GWも終わり、日常が戻って来ましたね。
というか、昨年も今年も
「GW」をあまり非日常に感じなかったか。
 

 

コロナで、
今迄通り、思い通りに行かなくなって
不自由で不安定で困惑していたことにも

いつの間にか順応してるというか


コロナだけでなく、

思いがけず起こる様々な出来事にも
臨機応変に日々模索というか

 

 

イレギュラーがレギュラーに移行している
真っ只中です。


1月は「行く」、2月は「逃げる」、
3月は「去る」と
年明けからは駆け足で過ぎて行くものですが

なんか今年は
4月がF1くらいに早かったなー。

 


 

最近よく、
40代の10年と
50代のこれからに想いを巡らせます。


40代は、まさに

それまでの私にとって「非日常」が

「日常」になった


 

「それが出来れば苦労はないわ」が

「出来るかどうかはやるかやらないか」な

行動あるのみ!な10年間でした。

 

 

誰かにとっての自分、

コミュニティの中の自分から

 

 

個人の私の想いを最優先してきました。

 

 

「それが出来れば苦労はない」

と思っていた時代が長かったから、

 

 

「自分を最優先」する罪悪感も解放感も

どっちも顔を出すけれど

 

 

自分の人生なんだから

レギュラーもイレギュラーもない、

 

 

その時々で

「イイ塩梅」で居ようって。

 



 

衰えも日々感じるわけで、

「いつまでピークの自分と比べてるのだ」

と、クスリとすることもあります。

 

 

 

これまでの私は、思い込みだらけだった!
覚醒した!!

 

 

てなことも、
次の思い込みだったというか

 

 

色んな意味で、ステージは変わって当たり前。


でも、

「私って何がしたいんだろう」

「もっと楽しむには、何を始めよう」と、

色んなことに挑戦して体験して

 

 

そんな中で

「自分像」が変わったことや、

 

 

私が勝手に思い込んでた人達の

優しさや強さに気づけたことは

大きなギフト。



自分も大事だけど
同じ様に大事で愛しい人達が
こんなにも近くに居た。


180度違う価値観でも
360度のシアワセがある。


少し前の朝、

お友達に「お誕生日おめでとう」の

メッセージを送っていたら

 

 

実家の庭に裸足で立っている感覚になって

こんな言葉がふわりと降り注がれました。

 

 

「誰かや何かを

勝手に色々と思い煩うことなんてなくて

世界はそれぞれ、しっかり成り立ってるんだから

 

もっと安心して、芯から委ねて

 

自分の足元照らして、楽しんで進みなよ」

 

 

 

 

 

その日は、
インタビュー動画の予約も入っていたのですが

 

 

訪れた先では、

まさにそれぞれの世界、

それぞれの人生の美しさに魅了されました。

 

 

人生の大先輩から聞く

「何の後悔もない」という言葉。

 

 

同世代の人から聞く

「明日死んでもいい」という言葉。

 

 

それは、

その時々で出来ることを

その時々で惜しみなく楽しんでいるからだ。

 

 

使命とは別に

「ただ、興味ある」というエネルギー源が

 

いつの間にか

自分や周囲を幸せにしている景色を

眩しく見つめさせて頂きました。


 

人の数だけ生活があって

 

それぞれに

大切に積み重ねてきたものがある。

 

 

そんな人生の機微に触れる時間を

 

 

これからもたくさん刻んでいきます。

 

 

 

インタビューの内容や、

「今は、種蒔き・原点回帰のサイクル」

ということ

 

 

ユメウツツラジオ第6回でオシャベリしました。
 

 

 

 

 

グループで行うインタビューワーク、
色んな場所に公開収録に出掛けます。


非公開に行うインタビューセッション、
御自身のスマホでの録音・録画もご自由です。


どちらも、お気軽にリクエストください。
https://www.opensesame-fukuoka.com/