まつりごとのブログ

まつりごとのブログ

尾崎スイミングスクール統括部長が綴るスクール日記です。


テーマ:
今日は大寒。

一年で最も寒くなるといわれる時季とされ、今朝は文字通りに、時雨まじりの寒い朝になりました。

大寒から2月にかけて、まだまだ寒さが厳しくなりますが、寒さを厳しく思うのか吐息の白さを見て、冬という季節を愛でるかは、自分の心次第。

どうせなら、後者を選びたいですね。

あと、数週間たてば、日常会話に三寒四温などという話題もでる時季になるということに思いを馳せながら、今日という日を感じるようにしたいと思います。




テーマ:
昨日はとあるサッカー関係者の方とディスカッションさせていただきました。

サッカーとスイミング、それぞれのビジネスの垣根を越え、どのような形で社会貢献をしていくべきかという話し、特に各地域の子どもたちの未来づくりや夢の提供という話しなど、良いお話しができました。

SDGs(世界のリーダーたちにより決められた国際社会共通の目標)の中にも掲げられている貧困(子どもの貧困)をなくすというテーマは、私たちも企業単位で取り組まなければならないと感じさせられました。

明るく元気な子どもたちを増やしていき、相互協力で、地域に活力与え、その発展に貢献しようと、いろいろなアイデアも出すことができ、有意義な時間となりましたウインク

異業種の方とお話しをすることで、スイミングスクール事業の素晴らしさを改めて認識することができましたウインクチョキ



テーマ:
松の内も過ぎて1月も中旬ですね。

卒業シーズンも目前となり、6年生にはぜひ3月末まで履修してもらいたいものです。

小学校卒業までやりきった習い事は、一生の中でもインパクトが強く、自信という宝物になります。

でもその反面、その直前である1月や2月で辞めてしまっては、胸を張っての卒業までとは言えなくなり、せっかく得られる一生の宝物を、目前で手放してしまうことになってしまいます。

生徒や保護者みなさんも今はピンとこないかも知れませんが、その宝物を得るということは、人生のあらゆる場面で活きることになります。

宝物=自信

自信を持つということは、困難に立ち向かえたり、小さな喜びを大きな喜びに感じたりという感受性につながります。

少年期(子ども時代)最後だからこそ、強烈なインパクトを得ることができる数ヶ月。

どうか、大切に考えて、9合目で下山ということのないようにしていただきたいものです。




Ameba人気のブログ

Amebaトピックス