほどの薬研堀(写真)が見つかったことです。これは今川館の堀と見ていいと思います。主郭部の堀なのかどうかはまだわかりませんが、昭和57年(1982)、静岡県教育委員会の発掘成果との関連について検討していく必要があると思います。

 

遅まきながら、新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します。

今朝の新聞でびっくりされた方も多かったと思いますが、現在進められている岐阜城の発掘調査で、信長時代のものと思われる天守台石垣の一部が見つかりました。

これまで、岐阜城に天守があったかどうか疑問視され、また、1910年に建てられた模擬天守のときに新しく石垣が積まれており、信長期のものは残っていないと考えられていました。昨年末、保存整備委員会が招集され現場を見ましたが、信長期の石積の特徴が見られるということで、発表になりました。近く一般公開もするそうですので、楽しみにしていてください。

 

なお、駿府城に関しても、昨日記者会見があり、天正期の天守台の並びに小天守の天守台が見つかりました。秀吉の城なのか、家康の城なのか、これも一石を投ずることになりそうです。