(画像は天宮神社のFBページよりお借りしました)

 

明日の七夕祭、お天気は大丈夫そうですね。
曇り予報ですが、気温が落ち着いていますので暑さの心配はいらなそうです。心地よい夜となることでしょう。ひと安心です。

 

夕涼み演奏会は屋外に椅子が並びます。コロナのことを気にされる方が多くいらっしゃるかと思います。神社の舞殿前の広場は広いですので、お隣の方と席を離すなど、感染対策をすることができます。椅子はご用意して下さいます。


七夕祭りは、夕方5時からご祈願・良縁祈願祭になります。七夕祭は参列自由で、なんと明日限定!の天宮神社御神木「なぎの葉守り」をご用意して下さるそうです。(初穂料は千円)

 

 

(画像は天宮神社のFBページよりお借りしました)

 

天宮神社のなぎは、樹齢約千年の御神木で、静岡県指定文化財です。天宮神社が欽明天皇(約1400~1500年前)の時代に、九州の宗像神社の神霊を祀ったのを記念して、本宮から苗木を植えたものと伝えられるそうです。

天宮神社では初の七夕祭りで、この日限定のお守り。明るい未来の幕開けを予感させてくれますね。ご用意して下さって有り難く思います。

お守りに「七夕祭」と記されていますね!



明日のセットリストが決まりました。

皆さまに、夏の夜、懐かしさ、夜空、天空のめぐり、を感じていただけますよう、丁寧に曲を選びました。童謡など耳馴染みのよい曲も選んでいますので、年齢層に関係なくお愉しみ頂けたらと思っております。

 

詳しくはこちらをご覧下さいませ。

 
 
どうぞ心に残る夜となりますように。
 
翠月淳
JUN MIZUKI

 

 

天宮神社 舞殿

 

 

今週日曜、遠州森町の天宮神社にて二胡演奏をさせていただきますが(二胡は18時50分~約1時間)、夜は境内がライトアップされる予定です。

 

 

 

 

昨夜、神社で灯りのデモをされたそうです。美しく澄んだ天宮神社の静寂が、より一層深まりますよね。夜の神社に足を運ぶことはありませんから、神社の秘密の懐に「お邪魔させていただいた」みたいな感覚になりますね。

 

当日は願いの短冊が笹に飾られるそうです。(短冊は社務所にて受付中)七夕の願いが一つ一つ夜空に上っていくイメージがわいてきますね。

 

ふと、新海監督のアニメーション映画「君の名は」を思い出しました。

夜の神社の風景があったような気がします。星も印象的でした。

 

夜空。宇宙。遠い遠いどこか。

懐かしさが呼び覚まされますね。

 

観覧は境内に椅子を並べて下さるそうです。

日没後は気温も下がりますので、涼むのにはちょうどよくなりそうです。

 

 

 

 

屋外での演奏&観覧になります。

敷地は十分広いですので、座る間隔などを気をつけていただいて、各自でコロナ感染対策をしていただきますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

真夏のひとやすみ。

夜空を見上げて悠久のひとときをご一緒いたしましょう。

 

 

詳細はこちらの記事で確認下さいませ。

 

 

翠月淳

JUN MIZUKI

 

 

ペパーミントの花です。

 

 

 

 

ふわふわな淡い紫色。

花を咲かせると株が弱まるので、見つけたら切っています。香りも弱くなるらしいですね。

 

 

 

 

もったいないので小瓶に飾ります。

 

 

 

 

昔パリで買ったエッフェル塔。

かわいがっている雑貨は捨てなければ無くならないので、おそらく一生あるんだろうなぁ、、と思います。

 

 

 

 

キャンドルホルダーに花瓶を置いています。

 

 

 

 

真夏は切った葉は長持ちしません。ミントの根はすぐつきますが、暑さで腐るほうが先です。それでも見ているだけで涼しげなのでチマチマ飾っています。

 

 

 

 

小さく咲いていたバラ。

 

 

 

 

ハーブの手浴桶。ホーローの冷たさが気持ちいいです。

ペパーミントは優秀です。様々な香りをちょうどよくブレンドしてくれる気がします。ブレンドに困ったらミントを入れておけば大丈夫!みたいな感じですが、これはハーブティも同じだと思っています。味が安定しますよね。夏は緑茶とミントの冷茶がおすすめです。

 

 

 

翠月淳

JUN MIZUKI

 

体験レッスン

 

 

 

天宮神社 七夕祭

翠月淳 二胡演奏

18時50分~19時50分ごろ

 

 

2022年8月7日(日)

天宮神社 

周智郡森町天宮

 

七夕短冊 受付中

17時 七夕良縁祈願祭 受付中

 

18時~20時半 夕涼み演奏会
・出演:和の奏うたらさん、翠月淳の2組の出演です。

・演奏時間:翠月は上記の時間です。

 

無料でご覧いただけます。

椅子が並びます。

夜はライトアップされます。

 

詳細・アクセスはこちらをご覧下さい。

 

 

 

旧暦七夕に最も近い日曜日に、天宮(あめのみや)神社にて七夕祭がおこなわれます。夕暮れ時~夜にかけて舞殿にて二胡演奏をさせていただきます。演奏時間は上記の通りです。無料でご覧いただけます。
 
天の名を冠する天宮神社は、七夕祭にぴったりですね。1300年の舞楽を継承する由緒ある舞殿にて再び二胡を演奏させていただきます。大変光栄に思います。
真夏の夜に響く悠久のニ胡の演奏を、どうぞお愉しみ下さいませ。
 
17時より七夕良縁祈願祭がおこなわれます。こちらは境内にてお申し込みができます。
男女の縁に限らず様々なご縁が世の中にはありますよね。めぐり逢いの糸を天宮神社を通じて星々に結んでいただきましょう。ご本殿でも奉納演奏をさせていただきます。
 
 
 
 
一の鳥居再建記念演奏会の様子
 
 
(七夕に関する私の説明は)もう聞き飽きた、とおっしゃる方は飛ばして下さいね。
七夕という節句は、旧暦でおこなわれるべき節句です。西洋暦でも成立する節句もあるとは思いますが、西洋暦の7月7日は上辺の数合わせ。七夕においては意味を成しません。
 
日本という国は、明治政府が早々に西洋のカレンダーを取り入れたために、それまでこの国の(アジアモンスーン気候の)季節に合わせて旧暦で行われていた風習や節句は、そのまま西洋暦の日付に移行されて行われるようになってしまいました。その年によりますが旧暦と西洋暦では1ヶ月ほどの差があります。1月1日に梅は咲きませんし、3月3日に桃も咲きません。5月5日は梅雨に入っていません。これでは季節が合いませんから、おそらく最初は、あっちでは旧暦、こっちでは西洋暦と、多くの混乱があっただろうと思います。今でもお盆がそうですよね。そうなると統一せざるおえませんから、いたしかなたく西洋暦で行っているというのが実情だとは思いますが、令和にまでなってきますと、なにより旧暦を理解している人が少ないですし、節句の意味を知る機会も少ないですよね。
 
しかし、トンチンカンのままでは寂しい節句があります。それが七夕です。
七夕は、旧暦7月の「7日目の月」が絶対条件の節句です。この夜に天の川を横切っていく7日目の月が重要なのです。
 
天の川を挟んで離れ離れになっている、こと座のベガ(織姫)とわし座のアルタイル(彦星)が、年に一度、逢うことができるのが七夕ですよね。天空の星座の2人はどうやって逢うのでしょう? 間には大きな天の川があります。
 
ここに登場するのが、7日目の月、なのです。この日の月は、夕方早めに東から上がって夜になって天の川を横切るのですが、ちょうど月の形が舟に似ていることから、この日の月を舟に見立てて、向こう岸へと渡して二人を引き合わせるというわけです。
ちょうど深夜0時前、月は西に姿を消します。月明かりが消え、真っ暗になった夜空で星々は最高の輝きを放ちます。結ばれた2人へのセレブレーション。まさに天空を舞台にした星々のエンターテイメント。星祭りです。
 
諸説あると思いますけれど、天空の星の並び、7日目の月の形は、七夕では外せません。旧暦だから、2人は逢えて、願いが叶うのです。
 
(そもそも西洋暦の7月7日は梅雨の真っ只中。星祭りが風習になる季節ではありませんね。)
 
今年の七夕は、西洋暦では8月4日。
夏の大三角形はどなたでも見つかると思いますから(内2つがベガとアルタイルです)、月の舟とともに、見上げてみてはいかがでしょうか。
 
皆様の願いが届きますように。。
 
 

翠月淳

JUN MIZUKI

 

 

体験レッスン

 

このところの雷の影響で、ネット機器がショート。

メールのお返事等、ご迷惑をおかけしておりすみませんでした。

現在はもとに戻っております。

 

4つの建物をまたいで行き来しているネットワーク機器の全てが壊れてしまいました。

7月8日のすごい一発!が原因だと思いますが、雷の破壊力に驚きました。

 

最初は大丈夫だったのに数日後に遅れて壊れるという機器もあって、結局は同じラインを共有していた全ての通信機器と、そこに近かった電子機器が南無阿弥陀仏。全とっかえです。アダプターもろとも破壊されたパソコンもあります。妹のPCですがさすがにこれは悲惨ですね。

 

常に通電している通信機器は雷の影響を受けやすいらしいので、対策としてはコンセントを抜くといいそうです。これから気をつけようと思います。

 

 

 

 

お口を開けて、すやすや~ねむっているまあちゃん。小さな歯がかわいい。

 

 

 

 

しか~~し。

昨夜、下痢~血便で深夜に救急へ!明けて今日も病院へ。

痙攣するように全身が激しく震えて、舌を出してハアハア苦しそうにあえいで。抱っこ抱っこで私にぎゅっとしがみついてきて、とにかく震えて。かなり痛いのだろうなと思いました。私が安心させてあげなくては!と思いながらも、あまりに苦しむのでおろおろ。焦りますよね。

 

便を調べたら大腸菌の量がかなり多かったそうです。

あぁ、、。ごめんよ、まあちゃん。。。

 

このところ下痢でくる子がやけに多いと救急の獣医さんが言っていました。

まあちゃんが大嫌いな花火&雷のストレスもあるし、もちろん暑すぎるのもダメ。しんどい季節ですね。

 

人も同じでしょうから、皆様もどうぞお身体ご自愛下さいね。

 

 

翠月

 

 

クリスタルボウルDuo「Crystalians」 とのコラボ動画・第一弾です。こちらはダイジェスト版。

現在7万人の登録者を持つ大変人気のサウンドヒーリングチャンネルなのですが、なんと私が最初のコラボ相手!だそうです。光栄ですよね。

 

やさしく輝く海のむこう、光の世界で奏でているかのような映像&サウンドです。

ゆったり聴いて下さいね。

 

 

 


アルケミー・クリスタルボウル+二胡

 

・Crystalians  牧野持侑 x 杉本直之

・二胡 翠月淳

 

~動画説明より

シリーズ初のコラボ作品となるこの動画は「くりすたり庵・南伊豆」のスタジオで、二胡奏者の翠月淳さんと共に収録したアルケミー・クリスタルボウルの生演奏に、西伊豆の黄金崎の夕暮れの映像を重ね合わせた音浴(サウンドバス)動画です。

 

・・・・・・・

 

翠月淳

JUN MIZUKI

https://www.earthandmusic.com/

 

体験レッスン

 

 

 

 

7月9日(土)愛知県一宮市・尾張國一之宮「真清田神社」にて天麻那舞のご奉納に二胡演奏を添えさせていただきます。

 

美しき舞との調和。

大変楽しみです。

 

◇7月9日(土)13時

◇尾張國一之宮「真清田神社」

愛知県一宮市

http://www.masumida.or.jp/

 

拝観可能です。

12時45分ぐらいまでに御本殿にお越し下さい。

 

※天麻那舞のご奉納では、動画の撮影を固くお断りしております。何卒ご了承くださいませ。

 

 

 

 

 

翠月淳

JUN MIZUKI

 

体験レッスン受付中

 

 

 

 

 

梅雨明けて、加速をつけて、観葉植物が成長中。

この子たちは暑いのが本来の環境なので、喜びまくっている様子。

 

 

 

 

強めに剪定をしたポトスも新芽をぐんぐん伸ばしています。伸びたツルを切るのはもったいないけれど、ちゃんと蘇ってくれるので、しっかり切り戻すのは大切だなと思います。

 

 

 

 

巨大モンステラも新芽シーズン。どこまで大きくなるのでしょう。もう部屋から出られません。

 

 

 

 

こんな風に茎の中から新芽は生まれます。

 

 

 

 

くるくる丸まっている新芽。

 

 

 

 

外界に出てから葉を広げます。そのあと、日光を得るために茎を伸ばし、大きく葉を広げていきます。今、一番大きい葉で6~70センチ。

 

 

 

 

ガジュマルも枝がどんどん伸びています。ガジュマルは水が大好き。一日でかなりの量を飲んでしまいます。

 

 

 

 

レッスン中に眠る男。

 

 

 

 

「ちび、起きろ!」

 

にらむイケメン。

彼の名はグリーンマン。葉男なり。

 

 

 

 

この状況でムシにやられるとひとたまりもありません。特に、コナカイガラムシとカイガラムシ。室内なのでニームオイルで対策しています。水でうすめてスプレーしていますが、言うほどにおいませんよ。私は気になりません。ニームオイルはコバエも消えますし、なかなかいいです。

 

 

 

 

ぼくちゃんのかわいさも絶賛成長中♪

 

 

 

翠月淳

JUN MIZUKI

 

体験レッスン受付中

 

 

二胡メモです。

 

蛇皮を保護するために、べっ甲柄や白のプラスチックの小さな板がついていますよね。これをデンペンと呼びます。

 

お好みですが、私はこのデンペンにテープを貼っています。

弓の摩擦によるデンペンの減りを防ぐために貼る方が多いと思いますが、私の用途は別です。

 

デンペンの角で毛が擦れるかすかな音が、どうしても気になるのです。合わせて弓毛の痛みが気になるので、テープを貼ってそれらを緩和しています。

デンペンの角を面取りして、丸みをもたせている丁寧な仕上げの楽器もありますが、それでも貼った方が雑音が減るので、私は貼っています。

 

youtubeで中国奏者の演奏をみますと、ほとんどの奏者が白い布テープを貼っているんですよね。中国では貼るのが一般的なの?と驚きますね。弓がぶつかる音を軽減するために貼る奏者がほとんどかなと思いますが、多くの方が貼るのですから、それぞれが納得する理由があるのでしょうね。

 

 

さて、この白い布テープ。

最初はもろもろ全てにおいて使用感がいいのですが、ずぼらで交換を怠ると、その内に布がはげ下の糊がにじみでてきて弓毛につき始めるので、ずぼらな方には私はおすすめしません。落ちた松やにと糊が合体して楽器はべたっと汚れますし、テープをはがした後のべたべたも時間が経つと粘着が増して厄介になります。布も擦れて、よれた繊維が立ちあがり、それこそはっきりした異音の原因になりますので、とにかく傷んできたら換えましょう。

 

 

 

 

布テープで失敗した私は、良いものはないかと、二胡用のデンペン保護シールなるものを買って試したり、100均のマスキングテープを試したり、医療用の不織布テープなどを試しましたが、やはり上面が擦れて異音がしてくるので、今はこれを試しています。

 

 

 

 

ビニール素材なので上面がよれることはなく、さっと綺麗にはがせて糊がつきません。たまたま家にあったものですが、なかなかいい!

私は、かなりの大ザッパで、楽器の汚れも全然気にしないタイプなので、己を叱咤しながらなんとか楽器のお手入れをしている有様なのですが、これは楽できそうです。

好みがあると思いますので、それぞれだと思いますが、二胡愛好家の皆さんのご参考になれば幸いです。

 

 

翠月淳

JUN MIZUKI

https://www.earthandmusic.com/

 

体験レッスン受付中

 

 

 

 

 

南伊豆のくりすたり庵

 

クリスタルボウルの第一人者

牧野持侑さんの音楽スタジオにて録音。

 

牧野さん、杉本直之さん

スタジオΩのしんちゃん

 

3人の創造の海に

二胡で参加させていただきました。

 

すばらしい音世界にお招き下さって

感謝の極みです。

 

 

 

 

ステージは鳥居になっています。

 

最初の画像の一番下の板は、喜多朗さんのところにあった桜の木だそうですよ。

 

 

 

 

音響リトリート施設でもあります。

絵本の中のよう。

 

 

 

 

 

 

桃源郷!

 

水のせせらぎ、光、鳥の鳴き声

奏でられる響き

 

どれも心地よく、うつくしい。

 

こんな音楽施設、ミュージシャンなら誰もが建てたいと思うことでしょう。

 

 

 

 

牧野さんが植えたという樹々。

色とりどりの花を咲かせていました。

 

まわりの南伊豆の景色も絶景。

 

 

 

 

楽しすぎて、ずっと大笑い。

こんな楽しい時間ってあるんだろうか?

 

共通の知り合いの辻村さんご夫妻とは

宿で3時までトーク。

 

いろいろ、うれしいね。

 

人生それなりの時間を生きているから

お互いの言葉が染み入る。

時を重ねてこその味わいだなぁ。

 

 

 

 

6月末まで静岡県民半額の駿河湾フェリー。

 

過ごす人、過ごす場所で、時は鮮やかに彩られ、記憶に刻まれる。

 

今を生きる喜びに感謝。

 

 

 

 

翠月淳

JUN MIZUKI

https://www.earthandmusic.com/

 

体験レッスン受付中