飢えた親子

テーマ:

マンションの敷地内で、母子2匹で寄り添って暮らしていました。


マンション住人の中には、猫がいるだけで気持ち悪い、おしっこされる、など言う方もいて、管理人は、食べられそうなごはんも水も一切を片付け、居着かないように勤めていました。

母猫はとても痩せていました。


その親子にごはんをあげようとカリカリをおいてやると、お母さんは躊躇なく近づき、一口くわえると、すぐに奥の植え込みに持って行きました。

仔猫にあげたんだなとすぐわかりました。


お水を入れた器を近づけると、仔猫はゴクゴクと飲みました。

餌は運べるけれど、水は運べないから、
お水を十分には飲めていなかったようでした。

 

自転車のカゴや、植え込みの下で子供は寝て、お母さんがごはんを持ってくるのを待ち、
夜は少しずつ一緒に、水やごはんを探して動いていたようです。


私が初めて仔猫を見たのは、

車屋さんの汚い廃棄物の中の、プラスチックにたまった雨水を飲むもうと、

道路を渡った仔猫の後ろ姿でした。



次の日マンションの管理人さんに今までの猫の様子と、昼間の様子を聞きました。
2週間くらい前からいる、苦情で困っている、とのことでした。
子供は3カ月くらいでしょうか。

捕獲のための立ち入り許可をもらいましたが、
昼間は捕獲には適しません。



大きなトラックの走る道路の横で、子供を待たせ、ごはんを取ってくるお母さんの姿を見ました。


ここは危ないと思いました。


夜に保護しに来ました。

親子は並んで捕獲されました。
お腹が空いてたまらなかったのでしょう。


事故や怪我する前に保護できて、安心しました。




ハルちゃん帰宅

テーマ:

アンモニアが長時間排出されないので、
門脈シャントの疑いはありますが、確定診断には麻酔が必要で、ハルちゃんにはリスクが高いため、行わず、獣医と相談て、門脈シャントの場合に使う

アンモニアを排出するお薬を飲み始めることにしました。

ありがとうございます

テーマ:

YHさまより  8月22日  10,000円 
Rさまより    9月10日   10,000円


ご支援をいただきました。


変わらぬ支援を、本当に、ありがとうございます。


通帳の記帳が遅れまして、確認報告が遅くなりましたこと、本当に申し訳ないことでございます。
心よりお詫び申し上げます。

ハルちゃんの医療費に使わさせていただきます。
どうかお見守りくださいませ。