ブッサンの交際クラブ奮闘記

ブッサンの交際クラブ奮闘記

40のオッサンが女の子とお近づきになりたくて交際クラブでもがいている様を書き連ねるブログ


テーマ:

お風呂上がりは健全にお昼ご飯です!

旅館着姿にに見惚れてなどおりません!

 

山の幸がいっぱいのフルコースです(^^)

 

果たしてわざとなのか偶然なのか、天ぷらの衣が谷間にダイブなんかもしましたが

 

ブッサンは決して見惚れてなどおりません!

 

加「取るとこ見てたでしょ!」

 

とも言われましたが、平静を装いつつ口をすぼめて否定してやりました。

 

 

改めて久しぶりに書いていますが、やっぱり冬に帰り道に書くもんじゃないですね。。。

手がかじかんでヤバイです。

でも、家についてからだとだらけたいのけ書く気力が。。。

 

う~んジレンマ

 

 

交際クラブを初めて丁度一年経過です。

それでも、正規の彼女でも無いので、年末年始は会うことが出来ません!

まあでも、そういう悔しさもあるからこそ続いているのかもしれませんね。

 

実家にでも帰っておふくろとオヤジの世話でも焼いてくるかな

 

 

 


テーマ:

 

まあそんなこんなで

背中洗いっこからのお風呂で汗を流しつつ

残念ながら景色を楽しむことは出来ませんでしたが、午前中に入る温泉の特別感ってなかなかのものがありますよね。

加奈さんも、純粋に温泉を楽しんでいてくれているようなので野暮なことや話はせず

2人で並んで方までゆったりと入っておりました。

 

今思えば、会話も殆どなかったように思います。

(あまり記憶がない…)


テーマ:

さて、無事に某温泉に着きました。

前回の温泉はゆっくりとくつろいでから入りましたが、今回は個室風呂ですので、気兼ねなく入れるということで

早速お風呂へINです!

 

タイツを脱ぐ仕草ってなんであんなに雄を掻き立てるのでしょうか?

(覗き中)

 

黒だとなおたまらんのです。

(覗き中)

 

ともあれ、ブッサンは腰に、加奈さんは胸からタオルを巻いて入っていきます。

一年という付き合いですが、そういった部分はオープンになりきれていない自分たちが少しおかしいような初々しいような変な気分を味わいました。

 

むしろそこがいいのかもしれません。

恥じらいをなくしてしまっては、それはもう倦怠期の夫婦ですから。

大事な部分は大事な時にとっておくものです。

 

 


テーマ:

皆さんこんにちは

 

ブッサンです。

 

最近寒くて(言い訳になってない)ブログの更新が殆ど無いブッサンです。

先日、加奈さんの1周年記念デートをしてきました。

 

結論から言うと、指輪をプレゼントしました。

 

 

 

 

 

 

はい

 

 

すみません嘘です。

そんな気持ち悪がられること、小心者のブッサンには出来ません(T_T)

 

 

今回は、少し遠くまで行ってきました。

そうです、いつぞやとカブっていますが、温泉です!

露天風呂付き客室で、気兼ねなく一緒に温泉に入れる男のあこがれです!

 

混浴とはまた違う響きがありますよね。

 

さて、某駅に10時に待ち合わせをして、車で向かいました。

早朝は流石に気が引けたので、まあ常識の範囲内のはやさではまあこんな時間かなと

 

まず加奈さんをひと目見て思いました。

「グッジョブ!!」

 

来ましたコレ

 

黒タイツ

 

脚にとにかくこだわりのあるブッサンです。

そんなブッサンの一番好きな御御足のドレスが黒タイツです!

 

ミニスカなんか履くもんだから運転席から気になってしょうがないわけですよね(^p^)

そして加奈さんも確信犯なわけですよ。

不敵な笑みを助手席で浮かべつつ、いじってきます。

 

 

相変わらずオッサン心をよくわかっていらっしゃる。

 

 


テーマ:

どうやら今度こそオファーが決まったようです。

 

もうね

 

 

質問がしつこいです。

 

Q,どんなお店だといいんですか?

A,お前とよく下見に行っとるやろがい!女の子の好み見ればいいだろ!

 

Q,美人局とかほんとに無いんですよね?

A,評判いい子選んだんだから今までのデートが良かったんだろ!

 

Q,最初は食事だけにしといたほうがいいんですかね?

A,交際タイプみれぇ!その場の流れで行ってくれ!

 

Q,今日なんかふさふさですね!

A,湿気あるからかな?いや毎日ふさだし!

 

あくまでほんの一部です

気持ちは分かるけども。

 

ブッサンを弄り倒すことは決して忘れないままに、最近はブッサンに足を向けて寝られないほどの状況になってきております。

(ブッサンの中では)

 

さて、先ずは失敗の初デートになるように心から応援することにします!

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス