経営者は社員を育てるのが日課であることは言うまでもないが、現実的な問題として一部の中小企業経営者は目先のことしか考えていない。

それを実感しているのは、もちろん社員である。

だが、一部の社員は現状に甘んじているのでも事実である。

ここをいつ辞めてもいい。今の生活が維持できていれば、なんの問題もない。そういう社員がいる会社は成長しない。

 

常に自己錬磨を意識しなければ、経営者も社員も破綻してしまうことになる。

何を以て成長とするのかは、個々人の考え方の違いなのかも知れないが、成長は異端児であることが大切なのかも知れない。

つまりは殻を破ることのできる経営者であり、社員でなければならないということである。

 

仕事とは、つまりは殻を破ることであると前述したが、どう殻を破ることが重要である。