前に作った雑巾
 
■○○2冊の本のご紹介○○■
 
「持ちすぎない」暮らしの本

 

「使い果たす」暮らしの本

使い果たす習慣 使い果たす習慣
1,404円
Amazon

 

■時間・マネー・メンタルを守る

「片付いた家」note記事
○◇○□■○□○□○◇■○

 

私の実家には

禁断の押入れともいうべき

 

何が入っているのかわからない

ぎっしり収納があります

 

帰るたびに何かもらいます

今年の夏の帰省はムリかと

半ばあきらめています

 

 

「タオルちょうだい」と

父親にいうと何枚でもやる

と言われます

 

温泉でもらったタオルとか

昔のお年賀でもらったような

タオルが地層のようです

 

底なし沼のようでもあり

打ち出の小槌のようでもある

押入れという魔窟

 

IMG_20170815_154854527.jpg
 

雑巾を縫えるように

なったのは30歳過ぎてから

 

私の家は

掃除グッズが増えていくのに

掃除ができるパワーが

枯渇してました

 

細々とした掃除グッズ

あふれていってゴミ化して

家事複雑

 

 

子どもが買ったヘッドフォンを

お下がりでもらって

音楽を聴きながら雑巾縫い

 

単純作業だけど上手にならない

 

楽しくて 

いつもできた雑巾を

抱きしめたくなります

 
抱きしめたくなる
掃除グッズはタオルで作った
ふわふわ雑巾です
 
 
今はうすめの石鹸水で
拭いています
 
公園をひとりであるいて
 
歩道が光るのとか
 
 
野鳥を見つけるとホッとする
 
猫がぐうぐう寝てると
嬉しくなる
 
他界した母に見せたくなります
 
 
お墓参り行っても
仏壇の前でも母のこと
近くに感じないけど
 
毛虫とか見つけると
 
母が驚きそうな姿が思い浮かび
 
すごくそばに感じます
 
見つけた巨大毛虫
 
 
下に出てくるので
苦手な方はスルーしてください
 
 
 
 
 
 
 
 
 

どんなにかすごい蝶々の

毛虫か!?と期待して

ネットで調べたら

 

大食漢だという

セスジスズメという

「蛾」でした 夜行性らしい

 

蛾でがっかりしたと

画像見せたら

 

夫は本当に気持ち悪いと

避けていき

 

子どもは蛾の目が

かわいいから大好きと

言われてなごみました

 

私は蛾は怖かわいいです

近づいて観察するも

とぶとすっごくびっくりする

 

カンタンで小さなことが

大切に感じられます

 

○◇○■○□○◇○■○□○

 ランキング参加中

 いちご おしてください

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村