国内旅行のオリオンツアーブログ
オリオンツアーのスタッフブログへようこそ!

ここでは、国内各地の観光情報や、厳選オリオンツアーの商品情報、

オリオンツアーからのお知らせ、スタッフの旅行記など、国内旅行に関することを、

どんどん配信してまいります!

お楽しみに!

オリオンツアー




  • 26May
    • Go To Travelキャンペーン!?の画像

      Go To Travelキャンペーン!?

      オリオンツアーのGo To Travelキャンペーン開催予定あなたの旅で日本に元気を!関東発・関西発・東海発・九州発で行く国内旅行!!旅行業者等経由で、期間中の旅行商品を購入した消費者に対し、代金の2分の1相当相当分のクーポンなど(宿泊割引・クーポン、地域産品・飲食・施設などの利用クーポンなど)を付与(最大1人あたり2万円分/泊)。イメージとして、1泊旅行の代金が2万円の場合、1/2の1万円が補助額になります。補助額の内訳は旅行代金の割引が7,000円、現地利用クーポン3,000円となり、旅行代金の支払額は1万3000円となります。旅行会社オリンツアーの『Go To Travelキャンペーン』詳細は決定次第お知らせいたします。➡https://www.orion-ski.jp/fair/special/go_to_travel/

  • 25May
    • 絶景動画を満喫!車山高原SKYPARKスキー場を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!車山高原SKYPARKスキー場を要チェック!

      車山高原SKYPARKスキー場オープンエアーで爽快感抜群!日本百名山霧ケ峰の主峰車山(標高1,925m)の北東斜面に約100万平方メートルに及ぶ広大なゲレンデ。富士山をはじめ、南アルプス、中央アルプス、北アルプス、浅間山、八ヶ岳連峰が一望。樹木が少なくワイドでオープンなゲレンデは、ビギナーからエキスパートまで幅広く楽しめるレイアウトになっています。車山高原SKYPARKスキー場の情報はコチラ

  • 24May
    • 絶景動画を満喫!野沢温泉スキー場を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!野沢温泉スキー場を要チェック!

      野沢温泉スキー場天然雪100%!全36コース日本最大級ゲレンデ!東京ドーム約63個分の広さを誇る日本最大規模のスノーエリア!良質なスノーパウダーは長野県ならでは。アフターは無料で楽しめる13の外湯巡りがおすすめ!野沢温泉スキー場の情報はコチラ

    • 伊豆大島に行ったら「ぶらっとハウス」へ!の画像

      伊豆大島に行ったら「ぶらっとハウス」へ!

      ぶらっとハウスでは、伊豆大島の獲れたての新鮮な野菜や切り花、大島牛乳など、数多くのものを販売しています直売所には、大島の農家が作ったジャガイモ、キュウリ、ナス、トマトなどの季節野菜、地玉子やガーベラ、トルコギキョウなどのお花もおかれていますソフトクリームやここでしか味わえない季節の素材と大島牛乳を100%使ったジェラートも好評です【詳しくはこちら】

  • 23May
    • 絶景動画を満喫!斑尾高原スキー場を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!斑尾高原スキー場を要チェック!

      斑尾高原スキー場100%天然雪のmadapowが魅力!31のコースはもちろん天然雪。フリーライドパーク、キッズパークなど目的に合わせたエリアも充実。7コースある非圧雪のツリーランコースは特に人気です。斑尾高原スキー場の情報はコチラ

  • 22May
  • 21May
    • 絶景動画を満喫!白馬八方尾根スキー場を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!白馬八方尾根スキー場を要チェック!

      白馬八方尾根スキー場白馬が世界に誇るゲレンデ!スキーヤーの聖地日本有数の規模のゲレンデで、国際的にも注目されています。更にスキーヤーの割合が高いことからスキーヤーの聖地と呼ばれています。コースバリエーションの豊富さと麓の八方タウンへ飛び込むように滑るロケーションのすばらしさが魅力!白馬八方尾根スキー場の情報はコチラ

  • 20May
  • 19May
    • 絶景動画を満喫!HAKUBA VALLEY 栂池高原を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!HAKUBA VALLEY 栂池高原を要チェック!

      HAKUBA VALLEY 栂池高原鐘の鳴る丘、ロマンチックなゲレンデ最長滑走距離4,900m!「鐘の鳴る丘ゲレンデ」は約1,000mの緩斜面かつ幅約1,200mで初心者の方やファミリーに人気。鐘を鳴らすのを忘れずに。白馬・栂池エリアの代表的なスキー場のひとつ。ナイターもあるのでたっぷり滑れる!HAKUBA VALLEY 栂池高原の情報はコチラ

  • 18May
    • 絶景動画を満喫!舞子スノーリゾートを要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!舞子スノーリゾートを要チェック!

      舞子スノーリゾート初級者~上級者まで大満足する舞子!全26コースのゲレンデは3つのエリアに分かれています。6000mのロングクルージングは初心者も滑り切れる斜度。充実した施設と26もの多彩なコースに心躍ること間違いなし!限定8基のオリオンスキー×舞子コラボのゴンドラも是非探してみてください。舞子スノーリゾートの情報はコチラ

  • 17May
    • 伊豆大島の『トウシキ遊泳場』に行こう!!の画像

      伊豆大島の『トウシキ遊泳場』に行こう!!

      大島の隠れ家的な天然プール穏やかで透き通った水の中にはカラフルな生き物たちが暮らしていますキャンプ場周辺には、波浮港や波浮港踊子の里、水の透明度もとても高くグランブルーの世界が広がるトウシキ遊泳場、森林浴等には最適の椿並木や椿トンネル等々観光スポットもあり、さらにキャンプ場からの景色や夜空に瞬く無数の星達も隠れた見どころです【詳しくはこちら】

  • 16May
    • 絶景動画を満喫!エイブル白馬五竜&Hakuba47を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!エイブル白馬五竜&Hakuba47を要チェック!

      エイブル白馬五竜&Hakuba47北アルプスで6,400mのダイナミックライド!上質の粉雪とアルプスの絶景のスキーエリアが展開するエイブル白馬五竜スキー場&多彩なコースとアイテム充実のスノーパークが魅力のHakuba47。個性溢れる3つのゲレンデで白馬を滑り尽くそう。エイブル白馬五竜&Hakuba47の情報はコチラ

  • 15May
    • 絶景動画を満喫!丸沼高原スキー場を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!丸沼高原スキー場を要チェック!

      丸沼高原スキー場標高2000m、最高の雪質で最高の滑り!標高2,000mが可能にする北海道にも劣らぬ最高のパウダースノ―。5月までのロングシーズンも標高のおかげ。また白根山の地形は、滑りにも変化を与えてくれ楽しさ倍増です。最長滑走距離は4,000mで、壮大な自然に囲まれながらのロングライドに夢中になること間違いなしです。丸沼高原スキー場の情報はコチラ

  • 14May
    • 絶景動画を満喫!川場スキー場を要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!川場スキー場を要チェック!

      川場スキー場関東屈指のパウダースノーが大人気!標高が高いために降雪量が多く、関東圏ながらも良質な雪が積もります。全10コース、地形を生かしたレイアウトが特徴的。また有名ブランド3社が各々手掛ける3つのパークは、初~上級者まで楽しむことができ、スノーボーダーに支持されるゲレンデです。川場スキー場の情報はコチラ

  • 13May
    • 絶景動画を満喫!竜王スキーパークを要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!竜王スキーパークを要チェック!

      竜王スキーパーク訪れた人しか味わえない極上スノーエリア!雲海が見れるスポットとして有名な竜王。3つのエリアはそれぞれに特徴があり、バレーゲレンデと呼ばれる山麓エリアは、下部は緩斜面で初級者向き、上部は比較的中程度の斜度で中級者向きとなっています。竜王スキーパークの情報はコチラ

  • 12May
    • 絶景動画を満喫!たんばらスキーパークを要チェック!の画像

      絶景動画を満喫!たんばらスキーパークを要チェック!

      たんばらスキーパークコースの8割が初・中級者向け!都心から2時間半の距離にありアクセス◎日帰りでも十分に満喫できます。ゲレンデは全体的に緩斜面が占めており、ビギナーやゲレンデデビューする人に最適なゲレンデです。降雪量が多く5月まで、ロングシーズン楽しめるのも魅力。たんばらスキーパークの情報はコチラ

  • 10May
    • 伊豆大島の大自然が楽しめる観光地は必見!の画像

      伊豆大島の大自然が楽しめる観光地は必見!

      \ 伊豆大島の大自然に触れる!楽しめる!/『都立大島公園』その場所は元町港から車で35分で、入場料はなんと無料伊豆大島の東部にある都立公園は総面積327ha園内には亜熱帯植物も楽しめる植物園や東京ドームの1.5倍もの広さを誇る椿園、ワオキツネザルやレッサーパンダ、ゾウガメが人気の動物園もあり、動物達とふれあえる「なかよし広場」をはじめ、ほとんどの動物達を手に届く距離で見ることができるのですこの動物園では、葉物及び大島公園内の売店で購入された指定のエサに限り、エサとしての持ち込みが認められています(一部の限られた動物のみ)。また、「海のふるさと村」として整備されたキャンプ場もあり、大島の大自然を楽しむことができます【詳しくはこちら】

  • 03May
    • 伊豆大島のシンボル『三原山』に行こう!の画像

      伊豆大島のシンボル『三原山』に行こう!

      伊豆大島のシンボル三原山は、標高758mの火山古くから地元の人に「御神火様」としてあがめられてきました。火口のある山頂までは舗装された遊歩道があり、半日もあれば山頂までたどり着けるので、気軽なトレッキングを楽しむことができますまた三原山では、人気のお鉢めぐりのほか、樹海や裏砂漠、展望台からの景色を楽しめるのでぜひチェックしてみてください【詳しくはこちら】

  • 01May
    • 5月出発の伊豆七島ツアーに行こう!の画像

      5月出発の伊豆七島ツアーに行こう!

      5月出発は伊豆大島がおすすめ2020年5月9日(土)に開催される伊豆大島ジオパークマラソン2020は火山の島「伊豆大島」で、生きてる地球を実感できる美しく壮大な自然景観のなかを走る大会です三原山を仰ぐダイナミックコース、伊豆半島と富士山を海越しに眺める絶景コースと島ならではのコースレイアウトに、他では体験できない感動があります海風!山風!最大標高差365m!に、伊豆大島からウルトラ挑戦状がさらに伊豆大島だけでなくトライアスロン大会やジュリア祭といった様々なイベントも開催伊豆七島の5月の気候・服装について気になる方もこちらをチェックhttps://www.orion-tour.co.jp/izu/feature/month/may.php