「お客さまのなかには、1,000万円以上の貯金があるにもかかわらず、私から見ると過度に節約に励んでいる方もいます。理由を聞くと、将来に対して不安があり、お金を使うことはいけないことと感じていて、気がつくと買い物などにもストレスを感じるようになっていたそうです。私は“お金を使えない症候群”と呼んでいます。貯金はどんどん増えるわけですが、過度の節約は、人間関係にも悪影響を及ぼすことがありますので注意が必要ですね」
 
そう語るのは、数多くのお金に関する相談を受けてきたファイナンシャルプランナーの山口京子さん。節約術に関する本が次々に発売されている現在。しかし、使わないことにこだわるあまり、幸せを壊す人が増えているという。離婚カウンセラーの岡野あつこさんはこう話す。
 
「不況も長引き、老後の生活への不安も募るなか、テレビや雑誌では、さまざまな節約特集を組んでいます。いっぽうで節約に熱中するあまり、人間関係まで破綻させてしまう“節約強迫症”ともいうべきケースも急増しているのです。“家族のために”と始めたはずの節約が、いつのまにか節約自体が目的となり、自分や家族を不幸にすることもあるのです」
 
“お金を使えない症候群”がさらに進行していくと、“節約強迫症”になってしまうという。そこで、専門家たちの意見を集約し、作成した“節約強迫症”のチェックリストを紹介。3つ以上当てはまったら要注意だ!
 
□買い物をした後に、なぜか罪悪感をおぼえる
□買い物で悩んだら必ず“安いほう”を選ぶ
□自動販売機で飲み物を買うのは負けだ
□定価で買うと損をした気がする
□旅行先でお土産を買うのは無駄だと思う
□ランチやお茶など、友人からの誘いが減った
□夫や子どもが無駄遣いするとすごく腹が立つ
□夫の小遣いは可能な限り削りたい
□「もっと肉が食べたい」など、家族に食事が不評
□病気になっても、できるだけ病院には行かない
□家族内で節約をめぐる口論が増えた
 
精神科医の高木希奈さんは、“節約強迫症”について次のように語る。
 
「強迫性障害になると、常に不安や恐怖にとらわれ、それを打ち消すために、無意味な行動を繰り返してしまい、日常生活にも支障をきたします。たとえば、最初はふつうに節約していただけなのに、次第にお金を使うことに不安を感じるようになります。さらにストレスがたまっていくなかで、家族など周囲にも節約を強要するようになっていくのです。頭では“ときどきなら無駄に使ってもいいのでは”と考えていても、不安がよぎり、節約をやめられないようになるわけです。真面目できちょうめん、完璧主義という人が強迫性障害になりやすいですね。人間関係が限られているせいもあるのか、特に20~50代の主婦の方の患者さんも多いです」
 
この機会に、自分が“節約強迫症”予備軍になっていないか家族の意見を聞いてみてはいかがか。

部屋の契約金や、新生活に伴い家具や家電を新調したり、予想以上にお金がかかってしまうのがお引っ越し。だから出費を抑えられる所はしっかり節約したいですよね。今回、同一条件で8社に見積もりをとったところ、驚くべき結果が待ち受けていました。

 

都内で単身なら
宅配業者が狙い目!?

 

引っ越しをする際、CMが放映しているメジャーな引っ越し業者を選択しがちですが、しっかりと見積もりを確認したことありますか? 運送費や人件費などの固定費から推測するに、どの業者も同じような価格だと思われがちですが、よく見ると価格が違うことがわかります。どの業者が安く、そしてサービスが良いのか、実際に編集部員が見積もりをとって比較してみました。


なんと! 単身引っ越しなら
引っ越し業者より運送業者がおトク

 

見積もりを見た結果、最安値は専門の引っ越し業者を差し置いて、運送業者である日本通運の「単身パック」でした。


自分でダンボールの用意や荷造り・荷解きの必要はあるのですが、運送費の最高値より約3万円以上おトクになるのですから、ここは見逃せませんね。

同じく宅配業者のヤマトは日通より運送費は高値ですが、荷造り・荷解きのオプションがそれぞれ6000円とダントツで安いのがありがたいところ。専門業者に比べて運送費も安く抑えられ、かつ楽がしたいという方はヤマトの選択肢もアリです。

今回見積もりをとった8社の結果はこちらです。

日本通運
運送費:2万5200円
荷造り・荷解き:2万5000円程度
総合評価:◎

運送費の安さが際立っています。荷物を土日着にするとプラス2000円かかる点はご注意を。なお、運送費に荷造り・荷解きをプラスするプランがないため、荷造り・荷解き付きのプラン(5万程度)から今回の運送費(2万5200円)を引いた概算金額です。

クロネコヤマトの引越し
運送費:3万5900円
荷造り・荷解き:各6000円
総合評価:◎

荷造り・荷解きがそれぞれ6000円(1ボックス)は他と比べてかなり安価です。

ハトのマークの引越センター
運送費:3万5000円~
荷造り・荷解き:各1万5000円
総合評価:○

引越し専門業者の中では最安の見積もり。荷造り・荷解きも他に比べると安いという結果に。

アーク引越センター
運送費:3万5000円~
荷造り・荷解き:各4万円
総合評価:△

荷物の数によっては安くなると言われたが、荷造り、荷解きが各4万円はちょっと高く感じます。

サカイ引越センター
運送費:4万円~
荷造り・荷解き:各2万円
総合評価:△

時間帯指定のできないフリー便が4万円から。休日だとプラス1万円も痛いところ。

アリさんマークの引越社
運送費:3~4万円程度
荷造り・荷解き:各2万円
総合評価:△

ベースの6万円からの割引でこの値段に。こちらも休日だとプラス1万円。

アート引越センター
運送費:6万円~
荷造り・荷解き:3万円~
総合評価:△

細かい料金設定があるようで、とにかく訪問見積もりを求められます。

赤帽
運送費:1万3500円
荷造り・荷解き:なし
総合評価:△

安さは魅力ですが、ドライバーが一人。しかも高さ130cm以上のものはNG。


各社料金の一覧です。引っ越し料金は高いというイメージ通り、専門業者はお高い印象です。専門なだけあって、大物家具の多いファミリーの引っ越し時は頼りになりますが、単身ならもっと身軽ですし、安さのほうを重視しますよね。

そして気を付けたいのが、これが土日になってしまうとプラス料金が発生してしまうところが多いということ。お安く引っ越しするなら俄然平日です。

 

おトクなお部屋探しができる
合い言葉があった

 

おトクな引っ越し法がわかったついでに、部屋探しのポイントも5つお教えします! そろそろ引っ越しをとお考えの方はぜひ実践してみてください。

①不動産屋が紹介してくれない
物件を見せてもらおう


まずは「業者間サイトを見せてください」と頼みましょう。仲介業者となる不動産屋は大家からのキックバックがある物件を優先的に紹介する傾向があります。業者間サイトを見せてと要求すれば、それを事前に回避することができます。これがお得な物件に巡り会う第一歩になるのです。

②家賃や契約料をカードで払える物件で
ポイントを大量に貯めよう


アットホーム、大東建託、アパマンショップなどでは、物件検索サイト内でクレジットカード払いができる物件を探すことができます。クレジットカードで家賃を支払えば、貯まるポイントも結構なもの。普通に銀行振り込みで払うよりお得です。不動産屋でも聞けば、更に選択肢は広がります。

③条件を下げたくない場合は、
リノベーション物件にシフトチェンジ


予定の予算では希望の広さの物件が難しいという場合は、リノベーション物件が狙い目です。建物の外観が古くても中は新しくきれいなのでお得です。ただし、1981年以前に建築されたものは耐震基準が古いので、それ以降に建てられた物件がおすすめです。

④よりおトクな物件に住みたいなら、
更新料がない2年以上の定期借家を


定期借家は一般的に契約期間満了で契約終了となるので更新料がありません。なので、2年以上の定期借家を選べば通常2年毎の更新料を払う必要がないんです。しかも、契約期間が限定されているからか、賃料も安くなっていることも。

⑤生活動線・広さ・物件相場は
頭に入れておこう


間取り図の帖数は結構アバウトなので、帖数よりも柱の位置やトビラの開閉、冷蔵庫の置き場所などの生活動線を考慮しながら間取り図を確認するのが大事です。また、都内は皇居から時計回りに渦を巻くように家賃が安くなるイメージでいると、住みたい街が決めやすくなるかもしれません。渋谷>新宿>池袋とお安くなっていく感じです。

新しい生活を始めるからこそ、手元には現金を残しておきたいところ。不要な出費を賢く抑えて、最高のスタートを切りましょう。

自動車を運転する際は必ず入る任意の自動車保険。保険会社は様々なプランを販売していますが、そんな中にドライバーの心掛け一つで最大20%も保険料金をキャッシュバックしてくれるサービスがあるのをご存じですか? 初耳という方は是非ご覧になっていって下さい。(写真は公式サイトより)

 

あなたの安全運転が支払う保険料に直結

 

世のすべてのドライバーに求められるのは何よりも安全運転です。基本に忠実に、危険を回避して運転すれば事故に遭うリスクは低下することになります。となれば、万一の備えを持ち出す機会も少なくなるので、その分、保険会社としても保険料を割り引いても損がない、というのが保険料を割り引く理屈になります。

その点に注目したのが、このソニー損保の優しい「運転キャッシュバック型」なんです。


ソニー損保
やさしい運転
キャッシュバック型


こちらに申し込むと保険会社から「ドライブカウンタ」が送られてきます。これを自身の車にセットすると、運転の「安全度」を計測し、それによる点数に応じて割引が適用されるんです。


これがドライブカウンタ。場所もとらないので気になりません。

点数を高めるコツはズバリ「やさしい運転」。


「ふんわりアクセルを踏む」ことや「車間距離を十分に取る」、「早めにブレーキを踏み、なめらかに停止する」などを意識しましょう。


こちらが利率になります。点数を満たしても計測時間が規定に到達していない場合は適用されなくなるので注意してください。

カウンタの計測結果によって費用に差が出るというユニークなこの保険。普段から安全運転を心掛けている人にとってはタダで保険料が抑えられるといってもいいプランですよね。逆にイマイチ運転が荒いな、という人もカウンタがあれば安全運転が出来るかもしれません。

最高得点の獲得を目指して、保険と運転を同時に見直す機会にもなるかもしれませんね。


 

360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。