Enjoy Life, Enjoy Hawaii.

Enjoy Life, Enjoy Hawaii.

ページをリニューアルしました。♪私がおばさんになってもハワイに連れてって〜♪ おとなも楽しめるハワイ旅行を追求します。


インタビューや取材を中心のライティングを生業としています。最近は少しずつですが、ハワイに関するライティングのお仕事をいただけるようになりました。大好きなハワイの場所や人、想いなどを、わかりやすい言葉でお伝えしていきます。
NEW !
テーマ:

ALOHA!

友人がESTAを申請しました。


友人「前に申請したときよりずっと簡単なんだよねぇ」

私 「どのページから申請したの?」

友人「どこって、Googleで検索したら出てきたページだよ」


検索ページはこちらです。

2,470,000,000件ひっかかりました。



ところが友人はなぜか「ESTA(エスタ)申請ウェブサイト | ESTA Online Center」をクリックしたそうです。代行業者のページです。それっぽいマークやアメリカ合衆国の国旗があるならど、いかにもそれらしいページです。もちろんトップページには代行業者であるという記載は見当たりません。  このサイトには費用のことも書いてありません。


これが、今回友人が申請した代行サイト(自分の意思とは反対)です。右上のマークと下の公式サイトのマーク、違っています。



しかし、よく見ると、ページの下の方に、「ESTA(エスタ)の支払い方法解説」というリンクがあって、飛んだページには、「申請代行料金 米国への申請料14ドルに加え、代行サービス料を頂戴いたします 米国国土安全保障省申請料($14) + 申請代行サービス料 = 7,236円(税込)」と記載されていました。


自分で「ESTA申請公式サイト」で申請すれば$14で済むのに、高い代行料を請求されてしまったのです。ページだけ見ていれば、公式サイトよりずっと詳しくわかりやすく説明が書いてありますよ。


上2つは「広告」ページであることを明記しています。

ちなみに、自分で申請するときは、

ESTA(エスタ)申請 | 在日米国大使館・領事館」のページ(上から3番目)を入口にして、「ESTA申請公式サイト」ページへ飛ぶか、直接、「ESTA申請公式サイト」ページ(上から4番目)を叩くかのいずれかです。

「ESTA申請公式サイト」には、「申請毎に14ドルの費用が徴収される」と記載されています。


実際に申請はされましたし、文字が小さいとはいえ代行と書いてあるので、違法ではないんでしょうけれど……。しかし、知らない会社に、超センシティブな個人情報を渡してしまって、悪用されることはないか……。それが不安です。


ちなみに、「ESTA申請公式サイト」のヘルプページには、下記のようなQAがあります。

「米国政府は個人データのプライバシーをどのように保護し、また誰がそのデータにアクセスできますか。」

「  ESTAウェブサイトで申請者が送信した情報は、類似の渡航者適格性審査に関し定められたものと同等の、厳重な個人情報保護規定および規制に従うものとします。本情報へのアクセスは、職務上把握する必要のある担当者に限定されます。」


こちらが「ESTA申請公式サイト」のホームページです。


しっかり確認をしないまま申請してしまった友人が悪かったといえばそれまでですが、なんだか釈然としないのです。

ESTAの申請をするときは、自分でするページなのか、代行業者に頼むのか、もし頼むならいくらかかって、個人情報についての記載があるのか、しっかり調べてくださいね。

ちなみに、WebサイトのURLの最後の“gov."は、“govemment”、つまり政府。今回友人が間違えて申請したサイトは、“com"、つまり会社、企業です。このあたりも頭の片隅に入れておく、役にたつかもしれません。


ということで、長くなりましたが、みんなも気を付けてねというお話でした。


via Enjoy Life, Enjoy Hawaii.
Your own website,
Ameba Ownd

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス