NPO法人日本住宅性能検査協会 建築・不動産ADR総合研究所(AAI)

 NPO法人日本住宅性能検査協会 建築・不動産ADR総合研究所(AAI)

内閣府認証
NPO法人日本住宅性能検査協会
「建築・不動産ADR総合研究所」(AAI)は建築・不動産を巡る紛争の予防および解決を目的とする第三者機関。有識者による7つの専門研究会、弁護士や一級建築士等による第三者委員会で構成。公正・公平な評価及び提言を行ないます


■ 委員会・研究会活動

・建築士委員会
・敷金・賃貸借契約問題研究会
・太陽光発電研究会
・サブリース問題研究会
・リバース・モーゲージ研究会
・空き家等情報バンク運営研究会
・再生可能エネルギー普及研究会

No.8 

==

=よくあるお問い合わせ「賃貸マンションの貯水槽」===

 

〚要約〛

質問:賃貸マンションの貯水槽が、古くて外に汚れや変色があります。問題はないのでしょうか?

回答:貯水槽には、FRP製、ステンレス製などがあります。最も多いFRP製の場合の耐用年数は15年〜25年です。私達の調査では、30年も更新していない貯水槽が数多くありました。

 

劣化は紫外線や水道水の塩素などが原因で、色が変わったり、周囲にカビが発生します。

年1回の義務付けられている水質点検に問題がなければ、更新しない方がほとんどです。

これでは、安心安全な暮らしとは言えません。

 

しかし、目に見えない劣化が、大きなトラブルを起こす可能性もあります。定期的な更新は

必須です。

 

多くの自治体では、貯水槽水道から直結給水への変更を薦めています。直結給水に変えれば、貯水槽のメンテナンスも不要となります。

 

詳しく学ぶ方は建物検査士講座で

 

お申し込みは

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お電話でのお問い合わせも受け付けております。
日本住宅性能検査協会 総合受付センター
03-3524-7215(代表)

建物検査士・建物検査士補

 

 

建物検査士

 

image

 

2014年からの法制度改正によるリバースモーゲージへの影響

2023年3月末時点の契約残高は約2兆円と、2014年3月末時点から利用者は約5倍に増加しています。

2014年6月に施行された「高齢者向け住宅金融法」の改正は、リバースモーゲージの利用環境を大きく変化させました。主な影響は以下の通りです。

1. 契約条件の緩和

  • 年齢要件の引き下げ: 従来は70歳以上でしたが、65歳以上であれば利用可能になりました。
  • 利用上限額の引き上げ: 物件の評価額の50%から60%に引き上げられました。
  • 金利上限の引き下げ: 年利10%から8%に引き下げられました。
  • 契約期間の延長: 従来は10年間でしたが、20年間に延長されました。
  • 繰り上げ返済の制限緩和: 一定の条件下で、借入金の全額または一部を繰り上げ返済できるようになりました。

2. 制度の透明化と消費者保護の強化

  • 貸出金利の表示義務: 金融機関は、契約時に金利の種類と計算方法を明確に説明する必要があります。
  • 契約書面の充実: 契約書面には、利用条件やリスクなどを分かりやすく記載する必要があります。
  • クーリングオフ制度の導入: 契約締結後14日以内であれば、無条件で契約を解除できます。
  • 監督体制の強化: 金融庁による監督体制が強化されました。

3. 金融機関の参入拡大

法改正により、リバースモーゲージ事業への参入が容易になり、多くの金融機関が参入しました。これにより、商品やサービスの選択肢が広がり、競争が促進されました。

4. 利用者の増加

契約条件の緩和や制度の透明化により、リバースモーゲージの利用者が増加しました。2023年3月末時点の契約残高は約2兆円と、2014年3月末時点の約5倍に増加しています。

5. その他

  • 住宅金融支援機構による「リバースモーゲージ支援制度」の創設
  • 地方自治体によるリバースモーゲージに関する相談窓口の設置

法改正の影響まとめ

2014年からの法制度改正は、リバースモーゲージの利用環境を大きく改善し、利用者にとってより魅力的な制度となりました。今後もリバースモーゲージは、老後の資金計画における重要な選択肢の一つとして、ますます注目されることが予想されます。

 

太陽光発電システム販売業者2社に対する景品表示法措置命令

概要

2024年2月27日、消費者庁及び公正取引委員会は、太陽光発電システム機器等の販売施工業者2社に対し、景品表示法に基づく措置命令を行いました。措置命令の内容は以下の通りです。

  • 対象業者: 株式会社新日本エネックス、株式会社安心頼ホーム
  • 根拠法: 景品表示法第5条第1号(優良誤認)
  • 措置内容:
    • 景品表示法違反の表示を行わないこと
    • 再発防止策を講ずること
    • 違反表示内容を一般消費者に周知すること

景品表示法における「優良誤認」

景品表示法における「優良誤認」とは、事業者が商品やサービスについて、実際よりも著しく優良な印象を与える表示を行うことを指します。具体的には、以下のような表示が該当します。

  • 事実と異なる表示
  • 根拠のない表示
  • 誇張表示
  • おぼろげな表示

本措置命令における「優良誤認」の具体例

今回の措置命令では、以下の表示が「優良誤認」に該当するとされました。

  • 新日本エネックス:
    • 「『安心して導入できる太陽光発電・蓄電池販売』でNo. 1を取得」
    • 「業界最高水準の施工品質」
    • 「業界トップクラスの顧客満足度」
  • 安心頼ホーム:
    • 「アフターフォローも充実の太陽光発電・蓄電池販売」
    • 「知人に紹介したい蓄電池販売」
    • 「顧客満足度No. 1」

消費者への影響

これらの表示は、消費者が事業者の商品やサービスについて誤った認識を持ち、不利益を受ける可能性があります。例えば、実際よりも高い性能や品質を期待して購入し、結果的に不満を感じるケースなどが考えられます。

景品表示法の重要性

景品表示法は、消費者が健全な判断に基づいて商品やサービスを選択できるようにするための法律です。今回の措置命令は、景品表示法が消費者保護において重要な役割を果たしていることを示しています。

消費者へのアドバイス

太陽光発電システムの購入を検討している場合は、以下の点に注意しましょう。

  • 複数の業者の見積もりを取る
  • 表示内容をよく確認し、根拠を確認する
  • 不明点は事業者に質問する
  • 必要であれば、専門家に相談する

参考情報

 

月刊誌 

ペロブスカイト太陽電池の専門誌

PEROVSKITE ENERGY REPORT

Vol.1 2024.5.30
 

イントロダクション

・ペロブスカイト太陽発電の基本概念と意義の紹介。

・最新の製造・開発メーカー事例

主要なペロブスカイト太陽発電のメーカーとその技術革新に関する情報。

・実践的な活用事例

産業、農業、住宅など、異なる分野でのペロブスカイト太陽発電の実際の運用事例の紹介。

・研究段階の進展

最新の研究成果や技術的進展についてのアップデート。

・技術課題と展望

ペロブスカイト太陽発電の課題や将来の展望に関する専門家の意見。

・読者の声

ユーザーからの体験談や質問への回答。

・イベント情報

ペロブスカイトエナジーに関連するセミナーや展示会情報の案内。

・特別インタビュー

ペロブスカイト太陽発電分野で活躍する専門家や研究者へのインタビュー。

 

購読者に向けた特別なプレゼントやキャンペーン情報の提供。

 

編集・発行

NPO法人日本住宅性能検査協会<ペロブスカイト太陽電池活用研究会>

 

⇒ 購読希望

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受講申込 

公式Hp ペロブスカイト太陽電池アドバイザー

 ⇒       申込

名称:NPO法人日本住宅性能検査協会<ペロブスカイト太陽電池活用研究会>

本部:東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 第二吉泉ビル5F

TEL:03-3524-7215(受付:10:00~18:00(平日のみ))

 

 

ダイヘン、自家消費太陽光向け蓄電池パッケージを開発:部品価格50%削減

ダイヘンが太陽光発電の自家消費向け蓄電池パッケージを開発。蓄電池の導入や設置にかかるコスト・面積を抑えたのが特徴で、同年5月1日から受注を開始している。

2024年05月20日 

 

概要

  • ダイヘンは、太陽光発電の自家消費向け蓄電池パッケージを開発し、5月1日から受注を開始した。
  • 主な特徴は以下の3点。
    • 部品価格を従来比約50%削減
    • 設置面積を従来比約50%削減
    • 設置工事を半日で完了

製品仕様

  • 出力:±170kVA
  • 入力仕様:三相3線210V
  • 蓄電容量:407kWh/814kWh
  • 外形寸法:
    • 407kWhモデル:W3590×D1305×H2380mm
    • 814kWhモデル:W4890×D1305×H2380mm
  • 設置環境:
    • 屋外・重耐塩仕様(海岸より500m以上)
    • 設置温度範囲:-10~45℃

主な特長

  • 高電圧1500V対応の高エネルギー密度タイプの蓄電池とユニット型パワコンを採用し、機器構成を簡素化
  • オールインワン設計により、設置面積を従来比約50%削減
  • ダイヘン独自のエネルギーマネジメントシステム「Synergy Link」を搭載し、充放電制御を実現
  • 中央監視型の制御装置不要で、将来的な機器の追加・入替が容易

その他

  • ダイヘンは、ストレージパリティ達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業など、各種申請手続きにも対応可能

補足情報

[スマートジャパン]

 

 ダイヘンは2024年5月16日、太陽光発電の自家消費向け蓄電池パッケージを開発したと発表した。蓄電池の導入や設置にかかるコスト・面積を抑えたのが特徴で、同年5月1日から受注を開始している。

 

 新製品は出力±170kVA、入力仕様三相3線210Vで、蓄電容量407/814kWhの2モデルを展開する。407kWhモデルはの外形寸法はW3590×D1305×H2380mm、814kWhは、W4890×D1305×H2380mmで、海岸より500m以上の設置に対応する屋外・重耐塩仕様、-10~45℃までの設置環境に対応する。

 

 高電圧1500V対応の高エネルギー密度タイプの蓄電池に接続可能なユニット型パワコンの採用により、構成する機器の数量を低減したのが大きな特徴となっている。これにより、機器価格を同社従来比約50%削減した。

新製品の蓄電池パッケージ(容量814kWhモデル) 出典:ダイヘン

 また、パワコン、蓄電池、変圧器、自動切替回路、監視装置などをパッケージ化したオールインワン設計によりコンパクト化を図り、設置面積を同社従来比約50%削減できるという。設置は半日で行えるため、施工コストも抑えられるとしている。

 

 新製品にはダイヘン独自のエネルギーマネジメントシステム「Synergy Link」搭載しており、充放電制御にも対応する。高コストな中央監視型の制御装置不要で、将来的な機器の追加・入替等の対応が容易なことに加え、システム改修にかかる手間・コストも抑えやすいとしている。

 なお、新製品の導入については、ダイヘン側で「ストレージパリティ達成に向けた太陽光発電設備等の価格低減促進事業」申請など、各種申請手続きにも対応可能。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

申込⇒ 蓄電池アドバイザー

名称:NPO法人日本住宅性能検査協会 

本部:東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 第二吉泉ビル5F

TEL:03-3524-7215(受付:10:00~18:00(平日のみ))

 

ホットウェーブの入居者見守り事業の概要

ソフトウエアの開発を行うホットウェーブ(東京都世田谷区)は、見守りサービス「人守」を提供している。高齢者の入居が増える賃貸住宅において孤独死防止対策が課題となる中、入居者のプライバシーを侵害しない見守りサービスで、管理会社の利用を伸ばす。

プライバシー配慮を重視

部屋の異常検知 15分間隔で通知

■ 概要

高齢化社会の進展に伴い、孤独死や熱中症などの課題が深刻化しています。ホットウェーブ株式会社は、入居者の生活状況をセンサーで監視し、異変を検知した際に関係者に通知する「人守」という見守りサービスを提供しています。

■ 事業内容

  • センサーを設置: 入居者の室内にセンサーを設置し、温度、湿度、人感、CO2濃度などを24時間365日監視します。
  • 異変を検知: センサーが収集したデータを分析し、一定期間人の気配がない、室温が異常なほど高いなどの異変を検知します。
  • 関係者に通知: 異変を検知した場合、事前に登録された関係者にメールで通知します。関係者は、状況に応じて入居者へ連絡を取ったり、訪問したりすることができます。
  • データ分析: センサーで収集したデータを分析し、入居者の生活パターンを把握することができます。これにより、熱中症リスクの高い入居者を特定したり、生活習慣改善のアドバイスを行ったりすることができます。

■ 導入事例

  • 賃貸住宅: 孤独死対策として、入居者に人守を導入する賃貸住宅が増えています。
  • 高齢者施設: 高齢者の見守りや熱中症対策として、人守を導入する高齢者施設も増えています。
  • その他: 戸建て住宅やグループホームなど、様々な施設で人守が導入されています。

■ その他

  • 人守は、入居者のプライバシーに配慮した設計になっています。センサーは音声や映像を収集せず、室内の環境データのみを収集します。
  • 人守は、導入が簡単で、月額料金も比較的安価です。
  • 人守は、高齢者だけでなく、一人暮らしをしている人や、外出が多い人など、様々な人にとって役立つサービスです。

ホットウェーブ株式会社

ホットウェーブ株式会社は、2019年に設立されたソフトウェア開発会社です。人守以外にも、高齢者向け見守りサービスや、企業向け業務効率化ツールなどを開発しています。

 

■ 補足

  • 人守は、あくまでも見守りサービスであり、介護サービスではありません。
  • 人守を導入しても、入居者の安否確認は定期的に行う必要があります。
  • 人守の利用には、入居者の同意が必要です。

不動産投資を学ぶ方は

新版 サブリース建物取扱主任者 講座

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お電話でのお問い合わせも受け付けております。
日本住宅性能検査協会 総合受付センター
03-3524-7215(代表)

 

     蓄電池の導入から運用までトータルサポート

 

   蓄電池アドバイザー(商標登録申請中)

        2024年6月度講座開設

 

「環境への配慮やエネルギー効率の向上を志向する個人や団体を結集し、クリーンエネルギーの普及に貢献する」ことを実現するために、資格取得者には、蓄電池の導入に関する知識・技能を身につけ、蓄電池の導入を検討している個人や団体に適切なアドバイスを行うことができることが求められます。

 

・蓄電池の基礎知識

・蓄電池の種類・特徴

・発電システムの設置場所に関する建物の知識

・発電システムの導入・運用に関する知識

 

また、資格取得者には、蓄電池の導入に伴うトラブルを防止し、正常な市場の発展に貢献することが求められます。そのため、資格取得者は、蓄電池の基礎知識だけでなく、建物の知識、システム構成、導入方法、運用方法、トラブル対策などに関する幅広い知識・技能を身につける必要があります。

 

資格取得の将来性については、蓄電池の導入が今後もますます拡大していくと予想されるため、蓄電池に関する知識・技能を有する蓄電池アドバイザーの需要は高まっていくと考えられます。

 

畜電池アドバイザーは、畜電池技術の専門知識を持ち、その活用に関するアドバイスやサポートを提供する専門家です。

 

カリキュラム

はじめに

近年、太陽光発電システムの普及に伴い、蓄電池の需要も高まっています。しかし、販売現場では、消費者の誤解やトラブルも発生しています。

この講習テキストは、蓄電池の基礎知識から販売・設置まで、そして消費者問題への対応までを網羅的に学ぶことができます。

 

カリキュラム 

 

■蓄電池システムの基礎知識

蓄電池のしくみ

蓄電池システムの構成要素

蓄電池システムの種類

■太陽光発電システムと蓄電池システムの導入計画

太陽光発電システムと蓄電池システムの導入の流れ

太陽光発電システムと蓄電池システムの導入の際に考慮すべき点

太陽光発電システムと蓄電池システムの運用・保守

■太陽光発電システムと蓄電池システムの運用・保守の方法

■太陽光発電システムと蓄電池システムのトラブルの原因と対処法

■太陽電池に関する関連制度

 民法

 消費者契約法

 特定商取引法

 製造物責任法

■設置施工に関する法令

 建築基準法

 既存住宅の瑕疵担保責任保険 施工・検査基準

 住宅用太陽光発電システム設計・施工指針および補足

■電気に関する法律

■安全面に関連する法規

■税制「住宅省エネ減税」

■補助金

 

 

この教材では、蓄電池に関する基礎的な知識から応用や市場展望まで幅広くカバーしています。蓄電池の活用に関するアドバイザーとしてのスキルを磨くことができます。また、最新の研究動向や市場動向を把握し、産業界におけるビジネスチャンスを探ることもできます。

 

*最新の研究動向や市場動向によりカリキュラムの内容が変更になる場合がありますので、ご了解ください。

 

各項目の詳細

1. 蓄電池の基礎知識

 

リチウムイオン電池、鉛蓄電池、ニッケル水素電池など、代表的な蓄電池の種類とその特徴を解説します。

蓄電池の仕組み、充放電のメカニズム、エネルギー効率などを理解できるように説明します。

容量、出力、サイクル寿命など、蓄電池の性能指標について学びます。

設置場所、用途、予算などを考慮した、最適な蓄電池の選び方を身につけます。

 

2. 蓄電池の販売

顧客のライフスタイル、電力使用量、設置場所などをヒアリングし、ニーズを正確に把握します。

顧客のニーズに合った蓄電池を提案し、メリットとデメリットをわかりやすく説明します。

契約内容を丁寧に説明し、顧客の同意を得た上で契約を締結します。

 

3. 蓄電池の設置

設置場所の選定基準、安全対策、周辺環境への影響などを理解します。

設置工事の流れ、必要な資格、施工業者選びのポイントなどを解説します。

検査・点検の重要性、内容、スケジュールなどを説明します。

 

4. 消費者問題への対応

性能や価格に関するトラブル、設置後の不具合、アフターサービスに関するクレームなど、よくあるトラブルと解決策を学びます。

消費者保護法に関する基本的な知識を習得し、法令遵守の重要性を理解します。

倫理的な販売、顧客対応、情報提供など、コンプライアンスマインドを養います。

 

その他

最新の蓄電池技術、市場動向、法規制改定情報などを定期的に更新します。

このカリキュラムを受講することで、蓄電池に関する幅広い知識とスキルを身につけ、顧客に安心・安全な蓄電池販売を提供できるようになります。

 

消費者問題への対応

 

近年、蓄電池販売に関する消費者問題も増加しています。トラブルを未然に防ぎ、顧客満足度を高めるためには、消費者保護法に関する知識と倫理的な販売意識が不可欠です。

 

このカリキュラムでは、以下の点に重点を置いて消費者問題への対応を学びます。

 

・よくあるトラブルと解決策

・消費者保護法に関する知識

・倫理的な販売

 

具体的には、以下のような内容を扱います。

 

・誇大広告、虚偽表示などの不当勧誘の禁止

・商品の欠陥、性能表示の誤りなどに関する責任

・クーリングオフ制度、書面交付義務などの消費者保護に関する法令

・お客様対応における基本的な態度とマナー

・利益相反の回避、情報提供の義務など、倫理的な販売に関する指針

受講者は、これらの知識を身につけ、顧客との信頼関係を築き、トラブルを未然に防ぐことができるようになります。

 

まとめ

 

この蓄電池アドバイザー講習テキストカリキュラムは、蓄電池の基礎知識から販売・設置まで、そして消費者問題への対応までを網羅的に学ぶことができます。

 

受講者は、このカリキュラムを通して、蓄電池に関する幅広い知識とスキルを身につけ、顧客に安心・安全な蓄電池販売を提供できるようになります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

蓄電池アドバイザー

名称:NPO法人日本住宅性能検査協会 

本部:東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 第二吉泉ビル5F

TEL:03-3524-7215(受付:10:00~18:00(平日のみ))

 

No.7 

 

===豆知識「サブリースはどのようにして生まれたか」===

 

〚要約〛

 アパートのサブリース契約がどのように生まれたのかについては、諸説ありますが、現在のサブリースは1980年代の中頃ではないかといわれています。それ以前の住宅メーカーは、アパートの建設は行っても、管理・運営は、大家さんが地域の不動産会社に委託するか、自身で行うかでした。

 

 住宅メーカーは大家さんに多くのアパートを建ててもらいたいのですが、大家さん側は本業ではないためアパート経営に積極的ではありませんでした。そのためアパート建築の受注が頭打ちになっていました。そこで、住宅メーカーは建てたアパートを一括借上げして系列会社に管理運営させるビジネスモデルを作り上げたのがスタートです。

 

 当初は、住宅メーカーは建設で十分利益があげられたので、管理運営で利益が少なくても良かったのです。ところが、バブル崩壊、リーマンショックと続く不況で、建設も頭打ちになり利益が得られなくなりました。そうなるとサブリース会社は管理と運営で利益をあげなくてはならなくなりました。不況で空室も増えると、一括借り上げ賃料の減額などを請求するようになりました。

 

 

新版 サブリース建物取扱主任者講座

 

お申し込みは

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お電話でのお問い合わせも受け付けております。
日本住宅性能検査協会 総合受付センター
03-3524-7215(代表)

 

 

ペロブスカイト太陽電池の世界市場、2040年に2兆4000億円

2024/05/22

 

概要

  • 富士経済が新型・次世代太陽電池市場の調査結果を発表
  • ペロブスカイト太陽電池は、2020年代後半から本格的な量産が始まり、2040年の世界市場は2023年比64.9倍の2兆4000億円と予測
  • フィルム基板型とガラス基板型の2種類があり、それぞれ市場規模や用途が異なる

フィルム基板型

  • 軽量で応用製品の重量制限が少なく、将来的に印刷技術を応用した量産化による生産コスト低減も期待される
  • 軽量・フレキシブルという利点を生かし、建材一体型太陽電池(BIPV)向けを中心にさまざまな用途で活用されると予想される
  • 2040年の世界市場は5100億円と予測

ガラス基板型

  • 既存の結晶シリコン型の生産ラインを活用して製造できること、応用製品の用途が広いこと、耐久性や歩留まりといった生産技術観点で難易度が低いことから、将来的にも市場の多くを占めると予想される
  • 2040年の世界市場は1兆8900億円と予測

日本企業の状況

  • 中国企業を中心に量産化の動きが進んでいる
  • 国内では、試験的な少量生産やサンプル出荷が進んでおり、積水化学工業、東芝、パナソニックなどが先行するほか、大学発ベンチャー企業やケミカル系メーカーの参入も増加している
  • 商用化は2025年頃で、中長期的に拡大すると予想される

2040年度の国内市場

  • 233億円と予測
  • 当面はフィルム基板型が50%以上を占め、市場拡大に伴いガラス基板型も増加する見込み
  • 2040年度にはフィルム基板型が30%程度に落ち着くが、海外と比較すると高い構成比になると予想される

その他

  • 色素増感太陽電池の世界市場は、2040年に2023年比3.2倍の350億円と予測
  • 有機薄膜太陽電池は、2040年に同3.8倍の1000億円と予測

 

 

 富士経済(東京都中央区)は5月21日、新型・次世代太陽電池市場の調査結果を発表した。同市場の本命と目されるペロブスカイト太陽電池は、2020年代後半から本格的な量産が始まり、2040年の世界市場は2023年比64.9倍の2兆4000億円と予測する。

 

 ペロブスカイト太陽電池は、製造工程が少なく低コスト化が期待でき、軽量化・薄膜化が可能。特にフィルム基板型は「曲がる太陽電池」として注目される。結晶シリコンをはじめとする既存太陽電池からの置き換えや、高効率なタンデム型(結晶シリコンとペロブスカイトの積層)の普及により市場が拡大すると予想される。

 

 フィルム基板型は、軽量で応用製品の重量制限が少なく、将来的に印刷技術を応用した量産化による生産コスト低減も期待される。軽量・フレキシブルという利点を生かし、建材一体型太陽電池(BIPV)向けを中心にさまざまな用途で活用されると予想する。一方、耐久性の低さや大型化に課題があり、解決に向けた研究開発が進めれている。2030年以降に本格的に市場が立ち上がり、2040年の世界市場は5100億円と予測される。

 

 ガラス基板型は、既存の結晶シリコン型の生産ラインを活用して製造できること、応用製品の用途が広いこと、耐久性や歩留まりといった生産技術観点で難易度が低いことから、将来的にも市場の多くを占めると予想される。2024年時点では建物据え付け型太陽電池向けを中心に商用化が進んでおり、中国企業を中心に量産設備の稼働も増えている。2040年の世界市場は1兆8900億円と予測される。

 

 中国などの海外企業では、2025年から2030年頃にかけてGW(ギガワット)級の生産体制を構築する計画が増えており、日本企業より先行して量産化の動きが進んでいる。国内では、試験的な少量生産やサンプル出荷が進んでおり、積水化学工業、東芝、パナソニックなどが先行するほか、大学発ベンチャー企業やケミカル系メーカーの参入も増加している。商用化は2025年頃で、中長期的に拡大すると予想される。

 

 2040年度の国内市場は233億円と予測する。当面はフィルム基板型が50%以上を占め、市場拡大に伴いガラス基板型も増加する見込み。2040年度にはフィルム基板型が30%程度に落ち着くが、海外と比較すると高い構成比になると予想される。なお、経済産業省がペロブスカイト太陽電池を念頭に置いた新たな固定価格買取制度(FIT)区分の議論を本格化することを表明しており、政策の後押しも期待される。

 

 このほか、色素増感太陽電池の世界市場は、2040年に2023年比3.2倍の350億円と予測する。無線センサー用途での商用化が先行していたが、近年は消費者向け電子機器や充電器などの用途開拓が進んでいる。製品あたりの搭載容量が小さいことが課題であり、将来的な市場は他の新型太陽電池と比べて小さく留まるとしている。

 

 有機薄膜太陽電池は、2040年に同3.8倍の1000億円と予測する。IoT向けや電子機器向けに加え、屋外における20年間の長期利用を想定した建材一体型や建物据え付け型向けでも商用化が進んでいる。軽量・薄膜・フレキシブルで鉛不使用という特性を生かした用途開拓で、色素増加感型やペロブスカイト太陽電池と棲み分け、一定の市場規模を確保する見通し。一方、ペロブスカイト開発に軸足を移す企業も増えており、海外では有機薄膜型生産設備の売却事例もみられるという。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

受講申込 

公式Hp ペロブスカイト太陽電池アドバイザー

 ⇒       申込

名称:NPO法人日本住宅性能検査協会<ペロブスカイト太陽電池活用研究会>

本部:東京都中央区日本橋堀留町1-11-4 第二吉泉ビル5F

TEL:03-3524-7215(受付:10:00~18:00(平日のみ))

 

No.76

 

サスティナブル:既存住宅を100年住宅にリニューアル

 

木造建物の資産価値は、20年でゼロになると思い込んでいます。

22年は税制上の耐用年数です。建物の耐久性ではありません。

 

日本では27年で建て替えられています。アメリカは64年、イギリスは84年です。

既存建物は中古住宅というのはいかがでしょうか?

 

点検と補修・改修をすると100年住宅も可能です。

 

 

詳しくは、公式Hp SDGsハウジングプランナー

 

講座は、次のサイトでお申し込みいただけます。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

内閣府認証NPO法人日本住宅性能検査協会

〒103-0012
東京都中央区日本橋堀留町1丁目11番4号 日本橋吉泉第二ビル5F

電話:03-3524-7215

SDGsハウジング・プランナー