行政書士おさくの部屋

行政書士おさくの部屋

東京品川の行政書士。自動車、会社設立・起業と事業運営支援、遺言相続専門。これまでクルマ畑一筋で会社もやってます。

はじめてのZoom研修。

 

特段、トラブルもなく。でも違和感は尋常じゃない。

 

内容は結局、よく分からんw

 

でもまあ、丁種封印にそれ相応の制限が入ったということだ。

 

ワタシの仕事では、

 

自分で登録、自分で施封

 

自分で登録、再々委託で現地の先生が施封

 

現地の先生が登録、自分が再々委託を受けて施封

 

ここからさらに、

 

ワタシが直接受ける仕事

 

現地の先生から依頼される仕事

 

に分かれる。

 

今回、譲渡証の内容を見て「譲渡、譲受人がJUに加盟していないか調べる」というステップが加わったのだけど、

 

分かったのは、「JU東京に加盟している販社の関東圏での丁種登録はNG」ということだけ。

 

そこは単純。

 

「JU東京に加盟していてJU使えるんだから、なぜに書士を使うのだ?」

 

ということ。

 

その理由は販社さんから直接いろいろ聞いてるんだけど、怒られるかもしれないから具体的には書かないww

 

ただ、「ニーズを満たしていない」だ。料金は安いらしいしね。

 

それは良しとして。

 

東京のJUに加盟している東京の販社さんが、福岡とか広島の登録をしたい時、

 

JU東京は本来関東での封印権だから、その登録地のJUとのやり取りで登録をする。

 

そのネットワークがあるから「全国登録OK」となってる。

 

さてここで、「JUに加盟」だけで否応なしに全国で丁種登録NGなのか、

 

それともJU東京が独自に持つ封印権限外の地域なら丁種OKなのか。

 

わからん。

 

一応、研修の際に質問を送ったけど、帰ってきたのは、

 

「登録を依頼する現地の先生に聞いてくれ」

 

だと。

 

んじゃ逆ならどうなのかね。

 

JU宮城に加盟している販社さんが、東京で登録したいとき。

 

JU宮城は東京の封印権を持っていないけど、「JUのネットワーク」で登録はできる。

 

これで再々委託前提で丁種登録を受けるとNGなのか。

 

ちょっと時間が必要だね。

 

 

しかも疑問が出ても、

 

「支局の登録官には確認するな」

 

と。

 

まあ確かに、本来NGなところ「大丈夫じゃね?」ってあやふやなまま登録してくれそうな登録官もいる。

 

そういや丁種の始まりの頃、分からない部分をあちこちの陸事で確認したけど、登録官の回答はバラバラだったもんなww

 

んで、登録官に承諾もらったところで、もしそれが間違いだったら責任を問われるのは書士会だ、と。

 

だから都度、書士会に確認しろ、と。

 

う~む。

 

でも書士会の委員の方々はみんな本業をやりながらだからね。そこにレスポンスを求めるのは酷で罪悪感を持ってしまう。

 

現に昔、事務局通して質問したとき、「回答は数日後になります」ってwww

 

ここで内心、

 

「うぉら!ざけんじゃねぇぞ。今日回答しないとならんのだぞ。どうすりゃいいんだよ!」ってとこだったけど、そんな委員の面々を考えるとね。

 

あ、そう。じゃあいいです。

 

となる。

 

イコール、

 

「あやふやだと全部お断り」

 

とせざるを得ないわけで。

 

お客さんとの応対ではレスポンス、丁々発止ってのが重要だからね。

 

とは言えまあ、書士会は商売じゃないから「へぇ、それで?」となるだろうし。

 

窮屈だねぇ、あー窮屈だww

 

まあしゃあない。

 

 

この仕事、規制で食わせてもらってるようなもんだからねww

 

 

とまあ、制度やルールがちょっと変わるだけでこんなインパクトがあるんですわ。

 

ウチらはその出来上がった舞台で踊っているだけだから。

 

あまり深く考えないようにしようww