オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

「オーガニックスタジオ新潟」社長のブログ。かっこいいエコハウスを提供するために日夜奮闘中。役立つ「家づくりの知識」は、オーガニックスタジオ新潟のHPにて更新。このブログでは個人的な関心ごとと「工務店経営」についてがテーマ

新潟で自然素材の家をつくる社長の 新潟で一番おもしろい建築ブログ


   写真アルバムで過去の施工実例をすべて公開中。
 家づくりのお役立ち情報は、ホームページの 「家づくりの知識」に引越ししました。
 家づくりについて 大変役立つことを保証します。 ぜひ のぞいてみてください  

パワハラで住宅営業マンが追い込まれる

 

ハシモトホームという青森県のローコストパワービルダーの住宅営業マンが、パワハラ被害に遭って自殺した問題が、話題になっております。TwitterやYahoo!ニュースなどで盛り上がり、6/23日に朝のワイドショーで何分も特集で扱う事件になっていた。

どんな会社か知らなかったのでHPを見ようとしても全体が見れないようになっています。
(2022/6/24現在)
ビジネスジャーナルさんの記事が一番深掘りしていたのでリンク張っておきます。

どうやら、もともとおとなしい性格の事務方の人間を住宅営業マンに配置転換していたようです。
不慣れな住宅営業。しかし、お引き渡しの時のお客様の喜ぶ顔を見たいと頑張って働いていたようです。おとなしくまじめな性格で自分を抑圧し過ぎて参ってしまったのでしょう。
ご冥福をお祈りします。

青森でのトップビルダーで、営業成績が3位になるとは、
年間で20棟以上は契約していたでしょう。
残業時間が月で70時間を超えていたと言いますが、
この業界ではさほど極端なオーバーワークではなくて、ごくごく当たり前だよね~、
という声もあります。
(うちの会社はホワイトなんで、7時になると誰もいなくなりますが)

宴会の際に、3位になったことを称える賞状を、「症状」と題して与えていて、
その文面がドン引きのブラック丸出しで、話題となった。
職場環境の陰湿さを物語っています。

 


私が見てきた住宅営業マンの世界

私は40歳まで住宅営業マンをしていたから、あの界隈のパラダイムはよ~~く知っている。大手ハウスメーカーから地方のビルダーに至るまで、住宅営業マンなんてブラックもブラック。最低の仕事だと思いますよ。

私のかつて在籍していたところは、年間の売上高が1億5000万円に達しなかった場合は、自動的に月給が20万円まで下がり、生活できなくなる給与の体系でした。
現代であればコンプラ上問題ないのかな? 驚きでしょう?

コンスタントに売れている人間以外は会社を辞めざるを得ない。
当時は一〇工務店あたりも似たようなもんで、
大〇建託と一〇工務店は、常に職業安定所に求人が出ていることで、業界では有名です。
それだけ弱肉強食の社会で、とにかく生き残っていくのが難しい。

私的に、辛かったのは自己啓発系の研修ですね。
表向き週休二日ですが、月に1回は 泊りがけの研修を入れてくる。
これは休日に任意で受講しているという体裁です。 

自己啓発系は人格変容させようとするのが基本なんで、きつかったですね。
それ以外にも商品説明・営業会議などもある。

売る暇がない位、やたらとそういった研修や会議が多かった。
累計で何百人もの営業マンと話しましたが、パ〇ソニックが1番すごいようです。
松下幸之助のPHPの影響でしょうか、教育熱心過ぎて販売する時間がないってことで。

住宅営業の地獄絵図

売れなければ在籍できない。
子供はどんどん大きくなって家計はお金がかかる。

子育て世代の営業マンのパパはつらくても辞められない。
けれど収入は安定しない。 

ふつうの勤め人は、2年分の源泉徴収で住宅ローンが借りれますが、
住宅営業マンは3年分の提示を求められます。
ようするに 自営業扱いなんです。 それに定着しないし。
ひとことで言えば、社会的な信用が無いのです。
当然、目標という名のノルマがあるわけで、達成しなければ兵糧攻めが待っている。


それに加え、お客さんと会社から板挟みになる。
正直、モンスターカスタマーも当然いるわけです。
お客様のリフォーム工事を頼まれて、仕上がったところで、支払いしたくないから
いろいろ文句をつけて代金を支払わない。
責任とって営業マンが支払うこともあったりする世界。

なかなか地獄ですね。


なかなか精神的に参ってしまう職業です。

 

タイムリーにこんな本が出版されて売れてますね。

住宅営業マンぺこぺこ日記――「今月2件5000万! 」死にもの狂いでノルマこなします

営業マンははっきり言って、いるだけでコストセンターのはずですが、
会社としても、売り上げを大きくするには営業マンを抜きにはできない会社が多いわけです。
弱肉強食で売れる人だけ生き残ればいい。
ウクライナの前線のロシア兵のように消耗品なのですよ(涙

 

住宅営業不要論

オガスタの場合は、私と広報が窓口で、初回の接客はしますが、
それ以降は、プッシュな営業行為は何もしない。
「家を建てたい」と意思表示をしたならば、図面を書く設計マンや、現場を担当する監督とリレーをして、直接コミニュケーション取ってもらう。
このほうが よほど問題が起こりにくい。

従来型の住宅営業マン不要論は、かねてから主張していたテーマです。

家づくりの知識で過去のものをご覧ください。

しかし、住宅営業マンが存在するのは、ある意味お客様にも責任がある。
その営業マンの印象で、会社選びをしていることがある。
背中を押してくれる人間がいるから、そこで決めるという自発性の無さが横たわる。
この人を信じたから。責任を取ってくれるだろうという、他責の念。

だから企業は業績になる。という構造です。

それって、本当の意味での民主的な家づくりが訪れていない。ことになりませんか?


お客さんが自分の頭で判断して、直接、家をつくる人と一緒に家づくりをすることが本質ですよ。

私がもし、家づくりをしようとしている消費者であるならば、
営業マンの居る会社では家を建てないですね。
商業主義の分かりやすいアイコンですから。

 

「日本の家づくりをまともにしたい」

これが オーガニックスタジオ新潟の理念なので、かなり本気の記事にしました。

 

SNSで拡散よろしくお願いいたします。!

 

アメリカ住宅金利上昇が急速に

 

アメリカがインフレ抑制のために政策金利を上げております。
それに伴って6月16日の段階で、住宅ローンが6.2%まで上昇しました。
この勢いでいくと7.5%程度まで上がると見通しをしている方もいる。

 

 

 

 


アメリカは、ただですらインフレで住宅価格も日本以上に値上がりしていたのに、金利まで上がってしまうことで、急速にアメリカは着工数に急ブレーキがかかっております。

 



木材の価格が下がるのか?

そこで、アメリカでの木材需要の先物価格も低下し、
昨年から騒動になっているウッドショック。今年の3月初めにピークをつけ、3か月で半値以下まで下がってきています。

 

 



ヨーロッパの需要もウクライナ紛争が響いており、インフレ抑制の利上げと、エネルギー価格上昇が日本以上になっていて、景気にも悪影響与えて住宅着工が減るでしょう。
木材の国際価格の上昇もピークアウトして、輸入木材は輸入のタイムラグで、これから秋口にかけて下がっていくことでしょう。

木材関係者は高値でつかんだ木材を損切り処理したくないので、高値相場を演出し続けたいところですが、市場で決まることです。輸入材につられて高騰してきた国産材の高値も落ち着くこととなるでしょう。

これはこの分野の精通されている複数の方の意見が一致していることです。

 

日本でも円安であらゆる輸入資材の高騰で、全般的な建築費の上昇が続いていますが、大きなウェイトを占める構造材の低下が起これば、建築を考えているお客様にとってみれば良い情報でしょう。

 

 

 

今後の家づくりのマイナス要素


その一方で、不足感が止まらないのは合板類。 それと半導体不足からの照明器具や給湯器の品不足はいまだ状況には変化無しです。国際的で構造的な問題なので急には従来のような平和な家づくりを取り戻すには時間はかなり掛かります。

加えて、先進国の中で日本だけがまだ続けているゼロ金利政策は、近いうちに終了しなければならないこととなるでしょう。それとともに異常なほどに安い住宅ローンは底打ちをしてじわりと金利が上がってくる。金利上昇スピードと建築費下落のスピードが、どのようなスケジュールで発生するのか気になるところです。

そこで、フラット35Sのような固定金利を選択する人も増えてきそうな気もします。

前回、昭和の時代の色濃く感じられる 私の小学生時代の暮らしを紹介しましたが、その続きです。

 

 

中高生の時の子供部屋

中学時代になると、2階の、めちゃくちゃ日当たりの良い、10畳以上ある部屋があてがわれた。
そのかわり、同居している職人さんと相部屋にさせられた。


今も当時も、建設業は若いなり手がいないので、親父は知的障害者の青年を雇用していた。
それでもなかなか定着せず、3人ぐらいの青年と入れ替わりで相部屋生活をした。
今思えば、かなり特殊な子供部屋環境だと思うが、当時はありのままに受け入れていた。

高校になると一転して、母屋から離れた倉庫の2階部分を親父が改装して、
完全独立した個室をあてがわれた。
親の目があまり行き届かないので、不良仲間のアジトみたいになって、気候が良いころには毎週末になると誰かしら遊びに来て、朝方になると帰る感じであった。

 



しかし、倉庫のベニアで囲っただけなので、無断熱の部屋
石油ストーブはあるけど、朝方には部屋の中に氷ができる時もあった。

 

高校3年になると悪友と距離を置き、狂ったように受験勉強に集中した。

深夜に11PMを見ながら、 袋入りのラーメンを茹でて、具もなくすするのが、唯一の安らぎだったのが思い出です。


子供部屋の目的を考える

当時の親父がどんな考えをして、小・中・高と、子供部屋のあり方を考えていたのか、今となっては聞くすべもなし。私のケースは極めて特殊なので現在での一般的な参考にならないとは思いますが、眺めてみると何かしらのヒントはあります。

小さい時はコミュニケーション能力が高まるように、次第に独立心が高まるように意図していたのかもしれません。

子供部屋を考える際は、コミニュケーション(交流)と、プライベート(自己形成)との両方の性質をどのようにするかがテーマとなるでしょう。
同時に時間の流れも同時に考えることも重要です。

夫婦で機会を見て話し合い、合意形成をしておくのが良いのでしょう。
次回は、現代の子供部屋について考察します。

子供部屋ついて考察しようと思います。
その序章として、私の子供時代の暮らしっぷりをご紹介したいと思います。
長いので前半は小学生時代まで。後半で高校生時代までの、2部構成でお送りします。

昭和の 相模家のくらし

そもそも、時代の流れの中で家族のあり方が大きく変化してきております。
私は昭和の時代に幼少期を過ごした世代。
ちょうどドラえもんの のび太くんの原作の時代背景でした。

 


 



間口が狭く奥に長い、宿場町のような集落で、一件屋に多世帯同居です。

①ひいばあちゃんと②おじいちゃん③おばあちゃん。
④父と⑤母と、3人の兄弟。そして、私が小学校の頃には、まだ家で同居していた叔父さんが2人住んでいた。 肉親だけで合計で10人になる。

さらに親父は建設業を経営していて、その職人も家で同居している時もいた。
幼少期の私は様々な人間に揉まれるように、成長していったわけです。

学校が終わると、いつもみんなが集まる近所の神社で缶蹴りや野球をして、
暗くなるまで遊んで夕食に間に合うように家に帰ってきた。
ばあちゃんの畑仕事もよく手伝った。
昭和の時代、まだスマホもゲームも無かった。
小学生だった私は、畑作業でも喜んでやっていたし、楽しかった。

 

スマホの無い時代の昭和の子供のくらし

母親も仕事をしていたので、料理を作るのはおばあちゃんがメインである。
外で遊ばない時は、料理の下ごしらえをよく手伝っていた。
長テーブル2つを囲んで一族みんなでご飯食べる。

伝統的な煮付けなどが多く、魚の料理も多かった。
そのかわり肉料理が滅多に出てこない。中学くらいになると不満に思うようになってきた。豚肉鶏肉は食べていましたが、牛肉を食べたのは、大学生になってからが初めてです。

食事が終わったら茶の間でほとんどの家族が揃って、同じテレビ番組を見ていた。
プロレス中継。8時だよ全員集合のような、当時は家族が揃って見ることができる番組がまだ人気であった。

風呂に入って「遅くとも10時には寝ろ」と言われて、自分の部屋に入る。
最初にあてがわれた子供部屋は、タンス部屋。
長細い部屋で、今の言葉で広めのウォークインクロゼット。

その部屋の片隅に布団を敷いて寝ていた。 

たぶん学習机もなかったと思う。記憶が定かではない。

想い出は毎月送られてくる、学研の学習と科学。これは親が取ってくれていた。
特に科学は実験の付録が素晴らしく、鉱石ラジオやシーモンキーなど、好奇心をくすぐる物が多かった。勉強は、茶の間の続きの和室のテーブルで、読み書きをしたりしていた。
6年生のころは漫画を描くのにはまっていた。仲間で漫画を描いて、それをまとめた「週刊漫画サタデー」(週刊漫画サンデーのパクリ)を、校舎の廊下に吊していて、みんなに見てもらっていた。 

それが小学時代。
まとめますと、今どきの子供との大きな違いは、常に大勢の人がいたし、
電脳世界が現れていなく、脳みその世界と身体感覚がうまくつながっていた
子供にとっては幸せな時代だったように思えてきます。
 


6月5日の養老孟司先生の にしかん講演会がせまってまいりました。

日本を代表する知の巨人が 本当にお越し頂けます。

 

養老先生へ公開質問ができることになり、ずっと考えてました。

本番の前にこのブログで事前公開させていただきます。

 

なぜ この2022年の今、 養老哲学に触れるべきなのかは、

4月に公開した記事で激熱で綴ってます。 

 

今回の質問文の背景が分かる内容です。

見ていらっしゃらない人はぜひ読んでください。

        ↓↓↓

 

養老哲学と現代のインスタントな社会

 

 

以下公開質問文です。

 

 

 

養老先生、本当にまき文化会館にいらしていただきまして誠にありがとうございます。
私はここから歩ける場所に住み、新潟で工務店経営をしている相模と申します。

質問は「くらし」についてです。
この旧巻町のような、比較的郡部の暮らしは、かつての昭和の時代では、

じいちゃんばあちゃんも合わせて大家族で暮らしていたのが当たり前でした。

高度経済成長くらいから、核家族で暮らすのが当たり前の風潮になり、
郊外で分譲地を買って家を建て、都市部ではマンション暮らしが当たり前になりました。

ここ30年は所得は伸びないので共働きが当たり前になり、それを支える生活家電とコンビニが普及して、「安心、便利で快適な」 暮らしを手に入れようとしています。

さらにここ10年では、家庭の中にスマートフォンが入り込み、
家族それぞれの手に握られて、外つながっています。

以上が 現代の日本人の暮らしの全体的なイメージと思われますが、
どのように 今の日本人の暮らしをお考えですか?

もしも、養老先生が30代で、家族を持っていたならば、
どのような「くらし」を手に入れようと考えますか?

 

 

 

 

おかげさまで 907枚のチケットは全て完売。

では 会場にて関係者の方々お会いしましょう。

 

【お願い】 

会場の駐車スペースは非常に不足しております。可能な方は、電車バスのご利用を。

車の方も可能なだけ相乗りでよろしくお願いいたします。