クロ君です。黒猫

 

 

この頃の人。!

 

 

 

どこを見るのか「心」を見るのです。

 

 

人間でも、団体でも、一国でも。

 

 

 

「心」には、「中心」とか、「核心」とか、「柱の心」とか言うように、そのものを

 

 

 

成り立たせる肝心要という意味があります。「心こそ大切」です。

 

 

 

個人でも社会でも、現在の外見だけを見ていたのではわからない。

 

 

 

「心」が清く、燃えていれば、だれびとにも、向上の未来があるし、今、どんなに

 

 

 

繁栄しているように見えても「心」が汚れたり、萎れていれば、下り坂です。

 

 

 

 

夏目漱石は、「もし人格のないものが無暗に個性を発展しようとすると、他(ひと)を妨害する、

 

 

 

権力を用いようとすると、濫用に流れる、金力を使おうとすれば、社会の腐敗をもたらす。

 

 

 

随分危険な現象を呈するのです」

 

 

「心こそ大切」ハート

 

「心」には過去・現在・未来の一切が収まっているから。