老人ホームで投扇興 | 三休の坊さんブログ
2012-02-11 07:00:19

老人ホームで投扇興

テーマ:投扇興

24年2月10日 今日は千葉市にある、グットタイムリビング  老人ホームにやってきました。

午前中は、海岸通 午後は、駅前通の二箇所で行いました。


みなさん、投扇興を見たことはあるけれど、やっとことがない方ばかりです。

中には、「お座敷遊びでしょうから、・・・・」との話がありましたが、

投扇興は、お座敷遊びが始まりではありません。もっとも後の時代になって大分遊ばれ

(今でも遊ばれている)たようですが・・・


とても優雅で、高貴な日本の伝統遊戯です。


NPO法人 日本投扇興保存振興会理事長
三休の坊さんブログ  三休の坊さんブログ


平均年齢84才と聞いておりましたが、みなさんとっても元気でイキイキされています。

大きな笑い声とともに的に当たると、拍手喝采です。

三休の坊さんブログ


最初は見本で、正式な距離で本式で行いました。

百人一首を読み上げると、ご存知の方々は一緒に詠んでくださいます。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ


しかし、車椅子などおみ足の悪い方々が多いので、椅子席での投扇興です。

みなさん、真剣です。

午後からは、駅前通での指導です


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

ミス投扇興の方々が着物姿で指導してくださいます。

私は、もちろん僧侶姿です。最初は、びっくりされました。

なんでツルツルん坊主が来たのか・・・・

昔、僧侶の姿で病院へお見舞いに行けば「縁起でもない。まだ早い」といわれたことがありました。

しかし、僧侶は葬儀だけの仕事ではありません。

生活に中にあってこそ仏教です。

今でこそ、僧侶は遠い存在となりましたが、昔は僧侶とともに歩む生活があったのです。

今回も、私が僧侶姿なので、昔の和尚さんの話やお寺での思い出をお話くださいました。


三休の坊さんブログ 三休の坊さんブログ

三休の坊さんブログ

皆さん最初は緊張されていましたが、2回3回と重ねるうちに

だんだんコツがわかってこられたのか、拍手と声援の中で日本伝統遊戯体験でした。

私たちも楽しいひと時でした。またお出会いするときを楽しみに・・・合掌


三休さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス