ポーの一族

テーマ:

こんにちは。

川口市 音音(おとね)ピアノ教室 講師の髙野真実子です。

本日も、ご訪問ありがとうございます。

 

先日、大好きな宝塚を観劇してきました。
「ポーの一族」という作品で、今から40年くらい前に書かれた萩尾望都さんの漫画作品を元に舞台化されたものです。

時は18世紀まで遡り、西洋のバンパネラ(吸血鬼)の伝説を題材にした、15歳の少年のまま永遠の時を生きる運命を背負わされた吸血鬼エドガーの物語です。

原作は既にお借りして読んでおり、独特の世界観を感じていましたが、これを宝塚で見事に再現されていて驚きました。
また、登場人物全員が、まるでそのまま絵から出てきたようなビジュアルにも圧倒されました。

宝塚って女性ばかりですが、とにかく歌良し!ダンス良し!ビジュアル良し!演技良し!豪華!綺麗!でとにかく素晴らしいのです。

舞台はミュージカル形式で、オリジナル曲が多く、これが名曲揃い!
宝塚側でピアノ楽譜は何度か販売されていますが、すぐに完売してしまうほど人気が高いのです。

そりゃあ、ピアノが弾ければ誰でも好きな曲の楽譜は欲しくなりますよね。

よくインターネットでも、ピアノアレンジで宝塚の楽譜を販売しています。
原曲に近い素敵なアレンジのものが多いので、ヅカファンの方は是非チェックしてみてくださいね♪

 

ホームページ→音音(おとね)ピアノ教室