音譜第7・8回「ベビーカーコンサートin練馬」〈2回公演〉

~クリスマス音楽会~

クリスマスイヴに、みんなで楽しいクリスマス音楽会をしましょう🎅🤶マラカスを持ってリズム遊び、クリスマスの歌もたくさん歌いましょーう🎵


ピアノ 辻博之 間瀬田 紗代 他


とき 2019年12月24日(火)

午前の部:開場 10:20  開演 10:50(演奏40分)

午後の部:開場13:30 開演14:00(演奏40分)

ところ 大泉学園ゆめりあホール

(大泉学園駅北口より徒歩1分)

〒178-0063 練馬区東大泉1-29-1  電話03-5947-2351

参加費  

大人1000円

膝上抱っこ 無料

子ども 1席500円

(当日支払)

先着170席

 

現在(2019.11.11)のご予約状況 午前の部40席 午後の部20席

 

*予約申込;氏名、大人( )名、乳幼児( )名、 (    )席を

n.otakarakai@gmail.com にメールでご連絡。

予約メール送信用QRコード

予約番号をお伝えします。

これがチケットの代わりで、チケット販売はありません。 

ご都合が悪くなった場合はご連絡ください。

キャンセルは無料です。

 

!!予約番号の返信を必ずこちらからさせていただいていますが、返って来てしまう方が毎回数名いらっしゃいます。設定等お確かめください。

問い合わせ 櫻井‭080 5037 7177‬



辻 博之(ピアノ・うた・トーク?)

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。在学中より、著名指揮者のもと新作を含む多くのオペラプロダクションにて、副指揮者、合唱指揮者をつとめ、国内の様々な劇場にて研鑽を積んだ。2013年に大田区民オペラを指揮してオペラデビューし、その後もロッシーニ「チェネレントラ」や多くの新作初演を指揮。深い歌への理解に基づいたアンサンブル作りを確立。新作日本オペラから古典まで幅広いレパートリーを広げている。また2012年には一人芝居と札幌交響楽団メンバーによるアンサンブルによる劇作品「年々去来」(十島英明演出)を指揮。2015年には演劇「ジョンとジョー」「怪物」(生田みゆき演出)において作曲もつとめるなど、作曲した舞台作品は5作品を数える。演劇的に深く解釈された劇音楽への取り組みは、深く評価されている。合唱指揮者としても国内様々な演奏会に出演。慶應ワグネル・ソサイエティ男声合唱団等、著名合唱団や、東西4大学男声合唱連盟合同合唱等の客演の他、関東を中心とする10団体の指揮者、客演指揮者、音楽監督をつとめている。オペラの合唱指導でもその卓越した力量は年々評価され、合唱指揮をつとめたオペラ「白虎」においてはその合唱を「これは見事というほかはないアンサンブルと力感であった。」と評された。オーケストラの分野でも幅広く活躍。2011年には千葉県文化振興財団25周年「カルミナ・ブラーナ」にて総勢350名の出演者をまとめ成功に導いた。そして、自らが音楽監督をつとめる2つのプロオーケストラを設立。また2012年からは新たに設立されたプロオーケストラ、イルミナート・フィルハーモニーの指揮者に就任。2013年山梨県で行われた国民文化祭やまなしではメインテーマやメインパフォーマンスを指揮する他、2013年、2016年バチカン国際音楽祭においては合唱指揮をつとめた。2017年にはオーケストラ・アンサンブル・金沢定期演奏会にデビュー。その後も同オーケストラと共にAvex classics international主催アマデウスライヴ(オーチャードホール、兵庫県立芸術文化センター等)日本ツアーを指揮、また、DittoOrchestra,Seoul motetto choirと共に韓国ソウル芸術の殿堂にもデビュー。日本のみならず、海外にも活動の幅を広げている。

間瀬田紗代(うた)

宮崎県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同・別科ソプラノ専修修了。

これまでに、数々のコンクールで受賞、オペラや宗教曲のソプラノソリストなど、多くのコンサートに出演する。
 現在は、日本全国さまざまな場所でソプラノ歌手として活動する傍ら、千葉県文化財団主催「オーケストラと遊ぼう!」、「ベビーカーコンサート」、ベジタブルマラソン「おやさいの歌」のお姉さんとしても定評がある。また、声楽・合唱指導の講師として後進の指導にもあたり益々活動の場を広げている。
 第9回全日本高等学校声楽コンクール1位(文部大臣賞受賞)。第54回全日本学生音楽コンクール福岡大会1位。宮崎県学生栄誉賞受賞。宮崎市文化賞受賞。ウィ-ン国立音楽大学短期留学。18歳で九州交響楽団と共演。第14回「雪の降る街を音楽祭」中田喜直記念コンクールに於いて金賞・内村直也賞を受賞。
CD「宮崎恋歌」「懐かしの日本の歌」が好評発売中。