オリエントナノ便り

お客様各位

拝啓 錦秋の候、貴社ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 

やっと秋らしい風を感じる日が訪れたと思ったら、今月末には強力な台風

16号が日本に近づいて来るようです。被害が出ない事を願います。

 

先日、水俣病被害を世界に伝えた米国の写真家、ユージン・スミスと妻のアイリーンの活動を題材にした「MINAMATA」という映画を観ました。人気俳優ジョニー・デップが製作と主演を担い、心に深く響く内容でした。水俣病は熊本のチッソ水俣工場がメチル水銀を含む廃液を八代海に流し、垂れ流されたメチル水銀が蓄積した魚介を食べた多くの方が脳を侵され酷い痛みと飛び跳ねるような痙攣の中で亡くなった公害病です。又メチル水銀は胎盤を通し次世代にも影響を及ぼし、その問題は現在も続いています。ユージン・スミス夫妻は1970年代に米国の写真雑誌「LIFE」の取材で水俣を訪れ3年間現地で暮らしながら水俣被害の現状を撮影し、世界にその惨状を伝えました。水俣病が確認された年が1956年、チッソ工場からのメチル水銀の排出がほぼ止まったのが1968年。政府が公害病と公式に認定した年でもありました。又1970年には新たに水質汚濁防止法が制定され、水銀を含む有害物質について全国一律の排水規制が行われるようになり、現在弊社のコンセプトでもある「綺麗な水を地球に返す」と言う仕事の後押しをしてくれています。改めて弊社の仕事の原点を見せて貰った映画でした。

映画の最後にその後も世界各地で起こっている公害の映像が流されましたが、企業のお金儲けの為に今も多くの人々が犠牲になり続けている事にやり切れなさを感じました。

これらの公害問題は今世界的危機と言われている気候変動に繋がっているとも感じました。全ての命の重みを大切にする事でしか気候変動を抑制する事は出来ないと思います。

 

さてこれからの季節、コロナに加えてインフルエンザの流行も案じられております。皆様くれぐれもお身体ご自愛下さいますように!何卒今後とも宜しくお願い申し上げます。

               令和3年9月30日  

          代表取締役 花輪麻美