正しい道を歩みましょう

昨日、突然連絡が入り、

 

とある女子の相談に乗りました。

 

事を前に進めるとき、

 

痛みは伴うもの。

 

それを避けては通れません。

 

何より道が間違っているのだから

 

方向転換するしかないということを

 

本人もわかっているのに、

 

あえて僕に会いたいと言って来るんですからね、

 

ずばっと核心を突いて、

 

はっきり忠告してあげました。

 

余計なお世話なのかもしれませんが。

 

あとは勇気をもって

 

その行動をする以外方法はないのです。

 

何より「正しい道」を歩むこと。

 

時間がないですからね。
 

 

※2018年正月3日の飯道神社。

 


今朝方、夢を見ました。

 

道が正しければ、

 

足下を固め、

 

目的地を明確にして、

 

あとは自動運転で良いのだとやっぱり腑に落ちました。

 

そうすれば、

 

何が起こっても、仮に悪い事態だとしても

 

トラブルは最小限に留めることができます。

 

正しい道を歩みましょう。
 

 

 

 


ところで、白洲正子さんの「近江山河抄」に

 

次のような記述があります。

 

 


日雲の宮は大神宮の跡ではないかも知れないが、諸国に見られる太陽信仰の遺跡で、天照大神と同系であったことは確かである。現在は勅使野の上乗時に、その跡が残っているが、宮居には絶好の場所のように見える。飯道山の西側、紫香楽の宮の近くにも、日雲神社があるが、飯道山は古くイイミチヤマと呼び、農耕民族が祀った神山であった。都や寺院はいつもそういう風に、庶民の信仰の土壌の上に築かれたので、山岳信仰も、修験道も、ひいては忍者に及ぶまで、ひと筋につながる伝統のなかから発生した。
白洲正子「近江山河抄」(講談社文芸文庫)P155-156

 

 


僕が生まれ育った土地ですが、

 

近すぎて知らないことばかり。

 

足下を固める前に知ることが大事かもしれません。(笑)

今日もすっきり、ありがとうございます。

 

 

 

近江山河抄 (講談社文芸文庫―現代日本のエッセイ)
白洲 正子
講談社
売り上げランキング: 112,784

 

 

ランキング・バナーのクリック何卒ご協力よろしくお願いします。m(_ _)m

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

自分を知ることからすべては始まる
ワークショップZERO

http://seminar.opus-3.net/
 

ベーシックコース

★第83期東京コース:2018年2月17日(土)&18日(日)

★第84期東京コース:2018年3月3日(土)&4日(日)

★第85期東京コース:2018年3月17日(土)&25日(日)

★第4期西日本コース:2018年2月24日(土)&25日(日)【広島県福山市内】

 

アドバンスコース

☆第6期東京コース:2018年3月10日(土)&11日(日)【合宿制】(予定)

AD