2016.3.11

テーマ:
あれから
5年という月日が流れた。

確かに節目ではあるけど、
時間と共により明らかになって来た
「問題」とは実に複雑で、
例え同じ境遇にあったとしても
真に解決するとは
どういう道筋のことなのか、
それぞれに求めているものも
多様であり、
一概にどういう状況をして復興と
呼べるのか、にはまた
様々な考え方もあるのだろう。

節目だから
何かが飛躍的に前進する訳でもなく、
でも
あれからずっと続けられてきた
実際には
とても想像すら困難な「生活する」
という行為の中に
小さな前進を確認出来る機会も
またそれぞれの場面に
例え僅かでも
あったんじゃないだろうか、と
思いたい。

どんなに困難であっても、
俺としては
とにかく様々な情報、
社会的なシステムの問題だったり
個人の考え方としての意見だったり、
そういったものと接する中で
あれやこれやと想像を逞しくして
考えることを継続すること、
しか出来ないので…

それは別に
節目の日ではなくても、
プライベートな日常の、
また或いは世の中の
何か別のテーマの問題であっても
繋がるところは必ず出てくるので、
自然と思考がそちらに向かうことに
なるから、
俺はただ、今までもこれからも
その思考を継続させていく。


そして

祈ること。
願うこと。

ふと何かのきっかけで
涙が出てしまうこと。

楽しさの余り
悪ふざけしちゃうこと。

信じること。

音楽でワクワクすること。

ひとしきり
思考から心を切り離すこと。



敢えて言うなら、
俺は誰かの為に、と考えている
わけじゃない。

もちろん、
しようと思ってしていることでも
ない。

それは
俺が俺自身をより少しでも
納得させられるような
気がするから。

目に見えない存在たちに
失礼のないようにしたいだけだから。


時と共にカオスもまた
深まっていく。
 
そして
夜が明けるその直前が
一番闇の深い時期でもある。

そこに光りをもたらすのは
俺(私)なんだと
誰もが思えるようになったら、
この闇は
瞬く間に消えてなくなるだろう。

その為に必要なのは
あくまでも自分を信じ切ること。

もちろんこれも、
自分を納得させられる為には
それなりの努力なり覚悟も
必要だけど。

その想い、を
全体で共有出来る時が来たら、
そこに光りは在る。

と俺は思っています。









AD

有難うございました!

テーマ:
ご報告です。


昨日、丸5年に渡って
務めさせて頂いた、
銀座ケネディハウスを
卒業いたしました!


なんかもっとひっそりと
(苦笑
フェードアウトしていく感じに
思っていたら、
なんだかエラいことになったなぁ、
と慌ててしまったぐらい
盛り上げて頂きました。

本当にたくさんの方々が
駆けつけてくださって、
感無量の卒業となりました。

これまで
ケネディのステージでの僕を
見守ってくたさり、
また
暖かいお言葉を掛けて頂き、
その度に
とても感謝の気持ちで
いっぱいになり、
この5年間で経験したことは
とても多くの学びになりました。

足を運んでくださった皆様、
そして
スーパーワンダーランドの皆さん、
スタッフの皆さん、
とてもたくさんの方々に
支えて頂きました。

この場で改めて御礼申し上げます。

本当に、本当に
有難うございました!



今後の活動につきましては
決定したことが出来次第、
ここでお知らせいたしますので、
これからも
どうぞ宜しくお願いいたします!



田原音彦



AD

謹賀新年2016

テーマ:
新年明けまして
おめでとうございます!

今年も宜しく、でございます。

とは言え
あっという間に
1月も11日の成人の日ですが…

でも俺にとっては
全く年の瀬、年明けの感覚が
希薄であります(苦笑

ここ2~3年は
およそ時間軸というものは
絶対的な尺度ではなく、
伸びたり縮んだりするような
相対的な感覚の方が、
強くなっている感じかなぁ…

そういえば…

去年のクリスマスプレゼントは
皆さん楽しんで頂けましたか?

まだメールされてない方も
常に受け付けておりますから、
ぜひ聴いてみてくださいね~

(詳しくは前々回のお知らせ、を
 ご参照ください)

さて。

去年の年明けは
きっと激動の一年になる、と
書いたけど
俺としては想像以上に
激動の一年でありんした。

カオスは深まるばかり、
価値観の多様化は留まるところを
知らず、ってな具合で。

日々
溢れんばかりの情報に振り回されて、
しかもそれは
人々の不安を意図的に煽る為の
ものばかり。

表現の自由という精神、と
好き勝手な解釈と行動、とが
入り乱れて行けば行くほど、
何が本来あるべきことなのかが
どんどん曖昧になる。

自由ってことは
絶対に何者をも傷付けない、
という「責任感」と表裏一体であって、
好き勝手して良い、ってこととは
全く別のことなんだがなぁ…

陰でこっそり
誰かの足を引っ張っておいて、
それでもって
自分の主張は正しい、
っていうパターンは
もういいんじゃないかな~ 

本当に成熟した世の中なら
もっと寛容になれるはずだけど。

色々な人たちがいて、
色々な考え方があって、
たとえそれが
理解に苦しむものであっても、
非難するのではなく
それはそれとして尊重する、
っていう寛容さ。

だいたいのことは
これで解決出来るんじゃないの?

でも
知らないうちに不安を煽られてるから
自らの心にゆとりを持つことが
難しくなって、
自分の正当性を主張する為に
寛容どころか誰かを攻撃することに
はけ口を求めて、
好き勝手がますます深まっていく。


もっと
シンプルにいかないもんかね~
とか考えながら
日本酒呑んで
腹いっぱい食って
ぐーすか寝て(笑

もうね、
俺はこれで充分に幸せです、はい。
(笑

でもさ。

一番大事なことは
自分自らが自らの存在に於いて、
絶対的に幸せな気持ちで
その心を満たすことだと思うよ。


どうすれば
そんな風に絶対的な幸せ、で
自分の心をいっぱいに
出来るのだろう?
 
そんなことを
今年のテーマとして、
一人一人が深く自分の内側に
入っていく時間を大切に出来たら、
きっとこの世界は
劇的に変わると思います。


てな訳で、
今年もよろしくお願いしますね~

音彦






AD