■ある女性の体験
 
雨上がりの石段を下りている時に、
気が付いたら尻もちをついていました。
 
石段だったので、お尻をぶつけた
衝撃が大きく、痛みが強く、
立ち上がるのに、
少し時間が掛かりました。
 
打ったお尻も痛かったのですが、
衝撃が、首にドスンと響き、
その後から、首の痛みと
腕の痺れがでてきました。
 
翌日には、最初の衝撃はとれて
いたのですが、首の痛みはとれず、
背中も腰も重い違和感が
1週間たってもとれません。
 
また前かがみになると、
ぶつけたお尻も痛みます。
 
身体も全体的に、重だるく苦しいです。
 

■身体には何が起きているのか?
 
幸いなことに、仙骨や尾骨の
骨折はしていませんでしたが、
お尻を打った衝撃は、
かなり強かったようで、
 
全身をチェックすると、仙骨に受けた
衝撃が、背骨全体に伝わり、
背骨の位置ズレを起こすと同時に、
首を最終地点として、頸椎のズレも
引き起こしていました。
 
これが、背中と腰の重さや痛み、
首の痛みを起こしています。

また頸椎がズレると、その上にのる
頭部の位置もズレます。
 
まだ尻もちをついて1週間しか経過
していなかったので、それほど、
頭部への影響は少ないのですが、
 
このズレが改善されないまま
長い時間放置すると、頭部の生理的な
機能が少しずつ落ちてきて、
頭痛や吐き気や眩暈といった
症状が起きてきます。
 
それでもまだ、そんなに時間が
経過していないこの方も、
身体全体が重だるい
といった症状がでていました。
 
頭部と首の位置がズレていると、
疲労感が増す為です。
神経伝達、血液循環といった
生理的機能の効率が悪くなるからです。
 
 
■オステオパシーで調整をします。
 
仙骨から背骨に掛かっている
衝撃圧を抜きながら、
位置の矯正を加えていきます。
 
また一番衝撃が大きい仙骨の位置が
ズレると、骨盤位置にもズレがでて、
その中にある内臓にも影響がでます。
 
その為、仙骨、骨盤、脊柱、頸椎
といった骨に関わるハード面の
矯正だけでなく、内臓といった
ソフト面の矯正も必要となります。
 
そして最後は、
頭部の位置ズレを修正します。
 

■調整後は、、、。
 
「それでは起きてみて下さい。」
調整が終わり、
ベットから起きてもらいます。
 
立ち上がって、首や身体全体を
動かして、確認してもらうと、
 
「あぁ、軽いです!
  ずっしりと苦しい
    重さが取れました!」
 
では、前かがみで、痛みがでていた
お尻はどうでしょうか?
 
「大丈夫です、
 若干、違和感がありますが、
         痛みがありません。」
 
その残る違和感は、痛みの余韻
なので少しすると取れてきますよ。
 

■最後に、、、。
 
尻もちは、お尻だけの問題ではなく、
それと繋がる部位へ、力の衝撃が
伝わり、骨格構造を歪めてしまいます。
 
構造が歪めは、血液循環や
神経伝達を低下させ、
内臓機能が落ちていきます。

それを放置していくと、
より大きな症状としてでてくる
可能性も高いです。
 
特に頭部への影響は大きく、
メンタル面に支障がでることもあります。

私が今までの経験からすると、
身体に大きな衝撃を受けたら、
その影響は必ずでています。
 
痛みや重だるい、苦しいといった
症状があるようでしたら、
打撃の圧を抜く必要があります。
 
調整をすると、身体が楽になりますよ。
思い当たる方は、
ぜひ調整をしましょう。(^-^)/
 

●●● オステオパシー整体院「Harmony●●●

<<優しい原因追究型のオリジナルアプローチで身体スッキリ>>
「池袋」東口(22)出口より徒歩4分…PARCO側出口です。
〒170-0013東京都豊島区東池袋1-36-7
アルテール池袋409号室
Tel:03-3986-5793
mail:osteopathy-0802@osteopathy-harmony.com
URL:http://osteopathy-harmony.com/

 

 

セラピスト:神 永 Osteopathe D.O.

欧州基準 仏政府認定オステオパシー最高資格
Diplome d’Osteopathe取得済
.
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
.
.
.