オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

「オーガニックスタジオ新潟」社長のブログ。かっこいいエコハウスを提供するために日夜奮闘中。役立つ「家づくりの知識」は、オーガニックスタジオ新潟のHPにて更新。このブログでは個人的な関心ごとと「工務店経営」についてがテーマ

新潟で自然素材の家をつくる社長の 新潟で一番おもしろい建築ブログ


   写真アルバムで過去の施工実例をすべて公開中。
 家づくりのお役立ち情報は、ホームページの 「家づくりの知識」に引越ししました。
 家づくりについて 大変役立つことを保証します。 ぜひ のぞいてみてください  

創業当初は信用されない



なんだかんだ会社の経営を
してきて12年程度経過しました。

最初の3年くらいは、
ぽっと出た会社と思われて
もちろん信用があまりなかった。

前職の会社のイメージで
語られることもありました。
その会社が 私の独立後に潰れたこともあり
ネガティブに言われる時もあった。

潰れた会社の残党だから、
いずれ潰れるだろうみたいな。

当時から情報発信もしていたので
目につきやすかったのだろう。
代表者の人格攻撃で叩かれもした。

例えば東日本大震災で
復興資材を届ける活動をすれば「偽善者」扱い。

私は建築士の資格を持っていないので
「無資格が、知ったかぶりで、建築のことを言うな!」
みたいに結構叩かれた。

会社自体も信用できないと。
かなりの件数のお客様が
ダメになっていった。

 

分岐点となる時は いずれ来る



時がたち、2015年くらいから、
業界向けにセミナーや執筆活動
するようになってから、
だいぶ流れが変わってきた。

次第と実務もスタッフがすべてやるようになり
いい仕事してくれるから、叩きようがない。

2019年に創業10周年を迎えると、
新米の会社ではなくいと
評価が変わってきたように思う。

長く地域で実績を
続けていくことのが信用だ。

ようやく新米工務店のカテゴリーから
抜け出たという実感を 
近ごろできるようになった。

お客さんの認知経路も変化が出る。
「街を通っていて見つけた住宅が良かった。
 それがオーガニックであった。」

「会社の同僚が建てた家がすごく良かった。
それがオーガニックであった。」

よい家を作り続けていくこと
すると自然と認知もされてくる。

やはり一定の評価を得るには
それ相応の時間がかかる。

そこからさらに10年経てば、
信用がさらに増す。
50年ともなると、信用は「老舗」となる。

 

価値の生態系

住宅もそうであるが、企業も
ロングライフであることにも価値がある。

もはや会社は、私個人の存在でもない。

私たちの考える「良い住宅はどんなものか」
その追求と実践。思想の体現。

極めていくと、価値の生態系ができ、
善の循環が回りだす。

地域と企業の枠を超え、伝染し、
よい家が 日本中に広まっていくイメージ。

それを 私は「工務店による住宅革命」と称して、実行しようとしている。

 

 

 

 

 

「善の循環」とは YKKの創業者 

吉田忠雄氏の唱えた思想。 時を超え普遍的な哲学です。




 

音声に特化した新たなSNS、クラブハウスをご存知でしょうか?
ここ最近で話題になり、気になっておりましたが、
誘われて、とりあえず参加してみました。

 



コロナになってから、ズームを利用して、
業界関係者等は打ち合わせや、ミーティングを頻繁にするようになりました。

体験し、ズームとクラブハウスの差について、だんだんわかってきました。

ズームは、フォーマルだから、それなりにストレスがある。
開催日時を決めていて、みんながそこに集まれるように、
URLを配布しなければならない。準備がまずはストレス。

ビデオで顔が映るように原則はしなければならないから、
飲酒はもちろんバレるし、身なりなど気にする必要もある。

ズームは目的とスケジュールが厳格で、
事前にPowerPoint等の資料を整理する必要がある。

ようするに仕事っぽさがあるんです。


画像のデータが重いので、音声品質は、比較的二の次な印象。
通信障害でトラブルも度々発生する。

クラブハウスは音声に特化しているので、
以上のデメリットは解消されている。

興味あるテーマのルームに入って、
(時に仲間がここにいるなと見つけて)
全体の流れが分かるまでひとまず黙って聞いている。

加わりたいなと思ったら、手を上げて会話に参加する。

アプリケーションを起動していれば、スマホのスイッチを切っても、
バックグラウンドで、ながら聴きができる。

家族と一緒にテレビを見ながらでも、
音声をミュートにして、耳だけそちらに傾けることができる。

音に特化してるだけあって音質が良い
複数の人間が、同時にしゃべっても違和感なく会話が楽しめる。

 



面白いのはクラブハウスに参加できるのは、招待制であるということ。
その人のアカウント上に、
誰に招待されてアカウントを取ったかが表示がされる。
その人との人間関係も見えてくる。
私の場合は、建築系ユーチューブ仲間のげげさんの紹介だ。

ひとことで「究極の暇つぶしに最適なSNS」


気軽にできるし、なるほどこれは流行るわけだ。
私の場合、夕食後の暇な時間に、晩酌しながら
全国の工務店の同業者達と、世間話するような使い方。
酔いが回りすぎた時は、登壇するのはやばいのでやめておこう。


アーカイブが残らないのも気軽です。
だから比較的本音に近い内容が飛び交っている。

おもしろいのは分かった。
ただ 正直、気分は複雑です。

会社ができた頃なんて、ブログぐらいしかなかった。
それがTwitter Facebookとやらなきゃならなくなって、
そこにLINEやInstagramがやってくる。

究極はYouTubeで、これはめちゃ時間を食う。
そうそう、メルマガも私は管理しているんだ。

ただでさえSNSで時間が取られるのに、

ここにきてクラブハウスかよ。

何かしら、メディアの優先順位を決めて、
計画的にやっとかないと。

気がついたらあっという間に時が流れ、
寿命になって死んでしまうわ。
 

新潟万代島美術館にて、岡本太郎展やってます。


太郎は好きなアーティスト。
平成8年に永眠され、南青山の自邸は平成10年より、
岡本太郎記念館となり公開されている。

2017年の訪問記が記事にかつてしました。。。。。

 

 

 


平成11年(1999年)には、川崎市岡本太郎美術館開館。
死後にその業績が再注目され、
そして現代にいたる。

 



太郎をある程度知る人は、
縄文文化と密接な関係をご存知であろう。
呪術的な、風土的なもの。
人間の人知を超えた 原始なるパワーである。

太郎といえば、大阪万博の太陽の塔だ。
その文脈で考えると、
太陽の塔は、実はアマビエなのでは? と思えてくる。

 

非常に時代が交錯し、 

太郎と現代はただならぬ 関係があるようにも思えてくる。

 



コロナ禍のこんな時代だからこそ、
大阪万博当時に溢れていた生命感と、
エネルギーが注目されていると感じます。

 



絵画もパワフルなんですが、
大阪万博の際の、建築資料も豊富に展示され
我々、建築関係者はさらに見る価値がある。


びっくりしたのは、
当時太陽の塔の現場監督は25歳の若き2人の青年だったってこと。
実施図面とか原本が提示されている。

では 現代の25歳の技術者に、
これだけのビックプロジェクトを任せる技量があるか?
また  なし得ることができるのか?
それをやってしまった 当時の人々のすごい熱量を感じました。




という趣旨でFBに投稿したら、
川口 直木 様が当時の万博にまつわる話を投稿してくれた。
FBで人目を見ないのももったいないので
ご本人の承諾をいただき ブログで転載します。

川口さんは APWフォーラムのプロデューサーで、
広告関係で長く活躍されていて賢者。
かの大瀧詠一と一緒に仕事をしたことがあると知り
それ以来のリスペクトです。

川口氏:

70’万博は若い世代の飛躍の場でした。
万博を提案した堺屋太一 35歳、
コンセプトを創案した小松左京 39歳、加藤秀俊 40歳。

建築系では筆頭の丹下健三(会場総合設計)が
ちょい年長でしたがそれでも57歳(岡本太郎も同世代の59歳)、

ほか若手では曽根幸一34歳(動く歩道と7つの広場)、
あのレンゾ・ピアノが33歳(イタリア工業館)、
黒川紀章36歳(東芝IHI館、タカラ・ビューティリオン、空中テーマ館)、
ちょい年長でも環境デザインの榮久庵憲司 41歳、
林昌二42歳(リコー館)、
大谷幸夫46歳(住友童話館)・・・

そして彼らのもとに20代前半の東大や京大の院生、
建築家の卵らが大挙動員され、
実務を担当して腕を磨き、
その後 戦後の第二世代としてバブルあたりから
建築や都市計画・開発のビッグプロジェクトを
担って行くことになります。

日本という国自体が若かった時代、
建築家にとってチャンスに恵まれた幸運な時代でした。


大変詳しい肉付けをして下さって
まことにありがとうございます。

 

この大阪万博は、延べ6400万人の人間がみたという。

天野尚少年が 中学校の時に

ママチャリで大阪まで見に行ったのは武勇伝だし

うちの親父は 大阪に向かっていた時

私が交通事故で死にかけて、

一報を聞いて 見ないで新潟に戻ってきたという

実は 大迷惑をかけていた。   

 

とにかく  動乱期です。

この展覧会を見て感じたのが、
今のコロナに汚された日本に1番大事なのは、
その当時のエネルギーなのじゃないかなと感じました。

万博のテーマは
「人類の進歩と調和」でしたが、
果たして 進歩し、調和したのか?


地球を汚し、欲望だけ拡大し、 

行き詰っただけではないのか?

また、高度経済成長期の日本に送ろうとしたメッセージ。
億単位で時が綿々と流れていっても、
森羅万象に引き継がれている
生命と自然の原理原則からは、
人間がいくら進歩しても逃れられない。
自然を畏怖する こころも忘れちゃならぬよ。

いろいろと考えるところであります。

 

新潟アートシーンの一番おいしい 当たりの冬

 



同時に、新津美術館で「横山操展」もやってます。
美術鑑賞の視点で言えば、ダントツこちらの方が良かった。
グランドキャニオンと水墨画は圧巻です。
だけど、写真撮影NGなので、写真で紹介できませんが、
すばらしいです。

このように、今の新潟アートシーンはすごく充実しています。
ぜひ美術館に足を運んでください。
 

チューチューブチャンネル開設の経過報告

 

昨年の10月にYouTubeチャンネルを開設して3ヶ月が経ちます。
その途中報告で記事にしてます。

 

ガセネタシリーズがうけてますね~。



おかげさまで3ヶ月でちょうど登録者数が3000人を超え、
このペースであれば夏には一万人の大台に乗る勢いで見られてます。

 

 

 

 



そこからわかったことですが、
結論からすれば、工務店は動画に取り組むことをお勧めします。

 

三浦さんもイチオシ

工務店の経営の分析では、日本の頂点と言って良いでしょう。
新建ハウジング三浦社長が、「2021年業界大予測」にて、
今年すべきこととして、YouTubeを推しで、各方面で講演会行ってます。

 

 

 

 


では、YouTubeの何が優れているのか。
私も創業以来「営業行為を省く」ために情報発信を力を入れてきました。
それを「コンテンツマーケティング」といいますが、
知識系のコンテンツは「住まいの知識」のコーナーで、コツコツ整備してきた。

 

 

 

圧倒的な説明能力とコンテンツマーケティング

その中でよさそうなのを動画のテーマで取り上げて、
チャンネルに整備を進めてます。これにより、説明を省こうとしています。

webの無かった時代は、すべて対面で、
お客様に一つ一つ説明しなければなりませんでした。

例えば、屋根の素材をどう選ぶか?
ガルバリウム・アスファルトシングル・瓦についての特徴を説明する。

対面であれば、一人への説明で、最低でも15分時間が費やされます。
多分今までの人生の中で、最低でも500回は屋根について説明してきたと思う。
会社の他のスタッフも加えると、全体で1000回説明する場面があったとする。
組織として長期的に、15000分。 延べ250時間を費やしたことになります。

しかし、動画があれば、今までの苦労は1本の動画をアップするだけで済んでしまう。

動画の中には1万回再生を超えるもの出てきました。
15分の動画で10,000再生は計算すると2500時間。 
104日間しゃべり続けていることに相当します。
1回の投稿で、今までの累計の対面の10倍に見られることとなる。
(見込み客でなく同業他社の人間も見ていることは置いておくとして 笑)

今まではホームページの中に情報を格納し、説明していたけれど、
今度は動画でご案内する。動画の方が圧倒的に情報量が多い。

ホームページだと文字での説明が主体ですが、
動画では、説明する際の声のトーンやジェスチャーなど熱量もそこに盛り込むことができるし、

無駄なく文字情報+事例情報なども織り込んで説明できている。全く無駄がない。

 

 

 

YouTubeが勝手にマッチングする

チャンネルを運営してわかったことですが、
YouTubeのアルゴリズムによるリーチが強烈です。

家づくりを検討している人で、「あなたはこのテーマに対して興味があるよね」と、
Aiがいきなりオススメをする。そこから動画を再生させるのが圧倒的多いことが分かります。

今までの常識だと、SEO、すなわちグーグルの検索順位が重要だったのが、そんなの関係なしなのが分かりました。

急速にYouTubeに参入する家づくり型ブロガー。
主に工務店の関係者が大量に動画をアップするようになってきました。

 

 

ユーザーは動画を武器にするのか?振り回されるのか?

これからは、お客さんの立場からすると、
多くの情報から、どのようにして良質で、信用できる情報を見分けるか?
情報リテラシーが要求されてます。

 

 

 


松尾さんの最新動画の方法が有益です。
ある住宅屋さんの説明に、おやっとするところがあったとする。
なぜそう考えるのか?「その根拠は何ですか?」と質問してみるといいという。

根拠とは、①建築的に正しいもの ②理論的に裏付けのあるもの 
③ 実際のお客様の事例等で検証がされているもの。
こういったものが根拠です。

その反対が根拠のないものはなんでしょう。
従来のハウスメーカーの広告のように、イメージに則ったポエムな家づくり。
単なる俗的なステレオタイプな「○○だったらXXだよね」的な根拠のない情報。

本質的な価値のある無しを見分けられる人は、
動画の溢れる情報を、うまく自分の家づくりの成功のために使うことができるし、
逆に、情報過多になり、優先順位をつけられない人は建築迷子になっていく。
そういった傾向が強これからも強まっていくことでしょう。

より多くの優れた住宅の作りの方々には、
ぜひ動画に参入してきていただいてもらいたいが、
建築理解・論理性・実力・実績・人となりなど、

すべて丸裸になってしまうところが恐ろしいメディアです。

残念ながらやれる会社とやれない会社。やったとしても認められない会社。
これからは、格差も出てくることになるのではないかと考えます。

予言しておきますが、半年以内に、日本の家づくりが
YouTubeにより、さらに革命的に変わります

迷っていらっしゃる 工務店関係者は 

確信をもって参入されると よろしいかと存じます。

 

工務店の経営情報紙 新建ハウジング。
2021年新春特別号にて、私の投稿が掲載されてます。
表紙を開くとすぐの「トップランナーたちのビジョン・戦略」のコーナー。

2021年の抱負と展望が掲載されているます。

 



アフターコロナの工務店の家づくりの環境について、
大きな2つのテーマが待ってます。

1つは脱炭素社会への取り組み。
これはもう人類共通のテーマであって、
家づくりの中心的な命題になってくるだろう。

そして今までの、資本主義的な量産型住宅による新築が
フェードアウトしていく分岐点であること。

なぜならば、団塊の世代たちが建てた大量の新築住宅が、
ストック住宅として世の中に大量に溢れてくる。
いよいよ戸建てリノベーションが市民権を得て、大きなニーズとなる。

 

そうした中で リノベを担うのは地域工務店でしかできない。

この2つの大きな潮流に適応していかねば  と書いてます。

 



新春特別号は、私だけでなく、
サトウ工務店さん、石田伸一さんも登場していて、
新潟県人が存在感を放っております。
喜ばしいことです。