オペラユニット「ザ・レジェンド 」オフィシャルブログ

オペラユニット「ザ・レジェンド 」オフィシャルブログ

日本初の男声オペラ歌手ユニット「ザ・レジェンド」公式ブログです。
毎日メンバーがそれぞれ更新しています!

連日暑いね。
北国育ちかつインドアな僕にはなかなかキツい季節になりました。


事務所社長のインスタ(@horikoshishinji)が面白いから時々見ているのだけど、今年はベンツ10台くらいの赤字になりそうとか書いてあった。こんなこと書いていいのかな?(笑)

さて、コロナ。

2月25日の昼過ぎ、3か月ほど準備していた翌日開演予定だったオペレッタ公演。会場へ移動中にコロナの影響で4日間の公演中止の連絡を受けた。


オペラ公演やコンサートの仕事も軒並み中止になって、そのタイミングで驚きのレジェンド加入。

その後、8月になってもまだ僕はステージで、観客のいる会場で歌うことが出来ていない。

 

演奏や指導の仕事が消え、収入が前年の0~1割程度まで減ってしまった音楽家も多い。

レジバイトをしながら、Ube〇Eatsの配達をしながらみんな必死に生き延びようとしている。

50%の入場規制や、まったく落ち着く様子を見せない不安の中、次々と音楽家たちが「オンライン」に移行し、次は「クラシックファンがオンラインの配信、動画を観ることが出来ない」問題に直面している。

さらには配信する側(音楽家)もパソコンに弱い人が非常に多く、演奏者も観客も「観れない、できない、わからない」という大混乱の状況だ。

 

僕を長く応援してくださっているお客様からも、6/23のオンラインライブについて「視聴できないから(磯谷のほうで)なんとか観れるようにしてほしい」という相談が実際にあった。

これは自宅に演奏家本人が行ってパソコンを設定してくれ…ということかな?と本気で苦悩した(笑)

 

 

その中で。

本当にこの大変な状況下で。

カンパニーイーストの新事業「シブヤ音楽大学」がはじまった。


https://www.shibu-on.com/



月額課金システム、ライブ配信、アーカイブ動画を用いて、初学者が音楽に触れるきっかけとなるように。中級、上級者にも対応できるよう本格的なレッスンまで将来的にカバーしていくというオンライン中心のスタイルは、実際に「ありそうだけど、本格的にこれメインでやろう!というのはなかった」んじゃないかと思っている。

 

昨日のオープンキャンパス動画をみて、そのクオリティに僕も楽しみになった。

まぁ、今後の撮影のことを考えると胃が痛いけど(笑)

 

オンラインで出来ること、オンラインで「しか」出来ないこと、色々とあると思う。

合唱関係のコンテンツなら、きっと日本中でバラバラに住んでいる人が「1つの曲」をつくるといった「オンライン」ならではの取り組みもできるだろう。

 

時間が進むにつれて動画の総数は増えていくわけだから、音楽学習者にとって「~~歌曲集の単語の意味を調べる」とか「ワンポイントアドバイス集として」みたいな使われ方をいずれするかもしれない。

 

子どもとお母さんが動画をみて遊ぶこともあれば、外出が難しい年配の方が自宅でちょっと歌っているかもしれない。

 

中高生の合唱部が情報収集に使うかもしれないし、小学生がピアノレッスンの合間に観に来るかもしれない。

 

自分が推しの~~さんの話してる顔を見てるだけで幸せって人もいれば、音楽関係者同士でも、あぁ、なるほどね。と思う内容を共有できるかもしれない。

 
本当になんでもできる環境が出来たのだから。
良い意味で「びっくり箱」みたいになってほしい。
こんなところまでやるんだ!って突き抜けたらいいな。と思ってる。
びっくり箱アイディアがあれば、シブオンTwitterに「誰々の何々が見たい」とか
意見しておくと採用されるかもしれない(笑)
 
パソコン設定云々の話に少しだけ戻ると。
僕たち演奏家、音楽家たちもこの状況下で出来ることを探して前に向かってもがいていて、その中で「オンライン」という流れに辿り着き、パソコンが本当に苦手な音楽家たちがオンライン化になんとか進んでいる。そうして、ようやくライブまで辿り着いてもお客さんが1桁、2桁だったりして、演奏しても何も生活の足しにはならなくい人もいっぱいいる。
 
けど、それでも音楽に触れようと、音楽をしようと頑張っているんだと僕は思っている。
表現をしたい、とか聴いてもらいたいとか本当にたくさんの想いを抱えて苦しんでいる。
 
なので、僕は最近逢った人や連絡くれた人には「落ち着くまで、とひたすら待つのではなく。今できることをみんなでちょっとずつ頑張って、一緒に進んで欲しい、そうやって応援してほしい」と伝えるようにしている。
 
ライブ配信見れないから諦めよう…ではなくて、観れる人に頼ってでも観て欲しい。
次回は自分でもできるようにちょっと頑張ってみようかな、と前向きになって欲しい。
これだったら出来る、これだったら頑張れる、ってのをもっと教えて欲しい。
 
ただ受け取るだけではなく。
共に前を向いて、共に作り上げていく。
そんな演奏者と観客の距離感があってもいいな。
 
なんて最近よく思うのです。
さて、もうすぐ日付が変わっちゃうので今日はここまで。
 
もう一度書くけど。
社長のインスタ(@horikoshishinji)面白いよ(笑)
 
 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

磯谷大樹 Information

Instagram(@isoyadaiki)

Twitter (@isoyadaiki)

※フォローして頂けると励みになります!

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

THE LEGEND Information

OfficialSite https://www.opera-legend.com/

Twitter (@LEGEND20060511)

Facebook(ザ・レジェンド

LINE(@the.legend