太田房江オフィシャルブログ Powered by Ameba

太田房江オフィシャルブログ Powered by Ameba

太田房江オフィシャルブログ Powered by Ameba


テーマ:

 

国政も大阪の政局も緊迫している時期ですが、平成の終盤にあたって、次の時代に持ち越してはならない問題について提起しておきたいと思いました。それは、1990年代のバブル崩壊から2000年代初頭の大不況で就職難に直面した氷河期世代に関する問題です。

 

最近、竹中平蔵先生が新刊『平成の教訓』を出版され、経済政策の視点から平成の30年を振り返っておられました。また、他にも有識者の皆さまの平成総括が佳境を迎えています。回顧録の数々でも指摘されるように、平成の日本が最も苦しんだのが90年代後半の経済危機。山一證券や長銀が倒産し、自殺者が3万人を超えたご時世で、その頃、経産省から岡山県に副知事として地方に出向していた私も、地元の経営者の皆様から痛烈な悲鳴をお聞きし、景気対策に苦慮した日々が記憶に残ります。

 

誰もが苦しみ、喘いでいた時代。1998年に有効求人倍率が1を割り込むなど、これから社会に希望を抱いて出て行こうとしていた若者たちにも、容赦のない就職難が襲いかかりました。何十社を受けても採用されないのは当たり前。大学を出てもフリーターや非正規雇用でなんとかやっていく方が続出しました。

 

しかし、これも多くの識者の方が指摘されていますが、かつては雇用の安定装置ともいえた新卒一括採用・終身雇用という昭和期からの横並び的な雇用慣行が裏目に出ます。新卒で正社員になれなかった若者たちは、再起の糸口をなかなかつかめませんでした。中には十分なスキルも身につけられないまま、40代に差し掛かってきた人たちも多いのです。「失われた20年」で特に過酷な運命を強いてしまいました。

 

 政治も決して無策だったわけではありません。小泉政権下の2003年には、厚労省、経産省、文科省、内閣府合同で「若者自立挑戦プラン」を打ち出し、当時約200万人のフリーター、約100万の若年失業・無業者に向けて、就業機会の創出などを図りました。また、近年、厚労省は「就職氷河期世代等正社員就職実現プラン」を作り、長期の不安定雇用者を正社員で採用した企業に助成金を支給するなどの取り組みは展開しています。

 

しかし、35歳以上のフリーターは今なお60万人と高止まりしています。さらには仕事があっても非正規雇用ばかりで、家族を持てるかどうかも大変、将来の貯金に回す余裕がない若者も依然として多く、固定化の懸念はますます膨らんでいます。社会保障政策の観点で見ても、数十年後の潜在的なリスクを抱えたままの状態で平成が終わろうとすることに、焦りは募ります。

 

そうした反面、40代は、まだ体も動くし、新しいこともなんとか身に付けられる年代です(人生100年時代のご時世、40代もだんだん「若手」の位置付けになろうとしています)。ここは前向きに考えて、近年、政府で力を入れる、学び直しの「リカレント教育」の重点ターゲットとして、氷河期世代をもっと巻き込み、スキルアップした彼らを雇用した企業を応援できるような体制にできないものでしょうか。

 

外国人労働者の受け入れ拡大の議論がされていた昨秋、ネット上で氷河期世代の人たちが「外国人を受け入れくらいなら自分たちは日本語も話せるし、やる気も負けない」といったことを訴えられているのを見て、ガツンと頭を叩かれたような思いでした。

 

もちろん、地方では外国人労働者なしに回らなくなっている業種もあるのが実情ですが、その問題と並行して、いま都会でチャンスを得られずに苦しんでいる氷河期世代の人たちに地方の担い手として活躍してもらう取り組みも必要です。

 

持続可能性を持たせる上で、時間はそうありません。今度こそ皆が奮い立つ強いメッセージを政治から発信していかねばなりません。

 

 

 

 


テーマ:

私のブログでは、今回から随時、「平成の次の大阪」をどう作るか、政策構想を書いていきます。そして、参議院予算委員会で、近く私自身が質問に立つ機会もあると思いますので、そこに向けた提案にもつなげていきます。

 

大阪から失われた「遊び心」の気風

 

ここで申し上げたいのは、私が大阪の成長戦略で特に重視していること。昨年末に出版した拙著『ノックととおるのはざまで』(ワニブックス)でも書きましたが、大阪は長年、東京を意識してその後追いをするうちに、大阪が本来持っていた良さ(競争力?)を見失ってしまったのではないか、ということです。

 

振り返れば高度成長期の1950年代後半、三洋電機にナショナル(ともに今のパナソニック)、シャープなどの大阪の家電メーカーが「三種の神器」(白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫)を作ってはヒットさせたのは、伸び伸びとした遊び心のある気風もあったからのように感じています。

 

半世紀余りを経て、工業化社会から情報化社会へと変貌しても、いつも時代の殻を破る新しいビジネスは、官僚的なカルチャーからではなく、既成概念にとらわれない自由闊達さと絶え間ない情熱に裏付けられています。松下幸之助さんもスティーブ・ジョブスさんも、活躍した時代は違えども、何か共通するものを感じませんか?

 

芸事の本場を再興

 

これから、大阪らしいクリエイティビティーを生かした成長の活路は何か?

専門家や役所のみなさんと意見交換をしていて見えてきたのは、2つの方向性。すなわち「芸事の本場」として21世紀版の再興をしていくことと、食産業をより高度化していくことにあるのではないかということです。

 

大阪は言わずもがな上方落語、文楽、漫才、吉本興業などの伝統があります。一方で、日本ではクリエイティブ環境がまだまだ欧米に及ばないところも多いのです。

 

例えば、音楽の分野でいえば、アメリカやイギリスでは500700平方メートル級の大規模な録音用のスタジオが存在するので、メジャーなアーティストや映画音楽の収録を集約的にできる拠点があります(日本では、東京にある施設でも200平方メートル級が最大だそうです)。撮影スタジオも、ロンドン郊外のパインウッドのような巨大施設がないため、海外展開を視野に入れたスケールの大きな作品を国内で作りづらい一因となっています。

 

基本的には民間資本でつくっていくべきものですが、日本とアジアのクリエイターたちが集結するハリウッド的な街づくりができるよう、国の文化戦略として後押しすることも考えたいところです。

 

食産業を高度化する

 

今回は食について。日本では食産業を担う人材育成は、調理師学校に見られる技術の取得、もしくは食産業のマネジメントを学ぶ大学などが存在しますが、イタリアの食科学大学のようにガストロノミー(美食学)を専門的に研究するような高等教育・研究機関が十分ではありません。

 

和食は2013年にユネスコの無形文化遺産に登録された、誇りある文化。また、関西独自の食文化もあります。食を切り口に経営に必要な素養を学び、あるいは食、食文化、食産業を研究するような拠点を作る。「食い倒れの街」「天下の台所」と呼ばれた大阪らしさを発揮したクリエイティブ戦略もあっていいのでは。

 

芸と食。万博を機に国家戦略特区という枠組みを設けてみるのも一案です。

 

これらのテーマについて国会質問に向け、みなさまからもアイデアをいただき、ブラッシュアップしたいところです。フェイスブック、ツイッター、LINE@でお気軽にご意見をお寄せください。

 

 

 

 


テーマ:

 

大阪都構想の制度設計を話し合う法定協議会の会合が23日に開かれましたが、都構想を進めたい大阪維新の会に対し、公明党が散会する動議を提出。怒号も飛び交う、激しい応酬の末に6時間の予定がわずか20分ほどで散会しました。

 

維新側が求めていた3月中の協定書づくりは非常にむずかしくなったことで、維新サイドが知事選と市長選を4月の統一地方選の時期に前倒しする構図が固まりつつあります。

 

都構想をめぐっては、自民党はすでに反対しており、昨年4月、安倍総理が来阪された際に大阪府連の決定を明確に支持されています。しかし、安倍総理の意向を引き合いにするまでもなく、そもそも都構想が否決された前回の住民投票から4年も経っていません。維新サイドとしては、設計中の区割りを変更したことなどを仕切り直しの大義名分にしているわけですが、前回の住民投票の際に大阪市民が真っ二つになったことで、地域住民の間で「分断」のしこりを残したばかりです。

 

誤解していただきたくないのは、以前も書いたように、私がいまは自民党に所属しているから、維新の足を引っ張るために、知事時代に模索した都構想に反対しているのではありません。主な反対理由は、政令市そのものを壊し、特別区を作って公選の区長・区議会をつくるという進め方は、むしろ行政コストがかかってしまうデメリットが大きいからです。

 

維新自体も認めるように600億円の初期コストがかかります。一方で、府や市が委託した研究機関が試算したような1兆円の経済効果が本当に生まれるのか。経済成長は、行政の枠組みをいじることだけで生み出せるような単純なものではないことは、大阪を知り尽くす政治家ならこの四半世紀、痛感されているはず。

 

何よりも万博開催で情勢が一変しています。これから大阪で一致結束していこうという時に、いたずらに政治的対立を引き起こしていいのか、3年前、地域住民間の「分断」を招いた傷がやっと癒えつつある中で、拙速な都構想推進というのは、維新を支持してきた大阪市民にも違和感は少なくないのではないでしょうか。

 

財源的にも都構想と万博の「二兎」を追いかけられる財政力は、大阪府にも大阪市にもありません。府民、市民に跳ね返ってくる可能性は大きいと言わざるを得ません。

 


テーマ:

みなさま、お元気でしょうか。

太田房江です。

 

 

年が明け、平成まで残り4か月のカウントダウンに入りました。通常国会が招集される28

日までは、ずっと大阪で活動しております。元日は早速、住吉大社の参拝客の皆さまにご挨拶申し上げました。

 

昨年末の報道にもありましたように、この度、今年夏の参議院選挙の大阪選挙区候補予定者として、党に公認をいただきました。

 

大阪生まれの主人からは「なんでまだ政治家やるん?」「もう、ええちゃうん?」と、よく突っ込まれます(笑)けれども、今の私だからこそできること、やらなければならないことがあります。

 

そのひとつが、社会保障制度改革を手がけていく中で、介護の当事者として実に気づきが多かったことです。ここ数年、89歳の母親の介護をやってきました。この間、今は施設に入所していますが、行政も民間も縦割りが強く、「お年寄りや家族と本当に向き合っているのか」と疑問に感じたことが数多くありました。

 

もう一つは、今、政治家に求められることが変わりあることです。台風21号直後の大阪では、誰からともなく皆さんが力を合わせて、片付けや掃除、食事など、地域の皆さんがさまざまに助け合ってこの局面を乗り切ろうとされているシーンになんども遭遇しました。

 

地域ごとに細かいところで課題は異なっても、お互いを見知っている心の繋がりがあれば、いざという時に何とか乗り切れる。価値観も多様化している今の時代は、政治や行政がひとつの結論を上から一方的に下すのではなく、人々の伴走者として横に寄り添い、コミュニケーションをとり、地域の支え合う力を引き出し応援する、それこそがこれからの政治家に最も求められることではないか。

 

そして、そこにこれまでの私の政治行政経験を重ねることで、お年寄り、介護に悩むご家族、子育てや仕事に苦労されている女性の皆さんにとって、より親身になれる政策を実行できるはず。また、それが地域の豊かさや可能性を拓くことにもつながる、少子高齢化時代を支える大きな力になると確信しています。

 

大阪は、他の都市部よりも人と人との絆が色濃く残っています。介護も子育ても災害対応も地域が一体となった対応を進めやすいはずです。

 

 2025年の大阪万博招致成功をはじめ、インフラ整備、新産業の育成など、大阪の新たな成長のために働くことは当然のこととして、「よりそう。あなたに、大阪に」。

 

心をこめてがんばります。

 

そして「平成の次の大阪をつくる」ために、33市9町1村にお住まいの880万の人々の思いとしっかり向き合ってまいります。

 

<初出版「ノックととおるのはざまで」のお知らせ>

 

初めての著作となる「ノックととおるのはざまで」(ワニブックス)を昨年12月に出版いたしました。タイトルをみてもお分かりの通り、横山ノックさん、橋下徹さんという2人のカリスマ知事に挟まれ、しばしば比べられてきた私自身の思いも含めて綴っております。

 

地元で活動していると、私も弱みや苦労を隠したがる見栄っ張りな性分で、「自分という人間を等身大でわかっていただいてないのでは」と気づかされることが多く、多々反省することがありました。その辺りをメディア関係者にお話ししたのがきっかけで、今回の出版に至りました。

 

先日は、スポーツ報知さんに初出版の思いをインタビューしていただきました。これまでお話してこなかったことも率直に語り、魂を込めて書き上げたデビュー作、是非ご覧ください。よろしくお願いします!

 

 <スポーツ報知:太田房江さん「ノックさんの人心掌握術に感服、橋下さん好感持てる」前後任の大阪府知事への思い https://bit.ly/2SNyJB7

 

アマゾンからの購入先はこちら:https://www.amazon.co.jp/dp/4847097351/

 

<ネットで広まる誤解に基づくミスリードに反論していきます>

 

 2015年の住民投票の頃から、大阪維新の会にネットなどで指摘されたこととして、

 

「太田房江は、知事時代には大阪都構想を提唱し賛成していたのに、なぜ自民党の参議院議員になったら維新の都構想に反対したのか?ただのご都合主義ではないのか?」、また、知事時代の財政運営を巡っても、「太田房江が大阪を壊した」(!)などとネット上で散々叩かれました。

 

正確な事実に基づいたご批判は甘んじてお受けしますが、一部で誤解やミスリードとも言えるものが目立ちますので、今回、言論サイトの「アゴラ」の方に次の2本の記事を投稿しております。以前から「なんとなく気になっていた」というかた、これを機にお読みいただければ幸いです。

 

(アゴラ)太田房江は自民党だから維新の都構想に反対したのか?

http://agora-web.jp/archives/2036396.html

 

(アゴラ)太田府政が減債基金を取り崩したのは違法だったのか?

http://agora-web.jp/archives/2036397.html

 

 

<慣れないけど、SNSの発信もがんばってます!>

 

選挙権年齢が18歳に引き下げられたこともあり、SNSでの発信が年々重要になっています。最近は、おばちゃん達のご近所づきあいもLINEでやりとりする時代ということで、これまでのフェイスブックに加え、ツイッターとLINE@をはじめました。ツイッターでは、案の定、叩かれることも多いのですが(汗)、先日、「ぜひ、維新がいなくても大阪は凄いんだという事を発信してほしい」とのご要望もいただき、見ている人は見てくださるのだと励みになりました。まだまだ、フォロワー数が少ないので、是非フォローのほどよろしくお願いします!

 

 

参議院議員 元大阪府知事

太田房江

 

 **********************

ツイッター https://twitter.com/fusaeoota

 

LINE@ https://line.me/R/ti/p/%40srf2826h

 

<ネットラジオもはじめました>

 

去年の台風による関空冠水で被災地を視察したのをきっかけにはじめました。

10分ほどのショートトークです。今年も月1,2回程度、発信していきます。

 

太田房江の大阪ふれあいラジオ

https://radiotalk.jp/program/4320

 

 

 


テーマ:

 

 

本日、来夏参議院選挙の大阪選挙区候補予定者として、公認発表がありました。

私にとってかけがえのない大阪のために、あらためて全力で働きたいと思います。

 

5年前の参院選全国比例で国政に送り出していただきましたが、今でも大阪の街を歩くと、ありがたいことに「あ、知事さんや」とお声がけいただきます。9月の台風21号で関空が冠水し、停電した大阪の住宅地を視察した際のこと。皆さん自分のことで大変な時なのに、泉佐野ではお昼時にお年寄りが「知事さん、腹減ったやろ?」とカセットコンロで調理したカレーライスをおすそ分けしてくださったのです。これぞ大阪の人情。つい涙腺が緩みかけてしまいました。

 

他にも、皆さんが地域で励ましあい、助け合っておられる場面をみて、逆に勇気付けられました。南海トラフ地震のような大きな災害があった際、人の絆、地域コミュニティーの強さがまずあることが、最大の備え。大阪は大都会であるものの、特に郊外では大きな力になるはずです。

 

一方で、その時に改めて「実態」を痛感したのが高齢化の進展です。平日の昼間にベッドタウンを歩くと、大阪市内へ電車で30分ほどの地域でも、お年寄りばかりという場所も実に多い。南海トラフで津波が起きた時、沿岸部の街であれば高台に一刻も早く逃げなければなりません。しかし、お年寄りばかりの地域では、それもままならないでしょう。

 

大阪万博が決まって、これから7年間、大阪のみんなが前を向けると活気付いているこの頃。外国人観光客で賑わう大阪市内、これから万博会場として開発が本格的になる夢洲にスポットライトが当たる一方で、6月の大阪北部地震と9月の台風21号が、都市部といえども大阪の特に郊外では、少子高齢化のリスクに直面している現実を浮き彫りにしました。

 

私は、「政治は弱者のためにある」がモットー。万博で華やぐこれからの大阪だからこそ、時代の先端を見据えるだけでなく、社会的に弱い立場にある人達に目を向け、一人でも多くの命を守る責任に向き合うことが大切だと思います。

 

大阪生まれの主人からは「なんでまだ政治家やるん?」「もう、ええちゃうん?」と、よく突っ込まれます(笑)。私自身、国会にいると、小泉進次郎先生のように若くて才能のある素晴らしい先生方に出会って、オーラだけで圧倒されることもあります。

 

しかし、今の私だからこそできること、やらなければならないことがあります。

 


テーマ:

週末フル回転記

 

先週末の大阪は、「2025年大阪万博決定!」一色でしたが、この週末は、私も通常の活動にもどり、各地で皆様にご挨拶させていただきました。

...


土曜日は三重県名張市で講演させていただきましたが、ここでも、大阪万博決定に大きな期待が寄せられていました。
大阪万博の経済効果は2兆円と言われていますが、この成果を北摂や南大阪、そして関西全域に波及させる仕組みをつくらなければなりません。やることが山積しています。


日曜日、大好きな市場訪問からスタートして、週末恒例の街頭演説で皆さまのお声をいただきました。
この日の市場は、農産物や特産品、朝獲れピチピチ大阪もん鮮魚がずらりと並ぶ、泉州・岸和田地蔵浜みなとマルシェで!大阪は海の幸・山の幸の宝庫なんだと、あらためて自然の恵みに感謝!


街頭演説は3箇所。皆様と握手をさせていただき、「頑張ってね!」の声に感激! ニコニコ

 


テーマ:

大阪万博招致成功!やりました。

 

1970年万博が高度成長期のシンボルになったように、2025年は新時代の幕開けを飾るイベントとして後世に語り継がれるものにしたいですね。

 

経済効果は2兆円。北摂、南大阪も含めた大阪全域、関西エリア全域に波及するように国としても取り組んでいきたいと思います。

 

 


テーマ:

 

「健康未来トークin大阪」は、” 健康寿命を伸ばそうをテーマに、健康保険組合大阪連合会が主催するトークイベント。そのイベントで、元阪神タイガースの俊足選手・赤星憲広さんと、それぞれの健康法についてトークさせていただきました。

   

野球を止めてから健康診断は必ず受診しケアしている、また、現役時代から「午後の紅茶(ミルクティ)」を毎日2リットル飲んでいるという赤星さん。

    

私はと言えば、お昼は毎日自民党カレー、夕刻以降は会合続きで、「夜のビール」を2リットル(?)。不摂生極まりない私と赤星さんのコントラストが際立ち、とても楽しい(?)トークでしたが、あとで、ややへこんでしまいました。

 

赤星憲広さんとは久々の再会。実は、2003年、阪神タイガースの優勝パレードを行ったのは、当時知事だった私です!そして、それを大変喜んでくださったのが、赤星さんでした。

   

 

 世界トップクラスの平均寿命を誇る日本ですが、残念ながら大阪府は、平均寿命も健康寿命も全国比では低いと言わざるを得ません。特に男性の健康寿命は全国39位。行政としては、まずは、健診の普及啓発等により府民の受診率を向上させる。また、健康な食事・生活習慣の普及のための方策を検討・実施、そして、糖尿病等、生活習慣病の重症化予防に関する先進事例の展開等々、やるべきことが山積しています。

   

  

いずれにしても、先ずは「隗より始めよ」。

 私自身の生活習慣を、今日から、いえ、明日から改善します!

 

 

 

 


テーマ:

 晴天に恵まれた週末の大阪、

 各地で楽しいイベントが開催されました。

 

 

東大阪地区「JA祭り」では、子供たちのお遊戯、女性部によるフラダンス、最後は河内音頭で収穫をお祝い! 

 八尾の「山ねきマルシェ」は、秋の大収穫祭で新鮮な農産物がずらり!

      

6月の「大阪北部地震」や9月の台風21号など、今年の大阪は大きな自然災害が相次ぎました。特に台風の影響により、「水なす」「いちじく」など、甚大な農作物被害に見舞われました。それでも、各地で元気に収穫祭が開催されるのは、本当にうれしいことです。

       

 毎年、皆さまが笑顔で収穫を迎えるために、災害に備えたまちの強靭化、被害を受けた際の手厚い救済措置など、引き続き迅速に取り組んでいく決意を新たにしました。

     

  

イベントは収穫祭だけではありません。

    

ラグビーのまち・ものづくりのまち、東大阪では、「ゆるキャラグランプリin 花園」が!

2019年のラグビーワールドカップ開催で街中が盛り上がっている中、東大阪のマスコットキャラクター「トライくん」の前で、野田義和市長と。

なんか、トライくんと市長、どことなく似ているような………。

       

 訪れた人たちに笑顔と大きなエネルギーを与えてくれる「地域のお祭り」、私は大好きです。

       

 皆さんの街のお祭り情報、どしどしお寄せください!

 

 


テーマ:

みなさん、ご存知ですか?

 今、1日に全国で3.4件のガソリンスタンドが廃業していることを。

 

 ガソリンスタンドの役割は、平時の車への給油だけではありません。ここ数年、全国各地で台風や水害など甚大な災害が相次いで発生していますが、そんな時、GSは地域における燃料供給の拠点・「最後の砦」として被災地の皆さんの生活燃料を供給し、迅速な復旧を支えているのです。

      

そんな重要な役割を持つGSが廃業に追い込まれるような厳しい税制を受け入れるわけにはいきません。

 今年も総決起大会に参加し、その思いを強くしました。

    

 決起大会の後、あらためて、大阪府石油商業組合の方々からの要望書を、しっかりと受け止めさせていただきました。

 

 

 

Ameba芸能人・有名人ブログ