大阪第一合唱団 練習日誌

練習をお休みされた方も行かれた方も是非お役立てください♪

本日の練習の覚え書き(微笑)


テーマ:
6時から、自主練習。6時半から小池さんによる体操。45分から納多先生の指導で、「童神」を発声がわりに暗譜でうたいます。
沖縄の歌メドレー、さとうきび畑を通します。「さとうきび畑」の練習番号8の「ざわわざわわざわ」」から7小節は、ユニゾンになりました。気を付けましょう❗
同じ音をのばすとき、男声、女声とも音を取り直すように歌い、重力にまけないこと。むしろ上がっていくような気持ちで歌うようこころがけましょう❕ 休符が、小節の出だしにあるとき、休符をしっかりかんじてから
つぎの音符にはいるよう、注意がありました。その後「花と鳥・・」の「真冬のかたみに」の出だしのアカペラの部分を何度も練習します。
そして1曲目から、最終曲までを通しました。本をめくる場所や、終ってもじっとするよう注意がありました。
「鳥なくときに」の5拍子は、三角、棒などを書いてリズムをしっかりとること。休憩後、「島人ぬ宝」「ダイナミック琉球」を練習しました。少しづつですが、暗譜できてる人もふえ、曲らしくなってきたようにおもいます。
これからの追い込みが、重要です。心を一つに頑張りましょう!❗
記門田
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1時集合にも拘わらず、出席状況は半数未満で、本番1ヶ月前にしては緊張感が薄れてないか。 1時15分から声だしを兼ねて「童神」を。子守唄なのでなめらかにやさしく歌います。次いで「ミサ曲」。「キリエ」は、しっかり体を張り声を出すようにとの指摘がありました。「グローリア」は歌う前にしっかりブレスをして喜々として歌うこと。181小節からのバスはマルカートで。 「クレド」は堂々と歌ってください。「サンクトゥス」は歌う前にしっかりとブレスを。躍動感を持ってドキドキして歌ってください。
14小節の「tu-a」はしっかりテヌートで。 「アニュスデイ」の100小節は、待ちきれない気持ちで飛び込んでゆく。
「花と鳥・・」の4曲目、命をかける所-曲の出だしの音取りを繰り返しました。 p65の102小節は、早目にページをめくり用意をする。次いで「沖縄の歌」「島人ぬ宝」の歌い出しは、必死で歌わない。哀愁を込めて。
「安里屋ユンタ」の最後の「チンダラカヌシャマヨー」は絶叫しますが、合唱は終わってもピアノ伴奏は残るので動かないこと❗ 技術部から、楽譜の持ち方、楽譜のとじ方の説明がありました。
女性の第二部の衣装は、最終的に一部と同じにすることになりました。
記T三谷 inp.S門田
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6時からの、自習練習、6時半からの、小池さんによる体操。納多先生による発声。その後、「花と鳥・・」のなかから、部分的に問題のあるところから、練習。 「真冬の・」の出だしは、命をかけろ!との先生の御言葉!
「ひとり林に・・」は、どうしても暗くなるので、明るく❕という注意が何度もあります。1曲目から、最後まで通しましたが、やはり、無伴奏のところの音程が下がります。
曲のおわりは、楽譜をメクラナイ!
本に大きく書き込みましょう。そして、後奏が終わるまで、ウゴカナイ!
休憩後は、沖縄の歌です。沖縄のメドレーの「えんどうの花」の(8)のソプラノのオブリガードは、イーでしたがアーに変わりました。
「島人ぬ宝」もとおしました。バスの(2)の終わりの「ティーアーサーサー」はすぐ引くこと。次のきょうかしょにかぶらないように!
まだ各パートの縦の線が、揃ってないので、先生の指揮をよく見て、自分のtempoにならないことが大事だとおもいます。あとちょうど1か月です。
自分で、計画をたてて、出きるだけ暗譜して、指揮をみて歌えるように頑張りましょう!ダイナミック琉球はできなかったので、日曜練習に持ち込みます。ねむかホールなのでまちがわないように。
記S門田
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6時から、小池さんによる体操。納多先生による発声指導のあとミサ曲を通しました。キリエの最後は、pで歌い終わり、ピアノ後奏の間は絶対に動かないこと。グローリアの歌い出しは、しっかりブレスすること。そして喜びをもって歌い出す。「Quitollis」は悲しく、感情表現をしっかりと。 181小節からのバスの「A-men」は、しっかりとマルカートで。曲が終わったあと動かない! 「クレド」はまだ発音が、不十分と指摘されました。 特に36小節以降および114小節以降です。自習で克服しましょう!
サンクトゥスは、歌い出しから14小節までは、しっかりと声を張ってください。84小節からの「Ho-san-na」は、(りしっかりと張って歌うこと。アニュスデ-イは、ソロと合唱のテンポが違うので注意です。合唱は、ゆるまずに歌うこと。指揮に集中です!
「花と鳥・・・」は4曲目の「真冬の・・・」を集中レッスン。ソプラノの歌い出しと8小節目の全パートの歌い出しの音程に集中しました。(納多先生曰く、全員ここに命をかけて欲しいと)
休憩後は、沖縄の歌をとおしました。久しぶりに、「ポコ」が発刊。今回のプログラムの曲目解説が出ています。大変参考になります。あと39日と6回の練習で本番です!チケットの拡大も含めて頑張りましょう!
記T三谷 inp.S門田
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
6時から、自主練習、6時半から、小池さんによる体操。今日から、テノールの岡本雄一先生が応援にきてくださいました。
納多先生の指導で、童神を発声練習がわりにうたい、続けて、さとうきび畑、沖縄の歌メドレーと練習。楽譜をもっていいことになりましたが、フレーズのはじめは、必ず指揮をみるよう注意があります。
そのあと「花と鳥と・・」の1曲目から、最後の「浅き春に寄せて」まで、全曲を通しました。
5曲の歌のそれぞれの詩の意味を理解しながら、全体を通して何を伝えようとしているかを歌う私達が、まず理解すること。そうでないと観客につたえることはできない!と先生の指導がはいります。
ただ音とリズムをとるのではなく立原道造の詩を林光の音楽をとおして、私達がどれだけ、観客につたえることができるかと思うと緊張とともに、あと1ヶ月の練習に期待と精一杯の努力が必要だと実感させられました。先生がたも休憩をとることも忘れ、頑張ってくださいました。
できるだけ休むことなく本番まで、がんばりましょう! 記門田
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。