下北沢の珈琲豆屋のブログ

下北沢の珈琲豆屋のブログ

2017年4月より「自家焙煎珈琲豆屋cafe use」から「筋金珈琲焙煎所」と名前を変えて、珈琲豆に特化した店になりました。そんな店の日々のこと。

 

今日は エスプレッソの日 らしい

 

 

皆様は エスプレッソは お好きだろうか?

 

 

以前

 

まだまだ お酒を呑んでいる頃

 

ある有名なもつ焼きのご主人

 

この店に 入店するには

 

OPEN数時間前から並んでおく べし

 

入店できたら

 

常連さんと 一般(一見さん)の席があり

 

店主いる焼き台近くは 空いていても 

 

常連のみが座る から

 

必ず お店の方の指示に従う べし

 

注文も 我さきでは なく

 

聞かれるまで ひたすら待つべし

 

一気に注文が入るので

 

注文の品の提供が 確実に遅い・・から 

 

酒の杯数が 多くなり 確実にベロンベロンになる事を

 

覚悟する べし

 

 

 

そんなお店で

 

ひたすら出てこない(焼けない)もつ焼きを

 

待っていると

 

店主の海外旅行話が聞こえてくる

 

その時は

 

イタリア

 

イタリアで 初めて エスププレッソを飲む

 

スゲー美味しく 感動した(左矢印この一文を リピートする)

 

日本に戻って 飲んでみたが

 

感動する程 美味しくない

 

 

どうしてだろう?

 

家庭用にマシーンを買ってみたけどダメ

 

業務用のマシーンを買えばいいのか?

 

 

業務用のマシーンは 連日のもつ焼きの儲けなら

 

それこそ 何台も買えちゃう だろう

 

でも

 

一番の違いは 水

 

 

そして何よりも

 

イタリアで飲むエスプレッソ だから旨い

 

そう感じるのだ

 

 

因みに もつ焼きのご主人は 

 

グラサンうちの店の もつ焼きは いろいろアレンジしてる

 

俺が スゲー考えて 考えて作り出してる

 

でもさ 今じゃあ

 

いろんな店が真似してんの

 

でも どこも 同じ味にはならんのよ

 

何故か 

 

それは 俺が焼いてないから!!(何度もリピートする)

 

 

ここまで 言っているのに

 

エスプレッソに関しては 解らんのかい?

 

 

心で ツッコミつつ真顔

 

ひたすら出てこない もつ焼きを待っていた

 

 

エスプレッソと言えば

 

そんな下町での出来事を 今も思い出す

 

 

 

エスプレッソは クレマ(細かい泡)が重要

 

 

弊店のカフェオレは

 

エスプレッソではないが

 

ミルクフォームは かなり意識している

 

 

 

 

店は 小さい泡だて器で 十分

 

 

ご家庭なら

 

 

電動があると 便利かと

 

 

(ikuko)