オステオパシー治療院 H.O.O. フーのブログ

京都市のオステオパシーで最も人気がある整体、"オステオパシー治療院 H.O.O. フー"のブログです。健康についてや症状報告も合わせて気軽に更新していきます。


テーマ:

もう、いつぶりのブログかな・・・。

 

そんな感じですが、久しぶりに書いてみなした。

 

かなりうれしかったので誰かに聞いてほしくて(笑)

 

症例報告なんですが。

 

「停留睾丸(精巣)」のお話し。

 

1歳ちょっとのお子さんなのですが、病院で停留睾丸と診断され、

手術が必要と言われました。

 

その子のお母さんは手術は避けたいし、でも放置して将来生殖機能

に問題が出ても困るしどうしたものか?との相談で来られました。

 

本来、睾丸(精巣)は玉袋に入ってるものですよね?

 

でも元々精巣は発生時、腹腔内(お腹の中)にあって、成長と共に

下に下がって玉袋のなかに収まります。

 

もし、何らかの原因で下に下がらず腹腔内に残ってしまった場合、

停留睾丸という状態になります。

 

精子を作って貯蔵する際、あまり温度が高すぎるとその能力が

落ちるため、睾丸は袋に入れて外にぶら下げてあります。

 

停留睾丸になると、温度が高い腹腔内に睾丸があるため、生殖

機能の低下が起こる恐れがあるため手術で下に移動させることが

現代医療のセオリーです。

 

この処置自体が決して間違いではないことは理解してくださいね。

 

私たち施術家の考え方は、本来下がってくるべきものが下がらない

のであればその理由があるはずだと考えます。

 

考えられるパターンとして、

1.睾丸が何かに引っ張られて下がれない

2.下に下がる道が塞がっている(or狭くて通れない)

 

この2パターンをまず考えます。

その他にも可能性はあるのですが、ここでは割愛して。

 

今回のケースは2.がメインでした。

 

睾丸は腹腔内から袋に移動する際鼡径管というトンネルを通ります

がその部分がすこし緊張して狭くなっていました。

 

鼡径管を狭くさせる要因は様々ありますが、多くは腹部の緊張か、

骨盤の固さ、歪みでよく起こっています。

 

今回も腹部の固さと骨盤帯の固さを緩めることをメインにして、この子

の場合、自己主張が強いというか、甘えたちゃん、というか、かまってちゃん

というか(笑)。

 

けっこう思い通りにならないとよく泣き続けるお子ちゃまなんです(^^♪

 

まあ、それもかわいいんですけどね。周りからみれば。

(お母さんは大変ですがね(笑))

 

でもよく泣き続くることが多いので常に交感神経優位というか、いつも

戦闘モードが強い子なんです。

 

だから、身体もけっこう緊張しがち!!

 

その面も考慮して、全身の緊張を解いてあげるようなことも重要視しました。

 

今年1月に手術を決定されそうになっていたのを2か月猶予をもらい、

この3月に睾丸が下がって無ければ手術です。といわれていましたが。。

 

無事、睾丸が下がってくれているとのことで手術は無しになりました!!

 

ギリギリ間に合いましたが本当によかったです!!

 

この仕事をしていてこどもやお母さんの健康に関わることができて本当に

よかったと思える瞬間です!!

 

100%こうなるとは決して言えませんし、手術をすることが悪いことでは

ありません。

 

最も大切なのは最悪の事態を回避すること。

今回の場合は停留睾丸がそのままで、この子の将来の生殖機能に問題

が出ることが最悪のケースなので、今回下がってくれなければ、手術も

必要になるかもしれないのです。

 

しかし、手術の後遺症や、癒着のリスクも増えてしまうことも考えなければ

いけません。

 

手術を避けれるなら避けた方がリスクという不都合な可能性を回避できます。

 

まずはできることをやってみて、どうしても必要であれば手術などの処置も

時には必要です。

 

一つの考え方に固執することなく臨機応変に考えて、命を守ること、完璧な

身体を守ることに対して最良の選択を行うことが大切ですね(^_^)v

 

とにかく!!

 

嬉しい報告でした!!

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
さてさて、続きです。


前回は「消化・吸収」が悪くても・・・
な話でした。



>今回は「消化・吸収」がよくても・・・
な内容です。




もし、あなたの身体が「消化・吸収」をしっかり
できたと仮定して、その次の段階として、何が
必要になってくるでしょう?


食べたものがしっかりと栄養素として分解されました!


じゃあ、それを全身に何十兆もある細胞さんに届けて
あげなければいけませんよね?



どうやって届けましょう?


ここにあるから取りに来て~と呼びかけましょうか(笑)
なわけないですよね。


当然のことながら細胞に届けるシステムは初めから
確保されています。



みんなが知ってる「循環」です!


取り出した栄養を隅々まで届けるのには、動脈をはじめ
いろんなパイプで送り届けてます!!



言い換えればこのパイプで全身くまなく送るということは
このパイプが滞りなく流れる必要があります。


配管がつまっててもダメ!!
送るポンプが弱くてもダメ!!
また、行きは良くても帰りがつまったら渋滞する!!


もし、このパイプに状態が悪ければ・・・・


栄養素は届かない。。


良いものを足して、「消化・吸収」ができても・・・
つまってたら届かない!!


もう、ここまで来れば何が言いたいかお分かりですよね?


今までの3回で言いたいことは・・・・・


足すよりも前にすることは

「身体のもとの機能を正しく使えるようにする!!」


それが無ければ足し続けても意味がないんじゃないか?
ということです!!


身体は元々正常に働くようにできている!!
それが問題なく行われれば、「健康」な状態に勝手になる
ようにできているんです。



身体は元々「健康」なはずだから「健康ではない」状態
が異常であって。


「健康」は何かを足してしか手に入らないものではないのです。


そこを抜かして考えてしまうと、「健康」を外に追い求める
「健康」ジプシーになってしまいかねません。


「健康は元々自分の身体が正常であれば当然あるもの」


という視点に立てるかどうか。


そこがと~ても大事なんじゃないかな。


「健康」が元々あるものなら、足す前にすることは

取り戻すこと

ではないですか?





自分にある力を取り戻していきましょう!!

今日も健やかに!!
最後までありがとうございます。










身体はもともと健康!!
そんな視点を持ってみては??

⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩





人をみるということはどういうことか?
人を生命体として扱うとはどういう意味か?
一般人から施術者・セラピストみんなが知っておきたい人の本質とは?

そんな今まで重要とされていなかった内容をお伝えする講座は


こちら➡マスターホロソファー講座
    
   ➡触って学べる解剖学
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちは。


しっかり続けていきますよ!!


前回の記事では、なんか抜けていないかな~。
というところまででしたね!!


では、何が抜けていると思いますか?


何かが足りないから足せばいいんだよね?
良いものをとり続ければいいんじゃないの?
食べるということであれば「食べかた」?


まあ、こんな感じに堂々巡りといいますか。

いろんな意見が無限に出てくるかもしれませんね!!



では、もっとアカデミック!科学的に!
人体をあかでみっくに~!!・・・・。



していきましょうか(笑)


まず、食べたものはどうやって身体に行きわたるの?


そう!みんな知ってるはず「消化・吸収」ですよね。


何を食べたとしても「消化・吸収」しなければただの
物質ですね。
ま、ゴミともいえるかも・・・。。
だって「消化・吸収」しなければ、口から入って出ていく
だけでしょ?



意味ないですよね?



ここだけでも言えることがありますよね?



どんなにいいものを食べても「消化・吸収」しなければ
ゴミになる。



もし、今の「健康ではない」状態の原因が「消化・吸収」
できないことであれば・・・・・?


いいものを足し続けても???


ただのゴミ。。


そんな場合は足す前になんで「消化・吸収」できないの?



それを考えないといけませんよね?


この「消化・吸収」を妨げる原因は何があると思います?


内臓の調子?消化酵素不足?疲労?食べ過ぎ?


考えられるものはたくさんありそうですよ?
混乱しそうですね~(笑)


でも、こういった考えはとっても重要なんじゃないかな?


例えば内臓の機能が落ちているとしましょう!


では、なんで内臓の機能は落ちてしまうのか?






ここでとっても大切なことは!!


身体は元々みんな正常に働けるはずってこと!!


身体はその能力をしっかり出せば問題なく動くはず。


それが正常に動かないとすれば、何かその能力を
出せなくしているものがあるということ!


その邪魔なものを取り除けば身体は勝手に正常に戻る!!


ここが大切!!



まあ、原因の例を挙げるとすれば、今の時期では
気温が上がったり下がったり、夏のような違うような。


そんな環境では自律神経もたまったもんじゃないかもね!!


それで自律神経が誤作動すれば内臓も満足に動けないし。


内臓動かなきゃ「消化・吸収」もあったもんじゃないしね。


そんな状態でいいものとってもね~・・・・ゴミと化す。



ま、今回の内容は内臓機能が低下してても・・・・。


という場合の一考察です。



次回は「消化・吸収」が正常でも・・・・。
な内容です。






PS:邪魔者を取り除く、元々の働きを取り戻す方法は
  
⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩ ⇩





人をみるということはどういうことか?
人を生命体として扱うとはどういう意味か?
一般人から施術者・セラピストみんなが知っておきたい人の本質とは?

そんな今まで重要とされていなかった内容をお伝えする講座は


こちら➡マスターホロソファー講座
    
   ➡触って学べる解剖学
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。