Ki・Du・Kiの腸セラピー

Ki・Du・Kiの腸セラピー

腸セラピーの施術を中心にSalon・de・Granjute[サロン・ド・グランジュテ]として自宅サロンを経営しております。

【遺伝子栄養 我が家の子供編】

我が家には、小学校から野球を頑張っている男子がいるので、母としてサポート出来ることは、食事や身体のメンテナンスビックリマーク

私が遺伝子検査をする時に 我が家の男子2人も一緒にしました。(もちろん 本人の同意のもとで)

楽しみにしていた子供たちの結果は 
なんとっ !「アザラシガーン   私と同じゲラゲラ

同じキャラでも男性と女性でも少し違うのとオススメ食材も違います。食事分析からもアドバイス内容も違いましニコニコ

私のハートを射止めた新たな発見は 肌目
↓↓↓


コラーゲンの分解が早いタイプらしい
ってことは……
よく 考えると野球肘や怪我のリスクが高いよね…

今までは、夏は、日差しが強い中での練習で、すぐに 真っ黒に日焼けするから活性酸素対策ばかりしていたよね〜

長男は よく 肘や膝の痛みを訴えたりしていたので、マジこの情報は知れてよかったラブ 
知っていて 予防できることは なによりグッド!

で。ここまでは、自分の中に腑に落ちることばかりだったんだけど……

ふと 、また 私の頭の中に疑問が……うーん

兄弟同じキャラで、 朝、昼(弁当)、夜と同じものを食べているのに お兄ちゃんは スラッとスレンダーで 弟はガッチリムチムチして違うのは なんなんやろ!?

親から受け継いだ遺伝子は3~5割、生活習慣が7割だから、アドバイザーbookを参考にしながら2人の生活習慣の分析をしてみましたサーチ

長男→お水をたくさん飲む。
          お風呂の時間長い(風呂で読書)
          体脂肪は1桁だが 筋肉は落ちやすい。
          食事への意識は高い。
          毎日 排便2-3回 バナナ💩で 快調
          睡眠時間  7時間  
         重たい荷物担いでチャリ通学(25分程 )   
         運動  週5-6日  野球の練習
         良いものは すぐ取り入れる。素直。
         あまり悩まず なんとかなるやろ主義

次男→水分あまり飲まない。
          カラスの行水なみに 風呂の時間が短い
           体脂肪20%で 筋肉量は 少ない
           食事への意識薄い
           食事中は喋りが多く 時間かかる
           集中力がない
           毎日 排便3-5回 バナナ💩で 快調
           睡眠時間  8-9時間
           徒歩で通学(10分くらい) 
           運動  週一回ナイター練習と土.日曜日
           明るいが 密かに思い込む 
     
兄弟を比べてみると 脂質、糖の燃焼の差→燃えカスの多さと老廃物の排出の差で 体内の循環が違うのかなと…ひらめき電球

 長男の改善した点】
オススメ食材を取り入れる
タンパク質の捕食を増やした 
外食用のオススメメニューもあるので コンビニで購入するときに 自分にあうものを選択できるようになったと。
身体のケア  アロマオイルマッサージ

【その結果】(1年たった現在)
↓↓↓
練習後の体重減量がほとんどない。
バテなくなり 集中力の持続。(学習面も )
肘や肩の痛みが頻回にあったのがほとんどない。
身体のコンディションがよいから心も安定。
守備のキレや 打撃もよい結果が出てきて、監督や選手間からも信頼される選手になってきてるそうですニコニコ 

【次男】
遺伝子検査をしたあとに 次男の人生が変わる出来事がありました。

熱中症から体調を崩して引きづってたのと、強豪クラブチームでのプレッシャーから、異変が叫び

急に 大好きな野球が 大嫌いになったんです。
「なんで 野球をしているか 分からなくなった、 野球を辞めたい」と。

ずっと明るいのがとりえで、我が家のムードメーカーな 次男が 急に笑わなくなった……
チームメイトもびっくりするくらい……。

その時は 急に変わった姿に ショックで しばらく 涙が止まらない日々でしたが、次男の身体を守ることが親の役目と思い、クラブチームを数ヶ月休部することにしました。

いま 思えば この記事のように、熱中症による
PTSDだったのかなと。(新居浜の稲井先生からお借りして)


ちょうど クラブチームを休部している時に、遺伝子検査の結果と アドバイスbookが届いたので、さっそく オススメ食材とタンパク質多めのメニューをさっそく取り入れました。

野球を休部していても体は鍛えたいと ジムに通っていたので、そこで トレーニング後に飲むビタミンcたっぷりのイチゴとプロテインのスムージーが 次男のオススメ食材にあったので 一石二鳥グッド!

2ヶ月くらいで 笑顔がもどり 家族のムードメーカに戻っていました。

そして、4ヶ月という長いvacationのあと、大好きな野球を再開することもできました。

再開してからは、どんな事が起きても、どんなピンチな場面でも 結果を出せるブレない心の強さがあると 次男が 話してくれました。

体力がついたこと、ひとつの壁を乗り越えたことで、「何があっても大丈夫」と自分を信頼することができたんじゃないかなと思います。 

今年の夏は、熱中症にもならず、そして、3年間 怪我もなく 中学野球を無事に卒団することができました。

次男が自分の足で立つことができた頑張りもあります。それプラス「食」が 「心」を救ったのもあるんじゃないかなと私は思ってます。

我が家の子供達は ご飯を食べる時は 「美味しいニコニコ」と言ってくれます。

だから 私は その言葉を聞くのが 嬉しくていつもワクワクしながら 「ありがとう〜」「愛してるよ〜」といいながら ご飯を 作りますニコニコ

けして 「○○の為に」とか「良い結果がでますように」とか 親のエゴや念をいれて頑張ってご飯んを作ったりはしませんよ〜べーっだ!

物にも想いは入ります。
その想いが食を通じて愛を育むのかなと私は思います。

次男は 中学2年生の時に、思春期の自分と向き合いながら成長することができたのは 良い経験でしたし、遺伝子検査をすることで、早い時期に自分を知れることが出来たのは 次男にとって幸せなことだったなと思います✨✨











遺伝子検査をして待つこと1ヶ月時計

届きましたよ〜
自分だけのアドバイスブックが本


結果は 肥満関連遺伝子の検査で1番 肥満リスクが高い 「あざらし」タイプでしたフグ



脂質と糖質の燃焼が苦手で冷えやすく筋肉がつきにくい……アセアセ

実際のところ、遺伝子のリスクがあるとしても生活習慣が良ければ、さほど 大きな影響は出ずに済みます。

遺伝子リスクが表にでるのは3割くらい。
7割は生活習慣を気をつけることでコントロール出来ます。←ここポイントひらめき電球

そして私が 遺伝子栄養をとりいれてから 自分のことで変化したことリストメモ

宝石紫自分にあった食材をとりいれる
      ↓
   無駄な物を買わず 食費が削れたクラッカー

宝石紫料理があまり好きじゃなく苦手
     ↓
 料理を作るのが楽しくなった。
子供たちや家族が「美味しい」と 喜ぶ顔を想像するとワクワクするドキドキ

宝石紫自分にもお弁当を作るようになった。
     ↓
    お昼ご飯のお弁当が楽しみになるドキドキ

宝石紫自分の肌にあう化粧品がわかるので無駄がない

などなど。

決して難しいことは してません。
自分に合う食材をとりいれ、食べ方の順番を守り、自分に合うメンテナンスをしたのみ。

その結果 1年後の健康診断では
             ↓↓↓

悪玉コレステロールが 減ってるじゃないですか!
体重も変化なく、全てOKのグリーン色四角グリーン

若干 腹回りをもう少し 燃焼させる 腸セラピーをやらねばですなにひひ

そして

自分の経験をいかし、食を通じて 自分を大切にすること、自分を大切にするようになると まわりにもHappyな連鎖がが広がることを伝えていく側になろうとDNA栄養インストラクターを習得しましたチョキ


今まで 何かを始めたり 活動するのに こんなに長い時間かけてじっくり自分の身体の反応や感情と向き合ったことはないです。

とくに 特別なことをしたわけでなく、ふだんとかわらない生活の中で、自分に会う食材をとり、自分の身体に「ありがとう」という想いをもち 毎日過ごしてた結果だと思います。

だから、自信を持って みなさまにお伝え出来るまでとなりました。

コロナ禍の今、テレワークやコロナが怖くて引きこもり、運動不足になり、体重が増加して、糖尿病や高脂血症が悪化している人が増えています。


テレビの情報をみて 不安や恐れに追われるのでなく、自分自身の身体に向き合って、免疫力を高めるほうに 意識が高まればよいなと。

そう言う社会になれば、免疫力も向上して風邪やコロナに罹りにくくなり、ガンも自然に減って行くのではないかなと思ってます。

すぐには難しいとは思いますが、医師や薬に頼り過ぎない社会になって欲しいですね。


次は 子供たち編につづく〜
首を長くして待っ出てくださいにひひ


今年、私が始動しようとしているひとつの中で、1年間 温めていたものの紹介をしたいと思います。

ちょうど 2年前(2019年)の1月かな~
「遺伝子検査」というワードを聞いたのが始まり

その時は、

うーん「遺伝子調べても、ストレスや環境の影響で 変わってくるやろし、時間経てば その時その時で体質も変わってくるし……」

えー?「しかも ぶち高いお金払ってまで 遺伝子検査かぁ……」

と 遺伝子検査というものに ピーンとこず 良いイメージがなかったわけですよ〜汗

それから 半年くらいたった夏頃かな〜
自分の身体に異変が……

動悸が頻繁にする…
たまに不整脈もあったりで…… 
階段登ったら 息切れするし……ガックリ
職場の健康診断で心電図に異常ありで引っかかる

とどめは 眼が眼底出血起こすわで……ドンッ

今まで どんだけ忙しくても 職場の健康診断とかで 引っかかことがなく、病気もせず、健康や体力には めちゃ自信があったのに。

気持ちは20歳だけど  身体は 歳とともに弱っていく自分を実感しました…笑い泣き

よく「痩せていていいね」言われるけど、血液検査では いつも悪玉コレステロール値が若干高く右上矢印家系的にも 母が中性脂肪、コレステロール値が右上矢印高いから 血管が詰まりやすいから気をつけないといけないとは 思ってたけど……

症状にで始めて、そろそろ身体さんの声を聞いてあげないとヤバイぞーー叫びとなり……

「遺伝子検査」の話をきちんと聞たくなりお話を伺いました。


遺伝子検査は色んな種類があるなかで、私がお話を伺ったものは( 内容の一部を紹介)

宝石紫遺伝子を調べることで、一生変わらないといわれている生まれ持った体質を知ることができる。

宝石紫腸内環境、抗酸化力、燃焼力など食事分析もあり自分にあう食材(外食メニューも)、運動、トリートメント方法がわかる。

宝石紫肌質からも化粧品の選択ができるようになる。

誰でもわかりやすいキャラでタイプ分け。
生活習慣に着目したアドバイスがあるのが魅力で、難しいことは 一切なく 子供でもとりいれられる。

私が持っている食の知識との共通点もあり活用できるひらめき電球


まだまだ 元気で好きなことをしたいからその為には 健康な身体作りをしていきたい!自分の身体を知りたい!という気持ちになり遺伝子検査をしました。





結果をまつこと1ヶ月時計


次に つづく〜