Ham Radio 修理日記

Ham Radio 修理日記

記事の写真をクリックすると別窓で大きく詳細な画像を見ることが出来ます。

TS-120V 修理でお預かりしました。

 

 

VFOのエアバリ接点の腐食、上側がクリーニング後です。

 

 

2SC460劣化、全数交換。

各部再調整しました。

 

 

ボリュームつまみ、ボンドで補修してありましたが…

 

 

交換部品

 

 

つまみは中古ですが2個交換、清掃し完了です。

 

 

 

TS-690S 受信音が出ていません。

 

 

ケミコンの液漏れ、コンデンサーは交換されているようですが

基板の腐食があるので、周辺部品を外し確認します。

 

 

清掃するとパターン断線箇所が見えてきます。

スルーホールの断線はテスターで確認。

 

 

断線しているパターンを半田面で接続。

 

 

ケミコンも交換し取り付け。

 

 

455KHzの12kフィルターのロスが多く、受信感度が悪くなっていました、

 

 

交換し再調整、受信感度正常になりました。

その他各部再調整しました。

 

 

清掃し完了

 

 

TM-421 受信音が出ません

 

 

スピーカー不良のため交換、

メモリー電池も0V、ホルダーへ交換

 

 

交換パーツ

 

 

各部再調整

 

 

 

バックライトをLED化、清掃し完了です。

 

DR-450S スイッチを入れてもバックライトは点灯するが動作しません

電源制御のトランジスターがオープンしていました、

 

 

出力側のチップタンタルがショートしたため、トランジスターが

破損したようです。

 

 

電源が入り動作するようになりました、

各部再調整します。

 

 

ボタン止め用スポンジ劣化、交換しました。

 

 

清掃し完了です。

 

IC-721 14.104~126、他特定の周波数で送受信不能です。

 

 

原因はLPLの調整ずれで3Vになっていました、このコイルを広げ

1V調整をします。

 

 

メモリー電池交換します。

 

 

電池ホルダーへ交換、照明をLED化

 

 

エンコーダーが固くグリスを清掃したいのですが、これ以上ばらせない

(ハトメ止め)ので軸に向かって洗浄液を流し込みました。

 

 

送受信切り替えリレー交換します。

 

 

密閉型へ交換

 

 

各部再調整しました、

 

 

FM/AMユニットの調整はエクステンションケーブルを使います。

 

 

交換部品

 

 

清掃し完了です。