オリエントナノ便り

お客様各位

 

拝啓 麗春の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

4月7日に座間市の「かにが沢公園」で行われた桜まつりを見に行ってまいりました。晴天にも恵まれ、満開の桜の下では家族連れがシートを敷いて幸せそうにお花見を楽しんでおられました。まるで世界は平和そのものと感じてしまうような風景でした。

急に話が変わりますが、私は若い時から坂本龍一さんの曲が大好きで、YMO

の頃から様々な曲を聴いて来ました。

彼は私より2つ年下なのですが生まれ育った場所も近く、同じ時代を共に歩んで来た同志と言う感覚が有ります。ジャズ喫茶なども同じ店に行き来しており、同じ曲を聴いていたという親近感もありますが、何より彼の生み出す音楽の背景にある哲学が胸を打つのです。

有名なaqua(アクア)と言う曲も好きですが「async」「The Revenant」等のCDに収録されている曲にも感銘を覚えました。

坂本さんは昨年の3月28日に旅立たれました。下記は彼の残した言葉です。

「かつては、人が生まれると周りの人は笑い、人が死ぬと周りの人は泣いたものだ。未来にはますます命と存在が軽んじられるだろう。命はますます操作の対象となろう。そんな世界を見ずに死ぬのは幸せなことだ」(2021年5月12日)

上記はとてもシビアな言葉ですが、彼が感じて来た世界の現状そのものだと思います。そして坂本龍一さんが残したメッセージと曲は、世界の人々の心にずっと生き続けると思います。

 

さてオリエントのメンバーは、皆様からの同行営業のご依頼も増え、大変有難くあちこちへと飛び廻っております。

少しでも皆様のお役に立てましたら、こんな嬉しい事はございません。

どうか遠慮なくお声掛け下さい。何卒今後とも宜しくお願い申し上げます。           

 敬具

 

令和6年 4月30日

代表取締役 花輪麻美