おはようございます。

 

昨夜は、

 

花田光世先生の講演を聞きました。

 

先生のお話は結構難しく、

 

情報量も多いので

 

なかなか上手に消化できないのですが、

 

最後に紹介された

 

「これからの教育は巧みから匠へ」と題する

 

ご自身の小論になるほどと思うこと

 

が書かれていたので

 

紹介します。
 

 


その職人に求められるのは匠です。巧みではありません。巧みは技術があるかないか、上手いか下手かです。それに対して匠は人としての器の大きさが、技術の高さとともに求められます。巧みは上からの教育訓練で伸びますが、匠では、自分で自分を育む、自分で育つという自分自身の啓発・開発が重要となり、それを通して人間性が磨かれていきます。いわばキャリア自律です。
 

 


この論からも

 

好奇心を持つこと、

 

興味を持つこと、

 

そして、どんなことにも

 

なぜだろう?と考え、

 

自ら調べ、追究する姿勢が大事であることが

 

わかります。

 

 

※先日いただいた梅干しは、ひとつひとつ丁寧に包装されているのですが、これがまた実に美味しい。

 

 

人間というもの、

 

興味を持てば自ずと熱心になるもの(それこそがまさに勉強)。

 

そして、熱心な積み重ねが

 

いずれキャリア(生きる術)として

 

花開くのだと思うのです。

 

 

 

 


日々精進。

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

ランキング・バナーのクリック何卒ご協力よろしくお願いします。m(_ _)m

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

自分を知ることからすべては始まる
ワークショップZERO

http://seminar.opus-3.net/
 

ベーシックコース
★第81期東京コース:2017年12月17日(日)&1月7日(日)

★第82期東京コース:2018年2月3日(土)&4日(日)

★第83期東京コース:2018年2月17日(土)&18日(日)

★第4期西日本コース:2018年2月24日(土)&25日(日)【広島県福山市内】

 

アドバンスコース

☆第6期東京コース:2018年3月17日(土)&18日(日)【合宿制】(予定)

AD