もう睡眠薬入りビールはこりごりよん

本日もお天道様が微笑んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

 

"同化することに価値はない"

 

と前回勇ましく言い放ったオレだったが、

 

直前でビビリの性格が出てきてしまい、

 

「さすがこの帽子とTシャツはやばくね?」 ということで、黒いジャケットを羽織って

 

 

個性を潰しに潰し、おもいっきり同化して

 

 

ホストクラブへ向かうことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

これが入店前の緊張しまくっている、とろ〜る芹澤である。

 

気分は"秘密探偵"である(((゜д゜;)))。。笑

 

 

舌をペロッてすんなてっ( ̄□ ̄;)!!笑

 

*ナメられちゃ困るということで、

 

名前入りのとろ〜る指輪、とろ〜るブレスレット、

 

500円のガイコツ指輪、クロムハーツもどきの300円のピアスを装着していくことに。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはまじで書きます。(笑)

 

 

 

 

 

指定された店は歌舞伎町のど真ん中にあり、

 

ホストやキャバクラなどがいくつか入っている雑居ビルの中の一つであった。

 

 

 

ゴクリッ。

 

 

店の前まできて、唾を一飲みし、

 

重々しい扉を勇気を出して開けてみることにした。

 

まじでテンパりまくって、キモオーラ出まくりでした。

 

 

 

 

「こんにちわ、体験入店にきたとろ〜る芹澤です…

 

 

 

 

店のなかに入ってみるとテレビドラマで見たことのあるような、

 

きらびやかな世界が広がっていた。

 

 

少し薄暗い店内のムードを、よりいやらしい感じにさせるスポットライト。

 

入り口から客を招き入れる広間へと続く廊下の壁には、

 

"No1〜No5までの歌舞伎町ホストの写真"が飾られていた。

 

 

 

 

たしかにかっこいいイケメンもいた。

 

だが「こいつかっこいいか?」と思ってしまうほどの、キモオーラ全開のホストもいた。

 

 

 

 

 

店内に入ると20代前半?くらいの新米ホストに誘導され、

 

ちょっとした履歴書とアンケートのようなものを書かされた。

 

 

 

 

さすがに店内の写真は撮ることはできなかったが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが"限界"だった。

 

なぜならば、秘密調査にきたことがバレたら、本当に首を狙われてしまうかもしれないからだ。

 

 

 

履歴書を書く途中、オレの目の前には15、6人のホストたちがいて、これには驚いたのだが、

 

みんな"携帯に釘付け"なのだ。

 

 

 

みなさんもおわかりのことだろう…

 

開店前に"客に連絡している"のである。

 

 

生まれて初めてみる光景はオレには異様すぎて、そして恐ろしくも写った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様のご来店でぇぇえすっ!!!!!

 

 

いらっしゃいませぇええ!!!

 

ホスト一同が、突然、叫び出した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(や、やばい…お客さんがきたぞ)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑵どんなお客さんが来るのか

 

 

ホストクラブにはどんなお客さんが来るのだろうか?ずっと気になっていたオレだった。

 

オレのイメージとしては金を持っているおばさま、そして色んな意味で"夜の世界にドップリと浸かりきってしまっている女性たち"が集うイメージだった。色んな意味とはそうだ、風俗嬢とかだ

 

 

 

 

 

 

 

だが次の瞬間、オレはオレの常識、固定概念をぶっ壊されることになる。

 

 

 

 

 

開店と同時に女性がホストクラブに集まって来た。

 

これにはまじでヤバイほど驚かされてしまったのだが、もちろん店によって特色があるが…

 

オレの店は20代〜30代のお客さんが大半だった。

 

 

キャバ嬢系、OL系、不思議ちゃん、清楚系…

 

そしてみんな、普通に可愛い(iДi)!!!!笑

 

 

 

 

 

 

 

超簡単にいってしまうと、

 

飲み会をして「今日当たりだわ!(笑)」と心の中で"ガッツポーズ"してしまうような、

 

可愛らしい女性が大半であった(((゜д゜;)))。。中にはもちろんハズレもいた

 

 

 

 

 

 

 

なんていうのか、本気でホストに浸かりきってしまっているというよりは、

 

"一つの遊び、エンターテイメント?"として遊びにきている人たちが多かったのだ。

 

 

 

 

想像していたホストクラブのイメージ、オレの中の常識がどんどん崩れ去っていく。

 

 

男がキャバクラとかギャールズバーに行くような感じか?

 

オレはだいぶ偏見を持ってしまっていたようだ。

 

やはり自分の目で見てみないと、世の中わからないことはたくさんある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑶実際にホストやってみた

 

 

 

簡単な接客の説明を受けて、

 

"先輩ホストN氏"とともに、ついにオレもお客様の席につくことに。

 

先輩ホストN氏はニワトリのトサカのような頭をしていた。非常に優しい人だった。

 

 

 

 

でかいソファとテーブルがいくつも並べられていて(10席くらい?)

 

おもしろいことにホストは"自分専用のグラス"を片手に持ち、

 

ひたすらお客さんがいるテーブル席をまわりながら、

 

おしゃべりしながら酒を飲むというものだった。

 

 

 

 

実際、お客さんとどんな会話をするのだろうか?

 

先輩ホストN氏は"いたって普通の会話"をしていたΣ(゚д゚;)!

 

 

 

 

好きな食べ物、好きな芸能人。

 

恋愛系の話をするというよりは、「会話」そのものを楽しんでいた。

 

 

 

でも、さすがホストだなぁっと感じたのは、やっぱり面白い!笑

 

 

 

マンガから出てきてしまったようなイケメンの、

 

高級アクセサリーつけまくりのホストもいたが…

 

 

 

N氏も含め、半数以上はホストというより…

 

"お笑い芸人"にさえ見えてきたのだ(((゜д゜;)))。。笑

 

 

 

普通の会話をしているのに、

 

"笑いを生み出す、笑い製造機"にさえ見えてきてしまったのである。

 

おいおい、すげぇな…( ̄□ ̄;)!!笑

 

オレもお客さんとともに素で笑ってしまった(つ∀<。)!笑

 

まじウケる笑笑

 

 

 

N氏はいわゆるイケメンだったが、顔うんぬんより、やはり"楽しい"って思わせること、

 

その技術に長けているのは間違いなかった。

 

 

 

オレはぶっちゃけ少しはイケんじゃね?という気持ちがあったが、

 

いざお客さんを目の前にすると、クソ緊張してまじで何も話せなくなって、なんかよくわからないキャラのキモオーラ全開で終わりました。まじでめっちゃキモいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⑷ホストの給料事情(*ここまじでごいすーやばいっす( ̄□ ̄;)!!笑)

 

 

 

 

 

そろそろ時間だよ、お会計だすね

 

 

 

 

時間になったようだ、ホストがお客さんにお会計を運んでくる。

 

 

 

 

 

ホストは時間制のようだった。

 

 

 

 

 

そして次の瞬間、オレはまじで"自分の目"を疑った( ̄□ ̄;)!!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うそだろ…?

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間程度、大した話もしていないのに…

 

 

 

 

会計、3万円(((゜д゜;)))。。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、オレが見た限りで一番安い値段で、だいたい1時間で3万円前後。

 

本当にそのへんにいそうな可愛らしい、

 

20代そこらの女の子が、普通に"札束"を財布の中から出していく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして超ビビリまくったのは、一番最後のお客さん…

 

 

 

 

 

 

お会計…

 

 

 

 

 

 

17万円出してました。

 

 

*実話です、ドン引きました

 

 

 

 

 

 

 

そしてここがかなり気になるところだと思う、そう、ホストの給料システム。

 

 

 

どうしたら、"月にうん十万円"も叩き出せるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いくぞ、書くぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゴクリッ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回お世話になったお店を含め、

 

元ホスト、現役ホストに聞き込み調査を決行。

 

そして様々なホストクラブのサイトに飛び、"相場、平均値"を検証してみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

店にもよるがまず初めの1ヶ月はどこも研修から始まるようで、

 

未経験の場合、だいたいの相場として"1500円〜2000円"の時給で始まり、

 

そしてそのあとは歩合制に移るというものだった。

 

 

 

 

 

 

 

歩合制、まぁ要は"売り上げの○%"バックで給料が決まっていく。

 

 

 

 

 

 

事実、月の売り上げ『0円〜20万円』のバックの平均値は、驚愕の…

 

"30%"だったのだ( ̄□ ̄;)!!

 

(*ようは新米ホストでも、お客さんに10万円使ってもらえれば一夜で"3万円"の給料が入る)

 

 

 

そして月の売り上げに応じてパーセンテージは上がっていく

 

(*正確な数字ではないが、だいたいこんな感じ…)

 

 

 

 

 

 

30万円〜50万円 40%前後

 

 

50万円〜80万円 45%前後

 

 

100万円〜150万円 50%前後

 

 

 

200万円以上   7、80%前後

 

 

要は"売り上げをあげればあがるほど、バック率も増えていく"というものである。

 

もちろん店によって指名料バックがあったり、

 

アフターバックがあったり、バック率やシステムも店によって様々なようだった。

 

*当たり前だが、これはあくまでとろ〜る芹澤の調査の結果、よって「正確な数値」でないため、参考程度に考えて欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみに少し仲良くなったNo3A氏のホストの月収は…

 

 

"200万円"と言っていた。

 

 

これが、歌舞伎町の事実なのである( ̄□ ̄;)!!笑

 

 

 

本当にこの一日で金銭感覚がおかしくなりました。ガチで

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に…

 

⑸歌舞伎町ナンバー1ホストの選ばれる、"モテる技術"とは!?

 

 

 

 

 

 

体験入店を終えて、"正真正銘の歌舞伎町No1ホスト"と話す機会をいただいた。

 

No1ホストは、やはり顔がよかった。

 

でもとっつきにくい高飛車ではない、優しい系?の甘いマスクだった。

 

 

 

 

「これがNo.1ホストか…」

 

 

ポカッと開いた口が塞がらなかった。

 

 

 

 

 

年齢は30代にさしかかったばかりだと言っていたが、

 

"100万円近くするだろうグッチのスーツ"で全身を包み、

 

そしてうん十万円するジッポを持っていた。

 

 

 

 

 

 

そしてほんの一瞬、ほんの一言の会話でオレは…

 

 

"この人のファン"にさせられてしまったのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

No1「ってか、キミ、なんかいいね!おもしろいよ、絶対イケるよ!もしよかったら、うちで働かない?本気で半年頑張れば月収100万円くらいは余裕で稼げるよ!

 

 

ってかキミ、"小栗し○んに似てる"って言われない?」

 

 

 

(えっ…)

 

 

 

 

 

 

 

大切なことだからもう一度書いておく。

 

 

 

ってかキミ、"小栗し○んに似てる"って言われない?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは5年前、

 

人生の中で一度だけ言われたことのある、

 

オレにとっての"最高の褒め言葉"だった。

 

 

27年間、似てる芸能人はほぼ「青木さやか」としか言われたことのないオレとって、

 

これは恥ずかしくて人には言えない、でも、"ものすごく嬉しくて忘れられない一言"だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレはここで"ビビッ"ときてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オレは今回、なんのためにこの"挑戦"をしたんだろうって…

 

 

 

 

"元ホストK氏"に突撃インタビューしたり…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"巨乳美女のおっぱい"を触ってやろうと必死になったり…

 

 

 

ふざけて書きまくって路線ずれまくったけど、

 

ぼくはモテる技術、そう"選ばれる技術"を盗みにきたんです(^ε^)♪笑

 

 

 

 

 

 

実は一番初めの説明を受けている際に先輩ホストN氏に聞いたんすよ。

 

 

「お客さんって、褒めたほうがいいんすか?」って。

 

 

 

 

でもそのときN氏が…

 

 

「いや、無理に褒める必要はないよ。腕がある人ほどお客さんを褒めずに、

 

 

"違うやりかた"でお客さんを喜ばせることができる」って。

 

 

 

 

 

 

 

正直、はじめは意味わかんなかったんですけど、もうね、これだろと。

 

 

 

 

オレ、ふざけすぎた挑戦だったけど、

 

まじでこの歳でやばい…

 

"徳川の埋蔵金ばりの宝物掘り当てちゃった"と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくが今回の挑戦で、盗んだ技術…

 

 

 

 

週末秘密探偵、とろ〜る芹澤が

 

 

 

歌舞伎町No1ホストから探りだした、"選ばれる、モテる技術"とは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「遠回しに褒める」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こと。

 

 

 

 

 

 

はっ?(((゜д゜;)))。。

 

 

 

 

 

 

 

可愛いね、キレイだね、なんて直接言われても「どうせ、みんなに言ってんだろ?」

 

と煙たがられてしまう。下心が見えてしまう。

 

 

 

 

 

 

そうではなく相手をよくみて、

 

 

"スーパー高速ふる回転で頭を回転させ"

 

 

「遠回しに、相手を褒める言葉」を瞬時に見つ出すこと。

 

 

 

 

 

直接ではなく、

 

 

うま〜く"言葉を変え、相手を褒める"こと。

 

 

 

 

今までの人生を考えてみても、たしかにありきたりな言葉で褒められるより、

 

子どもの頃ボソッと先生に言われた何気ない一言のほうが覚えていたり、嬉しかったりすることがある。

 

 

 

こいつ「わざとっぽいな」って思うとぶっちゃけ距離をおきたくなるけど、

 

自然体で話してくれる人は、"初対面でもなんだか居心地が良い"気がする。

 

 

 

 

 

 

 

どれだけ自然体でいられるか。

 

 

 

 

 

どれだけ自然に相手を褒められるか。

 

 

 

 

"相手に褒められてると思わせずに、実は相手を褒めている”

 

という、この"秘密テクニック"…

 

 

 

 

 

 

 

 

この技術、この挑戦で…

 

オレはいただいたワ━(*゚∀゚人゚∀゚*)━ィ♪!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにホストの体験入店は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5時間ほどで…

 

 

5000円でした。

 

やっっっっす(iДi)♡♡笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「賢い人は、徹底的に楽天家である」

 

 

アントリューカーネギー(スコットランド出身の実業家、鉄鋼王/1835〜1919)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「かっこつけて怖い顔してるくらいだったら、

 

いっそバカなことして、オレも笑って、周りも笑って…

 

周りのみんなが"腹抱えて笑顔になってくれる人生"がオレにはちょうどいいな」

 

 

とろ〜る芹澤 (『なんでもやってみよう協会』理事長、週末秘密探偵、近未来のベストセラー作家/1989~)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここまでお付き合いしてくださって誠にありがとうございます。

 

久しぶりにブログ書いてめちゃ楽しかったです。

 

童貞キャラ、下ネタキャラ、このまま続けさせてください。笑

 

 

 

 

 

 

 

おっと、週末探偵とろ〜る芹澤…

 

 

 

 

さっそく次の調査に旅立たないといけないみたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

また会う日まで…

 

 

 

さようなら!

 

 

いや、"添い寝"ってなんやねんっ( ̄□ ̄;)!!笑

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。