奈月からの一言

奈月からの一言

奈月からちょっと一言綴ってます。


テーマ:
英語を勉強して将来留学したい!と思って

色々な英語教材を買ったけど、なかなか英語が話せないんだよね!

聞き取れるだけでなく、英語を話したいけど出来ない。

ネイティブのような発音で話せるようになるには難しいのかな?

英語スクールに通って見ようかと思っているけど、なにか良い方法はないかねな?

井本一志さんの
「同時通訳学習法 脳科学3秒の壁チャレンジ」、どうだろう?

英語を短期間に習得するにはリテンション&リプロダクションが効果的です。

聞いた文章の内容を、リテンション(短期記憶で保存する)して、

その内容をそのまま言うという訓練です。

記憶力と理解力が向上するでしょう。

さらに、シャドウイングとは、

オリジナル音声に対して「影(シャドウ)」のように、

聞いた内容を自分も声を出して行う訓練です。

音声を聞いて内容をちゃんと理解し、耳から入る情報をほぼノータイムで声に出すことができるようになる学習法です。っていうんだけど
実際に効果があるのかないのか
すごく気になるなぁ。

売れているものだから
さすがに詐欺・インチキの類ではないと思うけど。

ちょっと気になる体験談

このメソッドは、長い英語指導経験の中でも他に類を見ないもです。

「3秒の壁」によるスピートという観点からの英語学習は革新的で、

1組5文の基本英語短文を即座に声に発することは学習者にとって

、非常に取り組みやすいものであり、集中力も途切れることはないって。

事実本教材を使用して言えることは、即座に言えるようになることが、

学習者の自信となり、クラスでの競争心と次のステップへの

チャレンジ精神を生み出すことで、活気的なクラスへと繋がっているみたい。

その効果はSpeaking のみならず、

他の技能 Reading, Listening, Writingにも発揮され、

英語検定試験合格者が続出するなど、その効果が目に見えているって。

私でもできるかな?
まぁ、やってみないことにはわからないよね!

同時通訳学習法 脳科学3秒の壁チャレンジ」の秘密に

全ては「3秒以内に答えなければならない」という深層心理に働きかけます。

時間に追われることで、瞬時に脳に反応(脳刺激)が始まります。

流れてくる音声に追いつき、正しい答えを出そうとする深層心理が強く働くことで、

自動的に、脳心理は、「負けずに勝っていく」という戦いの心理「挑戦意欲」が

作用し、また時間の長さを感じなくなります。

いわゆるゲーム感覚で学べるのです。

「脳科学3秒の壁チャレンジ」は、

人間の集中力を自然に高めて行う学習法ですので、

1日30分以内の学習方法です。

30分以上続けても集中力が続かなくなり学習効果を得られなくなるって。






Ameba人気のブログ